スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千穐楽@国立劇場 

20060326142250.jpg
早咲きのサクラが満開で「さくらまつり」をやっていました。緋毛氈や傘が和風なイメージを演出。番茶とおせんべいが振る舞われてました。


段治郎さん、本日も最高でした。大向こうは「だんじろう!」だけでなく「おもだかやっ」もたくさんかかってた。

千穐楽のせいなのか、おもだかファンのキャラなのか、お客さんはとても寛容です。千穐楽ならでは?の橋蔵の「ひとり大喜利」で芝居のリズムをぶち壊す右近さんの悪のりにもやんやの喝采でした。あんまりやり過ぎたのでからまれた猿弥さんも調子おかしくなっちゃうし、私はあんまり、こういうの好きじゃないなぁ。

2階は空席が目立ちました(汗)。

コメント

rukoさん、こんばんは。もう寝ちゃってるよね?
仕事もプライベートもうまく行かずドツボってて、日曜勤務。
そんな中、「さくらまつり」のこの綺麗な写真に心がほっと癒されました(思わず破顔)。
視点を変えれば、東京は桜。辛いけどもう少し、もう一歩、踏み出してみます。
今日はちょい暗めで、すんまそん。

優さん、こんばんは。
おつかれさまです。携帯で撮影した小さい写真で優さんが癒されたと読んでちょっとじんとしてしまいましたです。
昨日この優さんのメッセージを寝しなにベッドの中で携帯で確認して思わずメールを送ろうとしてうまくゆきませんでした…。今回ココログの設定を少し変えてメールアドレスを入力しなくてもコメントできるように変更しましたが、何かありましたらいつでもgcf00413{a}nifty.comにメールしてくださいまし。コメントするのもどうか、みたいな話、ありましたらお待ちしております。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rukolog2.blog60.fc2.com/tb.php/1000-1d585e95

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。