スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

滑り出し好調 1%の奇跡〈1-5話〉 

ヤバイ。WOWOWで一挙放送するので軽い気持ちで録画したんですが、今頃ハマる予感!!週末まとめて観ようと思ったのに結局毎晩観てます。超出遅れた…。韓国ドラマのラブストーリー系って「王子キャラ」の誰か、特にメーンの王子がどうもイマイチなことが多くて早々にリタイアすることが多いのですがカン・ドンウォン様に不満はもちろんなくw、「逆じゃじゃ馬ならし」的なストーリー、気に入りました。

1%の奇跡 DVD-BOX 11%の奇跡 DVD-BOX 1
カン・ドンウォン キム・ジョンファ イ・ビョンウク

ハピネット・ピクチャーズ 2005-10-28
売り上げランキング : 525
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


WOWOWの「1%の奇跡」公式サイト

荒唐無稽なところを突っ込み始めればキリがないながら。BGMがちょっと五月蝿いなぁと感じてしまうので、ときどき字幕版なのをいいことに早送りしながら見ていくことにしました。ネタバレ?しつつ感想をメモで。
1話 縁から運命に変わるまで 恋愛確率1%

なんだか「わらしべ長者」みたいな始まり方w タヒョンさん、あんなすごい勢いで電車に乗ったのに、おじいちゃんの面倒をしっかり見てあげてて、電車に急いで乗った甲斐がないじゃないかとハラハラです…。そのおじいちゃんが、なんと!!という鮮やかな転換。

韓国のお見合いっていうのは本人だけでやるんだ……。心の中でひとりごとを延々いってるタヒョンがわざとらしいのにかわいいので許す。妹?のお医者さん、ちょっと松たか子似のヒョンジン。どこかで見たことあるある。

ググってみたらハン・ヘジンって「フレンズ」で深田恭子ちゃんのライバルやってた子だ~。懐かしい。

一方のチェイン。めちゃめちゃ感じ悪いね~。あれでルックスが伴ってなかったら本当に最低じゃないですか。部下、特に部長が無能っぽいところもまた微妙な。弁護士のヒョンジュンがイイ人っぽくて気になります。

「ボス」がなぜタヒョンを選んだのかはともかく、中学校にやってきたチェインとタヒョンの対決シーンはなかなか。一歩も引かずチェインを結果的に言い負かしたタヒョン、格好いい。忘れっぽいボケなところと理詰めできちんと思考を組み立てることができる突っ込みが混じっていて絶妙です。

え、同僚の先生、中宗(イム・ホ)様?

2話 無茶な取引きの始まり 真剣な交際

「ボス」と対面して、いとこのテハよりもチェインに本当は財産(と財閥)を譲りたいんだ、って言われたチェイン。まだ見えず気になっているのはどうして姉妹が仲が悪くて、チェイン母がいつもおどおどしているように見えるのかってこと。駆け落ち?

いとこのテハ君、あれは本人が悪いというより母親の問題だとみました。テハはたぶん、自分がチェインには勝てないことを自覚してる気が……。

タヒョンの家庭はごく普通のおうちみたいで、一家だんらんのお食事シーンや会話に、ほっとする。今まで観始めて脱落したドラマってどれも極端にリッチでギスギスしてるか貧乏で悲惨かどっちか、ってのが多かったからかも。

ラスト近く、ホストのような白スーツで中学校にタヒョンをお迎えにきたチェインさん、ハレーションかかってました。こうなるともっさりしたポロシャツ姿の中宗先生、かな~り分が悪いですねw

3話 互角の勝負 強敵現る

今日もタダ(タヒョン)、チェインを相手にズバズバ絶好調。気が強いだけじゃなくて頭の回転が速く「9つの尾をもつ女狐」ってチェインに言われるくらいだけど…っていうかチェインあんたいつの時代の人やねんw ただ、言ってることはいちいち正しすぎてぐうの音も出ず。

3話にして初めてヒョンジンが「誰」なのかわかりました。なんと同級生で、そんな過去を抱えていたとは。もちろん、おうちに余裕がないとそんなことはできないわけだけれど、一緒に義父に殴られて「これからは私の部屋で暮らすから!」ってヒョンジンを引き取っちゃうタダの強さ。

やっぱりボスは人を見る目があったのね。不覚にも涙が…。

一方のチェインのおうちの謎も判明。ボスの子どもはふたりきょうだいで兄がボスの許しなく結婚してできた子どもがチェイン。お嫁さんで認められていないっていう気持ちがあるからチェイン母はなんとなくいつもおどおどしているわけね。テハの母がボスの娘で、夫は医局長…(違)。

ようやくネット検索でチェインが財閥の御曹司だと確認したヒョンジンとタダだけど、チェインを確認したら「会長」は誰なのか確認しようよw 気づいてないから会長ノリノリでタダと「デート」してチェインの様子をおもしろがって聞きまくり。しかし、どうやって待ち合わせしてるんでしょうか。

チェインとタダは交際の「契約書」を交わすことになる。ぶじ?結婚せずに済んだ場合の条件は頭のいい生徒をチェインが今後援助する、ということ。ここのやりとりの部分、結婚すること交際することのメリットデメリットを並べての会話、字幕で読んでるだけでかなり楽しかった。

繰り返し「おまえ」と呼ぶチェインに「カン・ダヒョン先生と呼べ」と訂正を繰り返すタダ。このあたりちょっと韓国のジェンダーってどんな感じなのかがうっすら見えるような気がしてとても興味深いです。チェインの人格の問題だという気もするが。

一方で中宗さんことカン先生から交際を申し込まれてしまったタダ、どうするの~?っていうかカン先生、そんなだいじなこと学校の校庭で立ち話でしちゃいかんと思うぞ。っていうか、カン先生は「強敵」か?

4話 男が壊れる理由 女が正直すぎる時

今日もアップテンポにケンカしてくれるなぁ。ふだんだったら口論のシーンが延々続いたらくたびれると思うのですが、ふたりのキャラクターのせいなのか許せる。

カン先生が劇団ひとりに見えます(泣)。

劇団ひとりが28,000円のディナーショー開いたら暴動起きるよねぇ。それにしてもストーカー一歩手前というか押し強いというかw

お見合いしつつ、カン先生を軽くいなしつつチェインとの約束に現れたタダに「二股だ」と激怒するチェイン、それを「約束が重なってしまっただけ」と抗弁するタダ。なんかイイね。でもタダに突っ込まれるまでもなく、結婚しないことが前提なんだから、別に誰とお見合いしようが花もらおうが、関係ないではないか。

サムギョプサルおいしそうに食べるね!チェインはあきれてたけど。ご飯も一緒に巻くのか、メモメモ…(違)。

ラスト近く、車の中でタダにキレそうなところを「1,2,3」とカウントするチェイン、ボスとの約束だけではなくてやっぱりタダが気に入ってきてますなv

5話 男が女にフラれる理由 私生活が面倒だ

5回にしてようやく出た「確率1%」。

「俺はサムギョプサルにつきあったんだから今度はそっちがつきあう番だ」とクラシックコンサートに連れてきたチェイン。タダも負けてない。「クラシックは苦手だから、いびきをかいてあなたに恥をかかすかも」なんて。

生徒たちに「クラシックも聴くのよ」って言ってたことや「趣味はクラシック鑑賞」と言いながらとんちんかんなことを言ったお見合い相手を斬ってた理由も判明。学校の先生らしく、何事にも真面目に取り組むところは好感度高いです。

ちょっと、早くもイイ雰囲気か?というところで蹴りを入れられて終了w しかしそんなタダ、チェインに携帯ストラップをプレゼントしたのは、なぜ~?

コンサートにチェインが女性同伴で現れたことが新聞記事になる。めざとくみつけるヒョンジン。財閥の御曹司と交際することの意味にちょっと気づいたかもしれないタダ(遅)。

それにしてもこのふたり、オレンジジュースばっかり飲むね。夏だから?

コメント

おぉぉ!
rukoさん、「1%の奇跡」にハマってらっしゃるんですね??
このドラマめちゃくちゃ好きなんです。
タダのファミリーの暖かさと、チェインのわがまま王子っぷりにはまりました。
「チャングム」メンバーが出てくるのもツボですよね(2つのドラマ、放送時期が被ってるんですよ)
チボクは同じようなキャラだったり、王様がストーカー気味だったり(笑)
尻上がりに面白くなっていくので、楽しんでくださいませ^^

mitomitoさん、こんばんは。
もうね、タダとチェインのとりこですよ私w mitomitoさんはドンウォン王子好きですからたまらんですね、これは!タダにぎゃふんと言わされて眉間に縦じわよせてるチェインがイイです。
それと、家族がドロドロしてない本物のホームドラマなので安心します。おっしゃる通りでタダのご両親とか、本当にいいです。来週が待ち遠しいw
>>チボクは同じようなキャラ
はっ!もしかしてイ部長、チボク?うざいんで完全スルーしてました(爆)。

rukoさん、こんばんは。
大阪のお正月、愛之助さんご出演なら、本気で考えますよ♪
さて、「1%の奇跡」いいでしょ、いいでしょ♪
私の今現在の三大お気に入り韓国ドラマは
「チャングムの誓い」、「ナイスガイ」、「1%の奇跡」なもので、、、。
私、個人的には医局長の相変わらずお調子コキな
テハパパ、好きです。
セリフが「テハヤー」しかないし、、、。
ダメダメ・イ部長のチボクも相変わらず、、、。
今、テハママが、「天国の樹」で姪いじめをしています。
テハママ、「ナイスガイ」でも「1%の奇跡」でも
イイ人だったのに、、、。
それでは、またお邪魔しに来ます。
良い週末を♪

satesateさま、こんばんは。
ひゃっほ~←いつの時代の人デスカ…と自分でツッコミを入れつつ、そんな大阪遠征が実現したら最高ですね~。今からワクワクw
さて韓国の染五郎、じゃなかったシン・ハギュンは好きなんですけどまだ「ナイスガイ」見てない(真剣に第1回放送を捜してないから…)のですが、満喫してます「1%の奇跡」。字幕なのでヒアリングの練習?にもなるし。吹き替えよりやっぱり字幕の方が役者さんたちの声が伝わってくるので、私は好きです。
なんでこれが楽しいかと思ったら韓国ドラマの「神器」が一切出て来ないからだとわかったら別の意味で愕然としたんですけど。すなわち
・出生の秘密
・交通事故→記憶喪失
・ドロドロ三角関係
劇団ひとり(爆)の奮闘次第では3つ目があってもおかしくないけど、弱そうだもんなぁ。ただ、脇にもチェイン妹やヒョンジン、男性ではテハに弁護士のヒョンジュンなど適齢期のキャラクターがいるので、今後何組カップルが成立するのか楽しみにしてますw

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rukolog2.blog60.fc2.com/tb.php/1042-d5594d1f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。