スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

團菊祭五月大歌舞伎 昼の部 

團十郎さんの復帰が全国ニュースでも大きく取り上げられた3年ぶりの「團菊祭」。まずは昼の部に行ってきました。


続きはkabuki雑記帳に移動しました。

團菊祭五月大歌舞伎 昼の部でどうぞ。

コメント

私、歌舞伎って、まだ楽しみ方が
わかって人なんですよね
っていうか、見方がよくわからないというか
中学だったかの遠足だったかで見たのが
難しいという刷り込みが激しいままに
なってるのかもしれないけど・・・
でも、先日團十郎さんがご病気だったことを
知ったんです 復帰できてよかったですよね
外郎売りの一説は、活舌の練習でやった
拙者親方と申すはお立会の内に
ご存知のお方もご座りましょうが
御江戸を発って二十里上方
相州小田原一色町を・・・ってやつだよねぇ
武具、馬具、武具馬具、三武具 馬具、
合わせて武具馬具、六武具馬具
言えないつーねん(w

Lady-eさんこんばんは。
最近思うのは「歌舞伎は難しい」という観たことない人の思い込みはどうやってできたのかな…ということ。
案外、学生時代の鑑賞教室がトラウマな人がいるんじゃないかなと感じます。
行事の日程は年間計画で決まっているから演目がとっつきやすいかどうかは運だし。
興味があったら一度行ってみるのがいちばんだと思います。役者を追うのか、いわゆる古典(わかりにくさは一番だけど解説を読んだり聴いたりして補足可能)を観るか、他分野との交流作品を観るか、などなどアプローチはいろいろです。
なにより生のお芝居観るのが好きならほかのジャンルとそれほど変わらないかと。
一緒に行きます?
外郎売の言い立て、すごい記憶力v

>>学生時代の鑑賞教室がトラウマな人がいるんじゃない
え、はいっ!私のこと?
その時、途中から思いっきり爆睡しちゃってw
あとからその歌舞伎の感想文を
提出しなくちゃいけないって聞いて大慌て。
感想文で思い出すのは、夏休みの宿題で
ドフトエフスキーの「罪と罰」を読んでくる宿題以来、
長編翻訳物が大嫌いに。
鑑賞教室って、どこの学校でも結構やるんですね。
オペラも行かされて、私はそれもイヤだったんだけど、
出席番号1つ違いの友人は、そのオペラに感化されて
芸大に行ったほどでしたから、
個人の感じ方の問題なのかもしれないが・・・。
と、言うわけで
歌舞伎を観たことがない(正確には1回?)私ですが、
rukoさんの海老蔵さんの印象、すっごくわかる気がする?。
Lady-eさんの外売郎の言い立て、いい響き。
声に出したい日本語ですね。
私が言えるのは
「四谷赤坂麹町ちゃらちゃら流れる御茶ノ水」
・・・ってぜーんぜん、違うってw
Grass allergy始まって@目かゆか優?(サム?)

外郎売りね
全部覚えてるかと思ったら
意外と、全部覚えてなかった・・・
欠落してる部分がいっぱい(^^;
暗記したんだけどねぇ?(^^;
貧乏脱出できた後に
ご一緒したいです★
はやく貧乏脱出したぁーぃ

優さん、こんばんは。
人の感じ方それぞれ、というのはまったくご指摘通りでしょうね……。私もオペラは寝てしまうかも(汗)。学生時代に吹奏楽とかちょびっとやっていたので、吹奏楽でアレンジされてる曲とかなら頑張れるかもしれませんがw
鑑賞教室で「無理」と思った人と「楽しかった」と思った人のそれぞれの歩留まりを調べてみるなんていうのもおもしろい?とか思ってしまう今日このごろ。
私が歌舞伎にハマってるのは役者さんの魅力もありますが「衣装」と「音楽」かな。なので、衣装が豪奢な時代物や舞踊が好きだし、義太夫が流れてくるとイイ感じだなぁ、ってリラックスします。
ばばあくさいな…。
Grass allergyってHay feverとはまた違うんですか?

Lady-eさん、どもども。
「外郎売の言い立て全部覚えてるかと思った」ってさらっと言わないでくださいw 素敵すぎる。いま「きのね」を読んでますがなかなか楽しく歌舞伎のことを学べますね~。
いつか必ずご一緒しましょうね~。本当は歌舞伎座来年あたりに閉じちゃうかもしれないからその前に行けるといいなぁ、なんて思っちゃったりしますが。
という誘い文句で歌舞伎行ったことない友だちをどんどん誘っている今日このごろ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rukolog2.blog60.fc2.com/tb.php/1084-170f58db

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。