スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真実 マチベン〈最終話〉 

予想通り、とも言える展開でした……。とはいえ「真相」には二重三重のひねりが加わっていましたが。前回も少し書いたんですけど、自分が何らかの事件に関与したという嫌疑がかけられてしまったら、結局、深川保(竜雷太)のようなことがおこり得るっていうことなんだよね、というのが最大の感想です。

きらきらひかるきらきらひかる
井上 由美子 伊武 桃内

フジテレビ出版 1998-03
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


結果的には「痛くても美しい真実」を天地(江角マキコ)たちは勝ち取ることができたような気もしますけど、ちょっと強引だったかなぁ。以下続けて。
犯人は友香(谷村美月)、ということは前回ほぼ判明していたけど、そこに太田(山本圭)が携わっていた深川保の過去の横領事件がこのような形で噛んでいたとは…。

「疑わしきは罰せず」と言うけれど、最近は事件が少しセンセーショナルであればワイドショーなどで事細かに「報道」され、判決以前にガッツリと社会的制裁を食らってしまうことが多いし、ましてや有罪となれば、たとえ執行猶予がついたとしても深川さん一家のようなことになってしまう。

ただ、それを今回の四谷事件で「法廷への復讐」「司法の場でうそをつくのはカンタン」としてしまうのはちょっとやり過ぎ、飛躍がありすぎるかも、と感じてしまった。

友香を巡る「えびす堂」のみんなの対応、特に浦島に関してはは今回GJ!と思いました。「幸せにならないといけない」の意味。うそをつき続ける苦しさをもう一度本人に考え直させることができたし。

そして後藤田(沢田研二)の「物語はこれからいくらでも書き直すことができますよ」という一言は、よかったな~。

弁護士モノってどうしてもこうなっちゃうんだけど、警察と検察は何してたのよ!と、神原(山本耕史)たちの"四谷事件再捜査"を見て思っちゃいました。それが天地の最後の涙と謝罪につながっていた、と考えたいけどね。

あれだけ被害者が八重子(森下愛子)宅で暴れたりして騒ぎを起こしていれば、八重子は当然参考人として話を聴かれていたであろうし、なんぼ太田が守秘義務で手を引いたとしても、深川保と八重子の親子関係にさえ気がつけばもっと違った展開だったでしょう。

松尾(沢村一樹)は「真実を受け止めるしかない」と言ってたけど、検察の体制ってそんな甘いものではないと思うし……。

と、日本の警察や司法制度っていま転換点にさしかかっていて、気をつけないとホント危ないと冒頭に書いたとおりしみじみ思いました。

「深川事件」という重石が外れたので「きらきらひかる」が監察医視点でやっていたように、現代の司法制度を巡る問題に焦点を当て、骨太続編をつくってほしいと思いました。続編では浦島(中島知子)の法廷シーンもよろしくw

[これまでのレビュー]
仲間 マチベン〈5話〉
秘密 マチベン〈4話〉
viva若村さん マチベン〈3話〉
青りんご マチベン〈2話〉
涙 マチベン〈1話〉

コメント

こりゃあ続編、出るね@勝海舟風
rukoさん、こんばんは。
おそらく1番乗りのレビューですね。流石さすが!
rukoさんが最終回はライブで見られないかも、
と、いうようなことを伺っていたので
ちょっと辛抱しなきゃいけないかなあ、
と内心思っていたのですが(^^)。←超満足顔
源さんが何でえびす堂に勤める事になったかが
明かされていないとしたら、
続編の可能性はあるかな、と、
前回見たとき思ったのですが。
後藤田先生の台詞、沁みますね?。
はやく本放送が見たいです。
rukoさんの迅速なレビューが嬉しかったので、
ちょっとだけ、出てきましたw。
探検ロマン世界遺産(やってます)の話、
したらきっと止りませんよ?。
旅好きの私を十分蹂躙していますw
それこそ、rukoさんと飲み明かしちゃうだろうな?。

優さん、こんにちは~。
この週末はカブイておりまして(汗)、明日の夕方帰宅するまで「祭」なもんで、このコメント書いたら寝ますw でも「マチベン」は結末が気になったので帰宅するなり観ましたので1時間遅れ?でアップできました。
>>こりゃあ続編、出るね@勝海舟風
出るかい…@龍馬風
で、どうですかw
井上さんにはやっぱりこういう骨太系で頑張ってほしいなあ、と思いますよね。源さんの謎は明かされず「イイじゃない、誰だってひとつくらい秘密があって」と天地が言って終わってたので、そのうちくると思いましょう。
土曜ドラマこれからワールドカップが終わるまで休みかなぁ。枠が気がついたら消滅してる、なんてことになるのが心配ですw
>>探検ロマン世界遺産
お、おぉぉぉ。もうね、ホント次帰国されたら、飲みましょうねw たいへんなことになる予感が。NHKが世界遺産ビジネス?に入り込んできてTBSが怒ってますが、怒るのも無理ないよ、って思ってしまいますもの。

rukoさんこんばんはー!
最終回のしかも最後にして、はじめてマチベンを見たちょっと場違いな私です。
あんなドラマチックな法廷ってのはあるのだろうかねぇ。。。と思いつつも涙をつられてました。
最後にえびす堂の「す」がなくて「えび堂」になったときは一瞬エビちゃん旋風はここまで!?と思ってしまいましたが違いました。「エビ、どう?」でよかったです(笑)
あ、そういえばこの前お話したIKEAが秋に横浜の港北区にできるそうですよ?♪ちょっとうれしいニュースです。

こんにちわぁ?★
法廷への復讐ね・・・
あの言葉で
私は、人は善を疑うが
悪を疑うことをしない
という感じたな
1度悪を背負うとずっと悪のまま
そいう世間を表現していた気がしたな。
ま、法廷で嘘をつくということ事態
犯罪だけどさ。
太田のからみ結構ドラマチックでしたね
やっと神原も先生って呼んでもらえたし・・・
浦島もちょっとは活躍したから
法廷立たなかったけどヨシとしようかね?(W

macoさんこんばんは~。
IKEA情報ありがとう。みんなが飽きた頃に行きましょうw
本当の法廷では弁護士が「逃げるところはありませんよっ」と見得切ったりしないし(釈ちゃん)、被告人になってる弁護士が証人に質問できたりしない、とわかっていつつ、天地があれだけの人の前で深川に謝ったことに私も心を打たれました。
>>一瞬エビちゃん旋風はここまで
ナイスw やっと最後に少し肩から力が抜けた天地の笑顔がよかったですね~。

Lady-eさんこんばんは。
>>人は善を疑うが悪を疑うことをしない
まったくご指摘の通りですね。特に最近はワイドショーなんかが逮捕直後からどんどん突撃で取材して相当きわどい話までどんどん流してしまうから、起訴→裁判、になる頃にはもうイメージが極まっちゃってることが多いような気がします。
今回もしょっちゅう裁判所(あれは神奈川県庁の建物なんでどうしても笑っちゃうんだけど)の前からレポートする報道陣の"イメージ映像"が出てたけど、八重子も友香もあんなに平然と傍聴席になんてきっと座っていられないっすよ……。
私は弁護士どうしが「センセイ」って呼び合うのあんまり好きくないんであのシーンは特別には感動しなかった(汗)。なんで先生なんだろうね。マチベンに誇りを持つなら先生と呼び合うのはやめてほしかったにゃー。
浦島の意外な活躍は、よかったですね。台詞をとちりまくってたらしいけどw

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rukolog2.blog60.fc2.com/tb.php/1100-db20c13f

マチベン 第6回

HHK 土曜ドラママチベン 真実がこわいですか?(第六回 最終回)また、手紙を書いてくれますか?ついに最終回久しぶりに泣けました・・・罪名罰条 殺人未遂刑法 第230第199条何故彼女が法廷に被告人として立っていたのかそれがわかった最終回...
  • [2006/05/14]
  • URL |
  • ALBEDO0.39 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。