スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

究極w トップキャスター〈6話〉 

もう観るのよそうと思ってたのですが一部の週刊誌に「地獄に堕ちるわよ」の某占い師さんが「あれは自分でしょ」と言っているとかいないとかで3話が大問題になっているとあったのでつい今回も観てしまったじゃないか…。

ドラマ「トップキャスター」オリジナル・サウンドトラックドラマ「トップキャスター」オリジナル・サウンドトラック
TVサントラ

DefSTAR RECORDS 2006-05-24
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


フジテレビ「トップキャスター」公式サイト

腹くくって書いたんじゃなかったんだ、やっぱり…と思うと、これからどれだけ失速していくのかを逆に観ていこうかとあまのじゃくな気持ちになってきました。案の定今日もヒドかったぁ。それでもサントラは出る、と。紺野(須藤理彩)のお嬢様スタイルに爆笑させてもらったので、まぁイイんですけど。
「伝説のニュースキャスター」vs.「究極のニュースキャスター」。ラーメン戦争やってんじゃないっつーのw

東幹久っていう「究極」の人選に、ソファからずり落ちそうになりました。いや、東幹久は特に好きでも嫌いでもないんだけど、もうちょっとできそうで頭良さそうな人探してこようよ!と。どうみても椿木(天海祐希)とスクープ合戦していたキレも貫禄もないじゃないか。

それに東幹久のところのクルーが「メンインブラック」みたいなのは何なんだよ、ねえ。

取材源がお金をほしがる話は何年か前にあったよね。容疑者と言われてる男が自分のスナックに報道陣呼んで毎日「有料記者会見」開いてた話とか。

こういう報道モノをドラマにすると、結局実際に起こった事件をなぞるような形になってしまうので説得力が薄まるか濃くなるか、っていうのは脚本(主にプロット)次第だから、もういかんですよ。

「ニュースソースの同業他社への秘匿は基本中の基本」みたいな話もチラリでてましたが、同業他社の人間とは付き合いもあるし、普通に一緒に飲んだりもする。もちろんギリギリの場面では敵だし、涼しい顔して一緒に飲んでて翌日抜かれて「しょえー」ってなっちゃったりする時も時にはあるけど、しんどい話を追っているときには「仲間」になることもある。同志なんだよね、ある意味。

だから今回の話は最初から最後までヒドすぎるな~と思った。生瀬さんがいつものギャグじゃなくて「番組が始まるまでは椿木さんと角高さん以外は報道に向いてないと思った」としんみりするシーンはあったものの、ふたりの微妙な関係も宙に浮いた形だったし。

角高さん(矢島健一)が少し活躍したのがうれしかったけど、あれでキャスターやろうという野心があったんだね。

コバンザメじゃなくてサメになる!って宣言した飛鳥(矢田亜希子)がアンカー席に座る日が近づいてるようだけど……。次週がどんなユルユルになるのか、違った意味で楽しみになってきちゃったよ。ひー。

[これまでのレビュー]
ダーツマン トップキャスター〈5話〉
画伯 トップキャスター 4話
「妹」  トップキャスター 3話
ベトナムの干支 トップキャスター 2話
トップキャスター〈1話〉

コメント

あははは
例の占い師さんね
怒ってるみたいるらしいね
っていうか 関係ないと思えば
自分と結びつけないのでわ!?みたいな感じ?
名前書いてないしさ
占い師なんてやまほどいるしさ
もんく言われる筋合いないじゃん
ってのが私の気持ちです
名前も全然違ったし
着てる物とかも違ったし
ごっつい指輪もいっぱいしてなかったし(w
この番組は
いかに、椿木がいいこと言うか
それだけを楽しみにしていて
他は期待してないで見ておりまする:)

Lady-eさんこんばんは。
私もまったく同感なんだけど、そういうネタが週刊誌に載ってるってことは、占い師サイドが意図的に流したか、ホントに番組降りるとか言って大騒ぎになってるかなんだろうね~って対岸の火事的にみています。
新興宗教とか占いとかを扱う時は、やっぱり言いがかりをつけられないっていうのは最低限だと思うからやっぱり脇が甘かったのでしょう……。
椿木、いいこといいまくりだけど、それにも若干飽きてきちゃったかもw

つうかさぁ
作ってる側は’、絶対細木とは思わないって
たかくくってたんだけど
BLOG眺めてみりゃー
大勢が細木か?ってカキカキしてるわけで
ああ、そいう私も?(w
ってところが想定外?の甘さってやつ?

Lady-eさんこんばんは。
うむ。あの人の占い手法と似たのじゃなくて「富豪刑事」みたいにタロットとかで逃げてもよかったのに、それすらしなかったのがね~。脚本家もプロデューサーも脇が甘過ぎたっていうことですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rukolog2.blog60.fc2.com/tb.php/1115-df546651

トップキャスター 第6話

トップキャスター 第六話STORY 6 究極のライバル今回は究極のキャスターVS伝説のキャスターってほどの内容ではなかったのだけれど(^^;トップを張る者たちの負けん気合戦かなぁしっかし、ダーツの次はビリヤードかよ!!(^^;...
  • [2006/05/23]
  • URL |
  • ALBEDO0.39 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。