スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超法規的女キタ~〈地上波第37話〉 

いよいよチャングムの暴走が……。チーム・チェに対抗するためなら死んでもかまわない、っていう心意気はいいと思います。チャンドクさんが言うように「聡明大胆にして無謀」。でも、今回みたいなのって「無礼討ち」にあっても仕方ないような行動で、結果オーライにいつもなるのが、なんかイヤw

「宮廷女官チャングムの誓い」はNHK総合で土曜23:10から放送中。来週はプロ野球中継のため放送時間が繰り下がる可能性ありだそうです。

日本の食材でつくるチャングム・レシピ-韓国ドラマ「宮廷女官チャングムの誓い」日本の食材でつくるチャングム・レシピ-韓国ドラマ「宮廷女官チャングムの誓い」
ハン ボンニョ ジョン キョンファ

日本放送出版協会 2005-03
売り上げランキング : 34895
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ま、自爆も厭わない、というか、計画的に皇太后様を困らせることのできるチャングムに比べれば、会議中にぼーっとしてしまうクミョンはやっぱりお嬢に過ぎるのでした。以下ネタバレ。
チェ女官長、勝負を焦り過ぎたよね、残念~。左賛成(チャチャンソン)に代表されるチョ・ガンジョ一派とチャングムと、またセットで追い落とそうとしたのに……。

シン医務官を「粗末な医者」と罵る皇太后様の横には内医院を罷免されたイ・ヒョヌクの姿が。案の定誤診の話を皇太后様にバラして鼻息荒いんですけど。

マザコン、じゃない、親孝行な王様は食事も摂らず皇后とともに皇太后の説得を続けるものの剣もほろろに断られ、ついにギブ。シン医務官の罷免から功臣田制度のとりやめからもう改革全部チャラにしようとします。

で、チャングムさんですよ。

入っていいと言っていないのに入ってきたと激怒りの皇太后様にトーク開始。皇太后様はすっかりチェ最高尚宮とイ・ヒョヌクの讒言を真に受けてるけどまだ器が大きいよなぁ、と感じる瞬間でした。奴婢である医女、それも見習いの身分の者がどこをどうやったら皇太后様を「諭す」ともとられるような発言ができるんでしょう~。

案の定部屋付きの尚宮は、ふっざけんな、と激怒しますが、ひるまないチャングムを止めない皇太后様は、チャングムの命をかけたなぞなぞにつきあってやることにするのでした。

その謎かけはここでは詳述しませんが、チャングムの質問の方法では、皇太后様は勝負に乗った時点で負けだった、ということ。

キーワードは「食医」。確かこのことば、BS放送のときはキャプションついてなかったと思うので、こういうのはイイね。

チャングムが捨て身の賭けに出たので、勝負がついたあとをどうするか、についての会議が開かれます。

治療を受けることになった場合に皇太后様にお出しするものとして最高尚宮のクミョンは「五種粥」と「アワビの肝粥」を提案。提案しながら、思い出しているのは料理の競い合いで、アワビの肝粥はチャングムがアペタイザーとして出したものでした……。

原語を聴いていませんがクミョン役の山像かおりさんは声のトーンをものすごく落としていますね。フラッシュバックの中の声と比べると明らかに低くて、若いからといって侮られたくないというクミョンの意思のようなものが感じられます。

でも、チャングムのお粥も提案して思い出にふけってる場合じゃないよねw

それとこの一連の騒ぎのなかで明らかに目立っていたのは、医務官としての価値判断を全く下そうとせず王様やオ・ギョモの顔色だけうかがって「どーするどーする」のみ言い立てているチョン・ユンス医局長様。

つかえねー奴。

皇太后様は結局、王様を困らせることをやめて治療を受けることにしたものの、身体の衰弱が進んでしまい、薬も、重湯すら受け付けない身体になってしまってました。弱っているときは鍼が逆効果なことも、と頭を抱える内医院。

松の実がゆせっかくのクミョン提案のお粥なんて、たぶんとってもムリ。料理対決のフラッシュバックでも1分メモでも出てましたが、韓国のお粥ってすごく濃厚。ミキサーにかけてクリーム状になったものとかもあるし。写真は去年食べた松の実がゆです。超クリーミーでした。




それにしてもチャングムは何を根拠に「私を縛っている『アヒル事件』も解決できそうな気がする。光が見えるの」と言っているんでしょう。今回みたいに「宮中のしきたり」(by医女長)を破っても、正しければ道は開ける、と思っちゃってるのではないかと、どん引きです。


ひとつ素朴な疑問。

ヘーミンソからチョドンとチョボクが補充されて、私の中ではウンビとこの2人がまた顔見てもわかんなくなってきた。そもそも「見習いがやめた」って言ってたけど…。

1.チャングムとシンビが配属されたとき、ウンビは「やっとこれで後輩ができた」って大喜びしていた

2.チャングムたちの同期の中で内医院への辞令をもらったのはチャングムとシンビだけ。

3.医女試験は一旦あると次の試験まで数年かかる

ことを考えると、やめた見習いって、ダレ?とか、また大脱線している集中力のない私でした。

コメント

重過ぎ…

Lady-eさん2度目のこんばんは。

ま、クミョンは皇太后様の衰弱の進み具合がどれくらいか把握してなかったってことでしょうね。このへんが「穴」なんだけど、クミョンがふだんいる「スラッカン」というのは王様のお膳をつくるところです。

ただ、クミョンの役職である「最高尚宮(チェゴサングン)」は王族の食事一切に責任をもつものだったはずなので、皇太后殿づきの料理担当から「食事をとっていた」という皇太后様がどの程度、どんなものを食べていたのかを把握してればああいう話の展開にはならなかった、ってことだと。

でも、その実は女官時代のgood old daysをつい思い出してしまうためあのお粥を提案したということも考えられ、意外と奥が深いのです。

ご指摘の通り種とか木の実って油分多いですよねぇw ま、皇太后様は実際重湯も吐いちゃうくらい衰弱していたわけなので、そのお粥が供されることはなかったと思いますが。

回復の速さも3倍速

satesateさん、こんばんは。

確かに皇后様早くも大活躍。私が心配していたのは、皇太后様とチャングムとのなりゆきを皇太后殿の外でチェ女官長と立って聴いているシーンでした。台詞吐く息真っ白で、寒いよ?お体にさわりますよ?みたいな。

命がかかっている、というので思い出しました。王様が死ぬとそのときの担当医は詰め腹を切らされる話があったと思いますが、罷免されるとやっぱり死ななきゃいけないんでしょうか?チャングムが「師匠の命がかかっております」と必死にアピっているとき、私はそれがすっごくひっかかっていたんですけど。

危惧した通りです

ちょしさん、こんばんは。

文句なく毎週あっという間に時間が過ぎていくようだった1回目の視聴に対し、2回目視聴はすでに女官編から私はチャングムにイラっとする部分がかなりあり(爆)、後半ますますその度合いがアップするので心配していました。

あおさんには「何か腹立つことでもありましたか?」ってツッコまれてしまうほどでしたし、次回以降、どうしよう、なんて思ったりして……。突っ込みまくって終わっていきそうですがw

それにしてもチョンホ様といい皇后様といい、よくチャングムを拾いますよね…。

お粥の食感

ふみえさん、こんばんは。

ふみえさんのコメントを書いてからずっと松の実がゆの食感は何に似ていたか考えているのですが思いつきませんw ヴィシソワーズはジャガイモのでんぷんの確かに感じますが、松の実がゆの場合は一緒に炊いたお米も一緒にミキサーにギューン、ってかけてしまっています。

スプーンを入れた感じはもったりとしたお菓子の生地のような感触で、たぶんお米を粒のまま食べるよりも一杯食べ終わると満腹感がある感じ。

ソウルでは2回お粥を食べていますがローカルの人が食べてるようなお店ではなく明らかに観光客用の店だったので、次は南大門市場の食堂街あたりで挑戦したいと思ってます。

で、超法規的女、これからも次々にあり得ない技を繰り出してくるので、冷静に観るのがだんだん難しくなってくるような気がしています。マ、マズイ…。

お粥の意味

はしさん、こんばんは。

お粥は単純に滋養のある食べ物として本来、クミョンは提案したはずです。医局長もそんな風に言っていたし。

チャングムが宮中に戻ってきてからのクミョンは「いつ例の事件が露見するのか」と心の休まるひまがなく、何かあるとチャングムのことを思い出してしまい、粥にしても料理対決のことを思い出したのではないでしょうか…。

で、ついそのときのことをいつまでも反芻していて「最高尚宮、聴いておるのか」とツッコまれた、という感じだと私は見ていました。

落ちる前にヒモの確認はしない…

ぐるくんさん、こんばんは。

バンジージャンプですよね、確かに。ただし条件としてはタイトルのように安全確認は特に、しない、とw 今後の展開でもいつも窮地に陥ってあの人とかこの人とかが助けてくれますがそうしないと死んでるっつーの、っていうケースが何度もあるじゃないですか。

チョボクとチョドンのチャングムとのトレード説は「そうか~」って思いました。でもこの後、かしましチョボク&チョドンはちゃっかり内医院にずっと残るので、これがまた不思議なんだ。皇太后さまのおかげんがよくないから増員のままでヨシ、っていうことになったのかしらw

こばんわー

rukoさん、こんばんわぁ
見ました 今回も(^○^)

お粥さぁ
ホント 聞いただけで無理っしょ
って感じでした
実・種シリーズは
油分が多いしさぁ

重湯からはじめてちょーらい
と思いながら見てました
しかかもアワビの肝粥・・・
ありえねー

位の高い人間とて
やっぱり病人なわけだし・・・

不思議な食事でした。

チャングムのキャラ…

あおさん、こんばんは。

>>何か腹立つことでもありましたか!?(笑)

す、スミマセン。チャングムの俺流キャラにキレかけてました。これでもけっこう書き終わってから過激すぎると感じたところは削ったんですけど~。最終回まで保たない気がだんだんしてきてるんですけど…。

謎解き自体は気にならないのですが「差し出がましい」というか、自分は正しい、ゆえに何をやっても最後は認められるはず、と確信しているのか、ただの無鉄砲なのかわからないんですけどあまりにも周りとかけ離れているのが2度目観ているとしんどいのです。

追伸へのお答え;タイトルは考えつかなければ空欄でもかまいません。また、パスワードに関しては、FC2ブログの場合はコメントの編集機能があるので、そのときに必要なのでしょう……と思ったのですが、パスワード入れなくても編集できるし(汗)、気になってほかの方の書いたコメントの編集ボタンを押したら、よそのブログでもコメント欄が開いてちょっとビビりました。というわけで、両方なくても無問題のようです。

赤い彗星、仕切る、仕切る

コメントありがとうございました。

「情をかけた人は、自分の財産になる」と言ったのは、
「1%の奇跡」のタヒョンですが。

カンドックに続き、シン・イクピルの命も救ってしまいましたとさ。

赤い彗星の王様や皇太后さまに対する仕切りに、びっくりです。
もう、頭角メキメキ。
回復早すぎです、皇后、、、。

rukoさん、こんばんは。
二回目ともなると、ちょっとこのエピソードは観ていて疲れます。
というか、やはり医女編二回目視聴はチャングムの暴走がちょっと鼻についてしまいますね。
先を知らないと、こういう展開がとても新鮮だったりするのですが・・・。
スラッカン編は二回目でも楽しめたんですけどねえ。

むしろありがちな管理職かも

Satyopeeさんこんばんは。

ユンスの描き方ですが、組織ではああいう中間管理職はけっこうよくいるタイプではないかと思いつつ冷たい視線を浴びせてました…ちょっと前まで直属の上司だった人間がまさにこういう感じで、よその部署などからちょっと何か言われるともう過敏に反応して大変だったのをイタく思い出したりして。

困りますよ~ああいうタイプが上だと。でもふだんは意外と部下のやることに目を光らせていなかったりするんで、サイアクw

ぐるくんさんも書いてらしたけど、そっか、チャングムとシンビの代わりだったんですね。録画したものを見返してないのでよくわからないのですが「見習いがやめた」と言っていたような気がしたのでひっかかっていたのですが、何だか納得。

いいなぁ、お粥

rukoさん、こんばんは。
豆辞典のカボチャ粥にも心惹かれましたが、
松の実がゆも美味しそう。ビタミンEも豊富で
肌にも良さそうですね♪
ビシソワーズスープっぽい食感なのでしょうか。
超クリーミーな粥を味わってみたくて仕方ないです。

超法規的女に大きく頷いてしまいました。
根回しという言葉はチャングムの辞書には無いのでしょうね。
ただ、一瞬でなぞなぞを思いつくチャングムは賢い。。。
聡明にして無謀なとは良く言ったものですね。

「五種粥」と「アワビの肝粥」

クミョンが「五種粥」と「アワビの肝粥」を提案してましたけど,これには何か大きな意味があるようなのですが,良くわかりませんでした.rukoさんのレビューでは「会議中にボーっとしていた」とありますが,ここで謎解きの答えがわかったのではないかと思いました.謎解きの鍵が「粥」にあるようなのですが….

バンジージャンプ?

 rukoさん、こんにちわ!

 出る幕ではない所に自ら飛び込んでしまうチャングム。
 しかも「師の命は私の命でもあります」が理由じゃ、シン教授も痛いなぁ~と思った次第w

 皇太后様が乗ってくれたから良かったものの、チャングムの行動は、ちと無鉄砲・・・しかし、あのなぞなぞは即興で出た物とも思えず、チャングムがどこまで筋書きを立てていたのかは気になりはます。

 チョボクとチョドンはチャングムとシンビとのトレードだと思ったんですが?
 ユンス医務長が典医監に異動の申請をして、その後、ほったらかしにしていたんだと思ってましたw
 でも二人が抜けたそれぞれの恵民署の穴は・・・と考えるとrukoさんの言うとおり謎なのかもw

こんにちは!

rukoさん、こんにちは。
今回も相変わらず、鋭い観察眼で面白く読ませていただきました。
前半戦レビューに笑わせていただきましたが、何か腹立つことでもありましたか!?(笑)レビュー、ぶっちぎりですね!こういうレビュー、大好きです。
王様=マザコンには笑えました。(←本当にそうだよ。)
チャングムが自爆していたら、ドラマは続きませんから~、残念!(ギター侍、最近どうしているのかな?)
それはともかく、チャングムってよ~くじっくり観ていると、向こう見ずなところがありますよね。
特に2回目を観ていると、鼻に付くことがありますね。
だけど、お涙頂戴、ド演歌女(?)の私には、チャングムのなぞなぞは、「母」との死別のシーンと大きくかぶって見えて泣けるのでした。(笑)
追伸>コメントに「タイトル」を書く所がありますが、いっつも何を入れようか迷ってしまいます。書かないとどう表示されるんでしょうか?それと、パスワードって入れたほうが良いんでしょうか?ちょっと、分からなかったので教えて頂けるとあり難いです。

こんにちは。TBさせていただきましたので、よろしくお願い致します。

ユンス医務官、医師としての腕はいいのかもしれないけれど、管理者としては全然向いていなさそうですね(^_^;)。あんな騒いでばかりの管理者だったら、部下が耐えられなさそう。

辞めた見習い、最初はチャングムとシンビを辞めさせることを見計らって別の二人を入れようとしていたのかと思ったのですが、違うようですね。
うーん、謎。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rukolog2.blog60.fc2.com/tb.php/1248-006bfb5e

チャングムの誓い 第37話「母・皇太后」

また、現場に居合わせるチャングム。「粗末な医務官」呼ばわり。「皇太后様は、さびしがっておられる」と、チョ・チボクが皆の噂を披露。「いったい誰の差し金か?」と皇太后様。「事を正さねばなりません」お前が言うなー、イ・ヒョヌク、、、。チャチャンソン一派の仕業に
  • [2006/07/23]
  • URL |
  • 今日のわたくしゴト |

チャングム(勝手に)名言集 第37話「母・皇太后」

「頼みの綱はあの方しかいらっしゃいません」前回チェ女官長がきっぱり言い切った「あの方」が今週の主人公です。「あの方」とはしばらく忘れ去られて登場控えめだった皇太后。チャングム見習い時代には、女官試験で危うく宮中を追い出されそうになったチャングムを土壇場で
  • [2006/07/23]
  • URL |
  • 閑遊閑吟  |

チャングム・37話(母・皇太后)

チェ尚宮のたくらみはなかなか良く練ったものだったようです.シン医務官は以前誤診で高官を死なせていること,イ・ヒョヌク医務官を解任に追い込み自分はぬけぬけと昇進していること,これはおそらくチョ・ガンジョ派(左賛成)に買収されてのことだろうということを皇太后に
  • [2006/07/23]
  • URL |
  • はし's |

チャングム37話

第37話 「母・皇太后 」  大丈夫なのか、シン先生・・・ 先週はそうでもなかったのに今回は一段と腫れている。咽烈 ストレスを受けると唇が倍増する特異体質なのでしょうか?? 今後もシン先生の唇の増減に注目しなくては。 功臣田削減案に反
  • [2006/07/23]
  • URL |
  • 愚者の楽園 |

チャングムの誓い 第37話

今回は、第37話。皇太后様vsチャングムなぞなぞ対決!残念ながら、なぞなぞは、ヨ
  • [2006/07/23]
  • URL |
  • あおサンの猫の爪 |

「チャングム」第37話「母・皇太后」

 「宮廷女官 チャングムの誓い」(総合)第37話「母・皇太后」。  このタイトル、実は今回の話の大きなウェイトを占めるなぞ掛けの答えになっていたりするのですが、ドラマのタイトルとはそういうものでしょう!?  「少女チャングムの夢」を見逃してしまったのが残念。
  • [2006/07/23]
  • URL |
  • Blog(ブログ)@Sayopee.net |

<234> チャングム #37

 「殿下の顔は見たくない!」とすねる皇太后。 急に施療を拒む皇太后に困惑する王様。 しかし施療をしなければ皇太后の老いた体はたちまち悪化する事が目に見えているので、シン先生「未熟で不忠な私を殺して下さい。 しかし、私を罰する前に湯薬を召し上がって下さい。
  • [2006/07/23]
  • URL |
  • 「ぐるくん」のひとりごと |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。