スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドボン〈地上波第39話〉 

初回視聴の際は、ヨリの讒言と医女たちの態度を酷いな~と思って観ていました。しかし、視点を変えるとやはり、チャングムの脇は甘過ぎた、と今回の展開を見て感じました。先輩や同僚の医女たちに媚びたりへつらったり、おもねる必要はありませんが、苦労して戻ってきた宮中であればあるだけ、行動も身辺も慎重に処さなければいけないことがスコーン、とこの人、抜けちゃってます。

「宮廷女官チャングムの誓い」はNHK総合で土曜23:10から放送中。

韓国ドラマ・ガイド 宮廷女官 チャングムの誓い 後編  教養・文化シリーズ-韓国ドラマ・ガイド韓国ドラマ・ガイド 宮廷女官 チャングムの誓い 後編 教養・文化シリーズ-韓国ドラマ・ガイド
NHK出版

NHK出版 2005-06-25
売り上げランキング : 1047
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


FC2ブログでの人気ドラマレビューをチェック!

「医女仲間にも見捨てられてしまいました」と大粒の涙を流すチャングムだけど、見捨てられないように打っておくべき手が、圧倒的に足りていなかったと感じます。私もどちらかというとこうやって、孤立してしまいがちなタイプなので自戒を込めて、以下ネタバレ。
皇后様に料理対決でお出ししたメミルチョンビョン(ソウル・景福宮内にある国立民俗博物館の「食生活→餅」のコーナーにありました。江原道〈カンウォンド〉の郷土料理に分類されています)をオーダーされて喜んで「いつもの場所」で調理にかかろうとしてクミョンにぎゃふんと言わされるチャングム。

でもクミョンにとってはもっと手痛い屈辱が待っていました。クミョンがつくったメミルチョンビョンを皇后様は「すまぬ。スラッカンに連絡するのを忘れておった」、と召し上がらず。

初回観たときは、ありゃ~クミョン、あんな高飛車に出るから、って思っただけですが、このあとの皇后様の活躍(暗躍?)を見ている身としてはこれは皇后様からチェ一族へ向かっての実は警告の第1弾だったのではないかなどと裏読みしてしまうのでした。

じゃなかったらこんな当てこすり、意味がないもんなぁ、って思うんですが。

こうして着々と機は熟してゆき、ヨリの本格的な、でも古典的なチャングムいじめが始まります。

前回からちょろちょろと書いていますが、まずヨリが自分に敵意を抱いていることをもっと深刻に受け止めるべき。皇后様の流産や皇太后様の治療問題などで多忙を極めたことは久しぶりにトックおじさんの家に帰って食事もせず眠ってしまうチャングムをみればわかります。

けれど、基本的に見ていれば医女と医務官はチームワークで動いていますから、もっと医女長(赤い帽子)や先輩のピソンさん(緑色の帽子)などと積極的にコミュニケーションを図っておいたほうがよかった。

シンビをはじめチョドンやチョボクなど、気心の知れている同期生には、なおのこと。今回トラブルが発生してから、辛うじてシンビはチャングムの味方をしてくれましたがチョドンとチョボクは無力だった。

人間、やっぱりひとりで生きてるわけじゃないんですから……。

前回、シン先生のところに「褒めて」とおねだりに行っていましたが、シン先生の信頼を勝ち取るのと同様、36話で皇太后様に直接お説教をたれ、ルールを逸脱した、とチャングムに厳しい視線を送る医女長さまへも、何らかのフォローやアピールといったものをしておいても損はなかったはず。

正直、ヨリのようなタイプの人間は大嫌いですが、疫病地域への派遣を真っ先に志願するなど、彼女はとてもアピール上手。それも、それがその下心を知っている視聴者以外にはピュアで真摯な態度としか見えないようにしてのける、これはやはり宮中サバイバルには必要といっていい資質だと感じました。

ヨリの計画的意地悪に業を煮やしたチャングムは抗議をしようとしますがヨリが一枚上手。医女仲間がいる前でチャングムには何も言わせず、書庫であくまでしらをきり、そこにシン先生が来たのを見て上手い嘘泣き。

シン先生はチャングムの驕りに常々懸念を表明している先生なので、すっかりヨリの策に乗ってチャングムの追放を進言してしまいました。厳しすぎるという見方もあるかと思いますが「人間、そう簡単に変われるものではない」というシン先生の信念をある意味通したとも言えると思います。チャングムの思い上がりも知っていてチャングムに厳しいシン先生も上手く利用。あの判断もヨリの作戦勝ちですね。

辛うじてウンベク様がかばってくれたため、疫病地域に先遣派遣されることになります。

この疫病監視団がまたものっそいうさんくささ。団長はオ・ギョモの手先のパク・プギョム。王様のアツイ正義感からチョン・ユンス医局長も現地へ赴くことになります。でも、一線の医務官としてはチボク君ですからね。つ、つかえねーよ。

唯一の救いはチョンホ様が副官であることですが……。

ここでも速攻でユンスが罠を仕掛けます。冷静に考えて、チャングムはチョンボをして疫病地域に出されてるんだからそんな人間に薬剤の保管庫の責任者を任せるなんてオカシイのに。

案の定、薬を横流ししたと言い出す人間出現。薬剤師?のソンドル君、本日はGJ!!チボクが治療が苦手だったため保管庫の管理をチャングムと交代していたことを「処刑してしまえ!」のギリギリ手前でチボク君本人が間に合って証言、チャングムは助かるのでした。

チャングムの素敵なところはこうやって自分の至らない部分を、チャングム自身の魅力が引き金でフォローしてくれる男性で周囲がかためられているということですよね。

追放を救ってくれたウンベク様も、いつも絶妙に助けてくれるチョンホ様も、そして医務官としては役立たずのチボク君、そしてお薬係のソンドル君も、みんなチャングムの魅力にハマっているわけで「同性に嫌われるタイプ」と斬るのは簡単なのですが、もうちょっとだけ空気が読めればなぁ、と思わずにはいられません。

疫病の原因はわからず、治療をすることになった村は封鎖。そしてチャングムはスッポリとヨリの掘った罠にハマって封鎖され気が立った住民たちと共に隔離されてしまいました。

「無断離脱」とチャングムになるはやでとどめを刺したいチョン・ユンス。でも白馬の王子様が助けに向かいましたよ。でもまぁ、住民たちは気がたってるし疫病は広がってるしでかなり絶対絶命です。

ちょっと久々に土壇場カウンターをアップさせましょう。前回カウンターがアップしたのは、チボク君の指示がめちゃめちゃでヘーミンソへ行かされそうになった35話でした。

土壇場カウンター=15

でよろしく。

コメント

見てのお楽しみ。

Lady-eさんこんばんは。

驚くようなモノではない、ということだけはハッキリしていると思います。疫病に関してはそれを解決するまでが韓国ドラマっぽいベタな展開なので、頑張って最後まで見てくださいね。

シン先生で正解!です。あの人は「人間はそう簡単に変われるものではない」という考えの持ち主なので時にイケイケで傲慢に見えなくもないチャングムを心からは信用していないのですね。チョロイ信頼関係しか存在しない、っていうよりギリギリ信頼関係、あるかないか、ぐらいだと思うな、私は。

こんちわー

rukoさん こんにちは

欲しいものたいした物じゃないのか
へぇ~そんなもん欲しかったんだー
っていうのが私の感想になりそうってことなのかな?(^^;

疫病は、たいしたことないのね?
確かに来週はチャングムが宮中に帰ってるみたいから・・・
とは思ったんだけどさぁ

ダサッと思ったら
バッサリと切ってみます(笑

そそそ、チョロイ信頼関係っていうのは
今回は、シン先生?です
     ↑
   名前覚えたか?(笑

処世術。

ぐるくんさん、2度目のこんばんは。

以前、会社の中でまだ仕事をしている時間帯に、会議室で役員の人がポケットマネーで「宴会」を開き、それに出席しなかったら「これも処世術だと思って出席しなさい」と直属の上司に言われキレかけたことがありました。どんな処世術よ、と。

ま、そんなわけで私もチャングムさんほど酷い目には遭っていないものの、世渡りは下手なタイプなので、わからなくはないんですよね。でもやっぱり、チャンドクさんに周囲の人を味方につけろ、って言われてたのを忘れちゃいけない気がします。逆にそれをしないと本懐であるところのハン尚宮さまと自分の名誉回復が難しいっていうところに気づいてもらわないと……。

いじめられっ子?

 rukoさん、こんにちわ!

 いじめで一番つらいのは「無視」される事と言います。
 強い子良い子元気な子のチャングムとて、さすがに心の風船がしぼんでしまいました。
 能力もあるから大概の事は自分でこなせるチャングムにとって、根回しとかご機嫌伺いなんて言う浮世の処世術は身についていないみたいw

 師匠ハン尚宮もその気があったから余計に未開発なのかも・・・

 しかし、医女長もビソンも何故にヨリだけに絶大な信頼を寄せているのかしら?
 ヨリとて最初はチャングム同様、「出る釘」だった筈・・・やっぱ立ち回りが上手かったのかなぁ~?

なんせまだ見習いですから…

ちょしさん、こんばんは。

チャングム、あの中ではいちばんの下っ端ですからね……。ちびチャングムの頃からほかの仲間より頭ひとつ飛び抜けた才能を持っていたためものすごく目立ってしまうタイプなのでまさに出る杭は打たれる状態。

本人がいちばん、なんで自分がこんな目に遭わなければいけないのかと思っていると思いますからそういう意味では気の毒ですね。この大事件の後もゴーイングマイウェーでいくところが、チャングムのチャングムたる所以ではありますけれど(笑)。

チェ一族より手ごわいヨリ

rukoさん、こんばんは。
チャングムがドツボにはまっていく今回は見ていて憤りも感じましたが、冷静に考えるともし自分が内医院の同僚医女でもきっと「チャングムってさぁ・・」なんて言ってような気がします。
ヨリってチャングム以外の同僚の前ではあくまでも謙虚ですものね。クミョンとは違って感情だけで動いていないところが怖いです。頭の回転も速い。
チャングム、もう少し周りに気ィ遣えよ~と私も思いましたが、あの猪突猛進で利益を考えないところが実は彼女の最大の強みでもあるのかな、と思ったりもしています。

ストレスの源は、減らすこと

ふみえさん、こんばんは。

エントリに自戒を込めてって書きましたが、やっぱりね、自分が正しいと思った通りに仕事をやっていてそれが周囲のペースと合わないとどうしても軋轢という形になってひずみが出るんですよね。医女長が言っていた「和が乱れる」というところにあたると思います。

ひずみが陰口くらいですんでいるうちはいいですが、今回のように実害をこうむるようになると自分にもストレスがたまってくるので、ほんのちょっとだけ妥協するとその分気持ちが楽になる、ということを仕事をするようになって何年かしてから学んだような気がします。

でもしばらくすると忘れてまたしっぺ返しを食らってしまったりするわけですが(爆)。職場での人間関係ってホントに難しい。

人間関係

あおさん、こんばんは。

人間関係って難しいですよね。特に異動してきた新参者にとっては。また、女官時代のように寝食を長い間共にするわけでもなく、オフタイムとなれば宮中を下がって自宅に帰るのですから職場でどれだけお互いコミュニケーションを取っていけるのか、ということが大切になるわけで…。

チャングム(シンビもそうかも)としてはそんな煩わしいことより目指したいものがあり、治療に専念したい、そんな気持ちが裏目に出てしまっているのだとも感じました。

でもきっちりフォローしてくれる人がいるんだから、ホントに羨ましいですw

バランス

Sayopeeさん、こんばんは。

確かにふみえさんがコメントで指摘していらっしゃる通りバランスのとれて他者に配慮できるチャングムなんてつまらない、というのにも一理あるけど、ドラマだからといってあまりにもヒロインに都合が良すぎるのもちょっとくたびれますね~。

チョドンとチョボクのふたりは内医院から疫病地域に派遣されてるのかヘーミンソからなのかがまだイマイチよく理解できていません。たぶんいついたような気もしますけどw

計算ヨリ様

rukoさん、こんばんは。
シン医務官がチャングムのうぬぼれを危惧している、人は簡単にかわるものではないから戒めようとしたというご意見には
なるほど!と目からウロコが落ちました。
ただ、周囲にどう思われるかシッカリ気を使って根回しするようなチャングム、私は応援しないかもしれません。。。

今まで痛い目見てきた割に無防備なチャングム。
やはし、シン教授の言ったとおり「人は簡単に変わらない」のかもしれませんね。

人間関係は大切!

rukoさん、こんにちは。
今回も面白く記事を拝見させて頂きました。
確かに、チャングムが宮中に戻ってきてからの、特に医女仲間達との人間関係が希薄だと思いました。
今回のヨリの罠に陥れられていく要因の大きな原因になっていると、こちらの記事を読んでいて気付きました。

>>チャングムの素敵なところはこうやって自分の至らない部分を、チャングム自身の魅力が引き金でフォローしてくれる男性で周囲がかためられているということですよね。

って、本当に羨まし過ぎですわっ!(笑)

こんにちは。
TBさせていただきましたので、よろしくお願い致します。

ホント、タイミングの良いところでチボク、チョンホさまに救われるチャングムですねぇ。自分の力も去りながら、恵まれるところに恵まれるというか何というか。
これで同性に対して気遣いできればいうことなしですが、そこまで完璧だと完璧過ぎてだれもついてこなくなっちゃうから、わざと反感を買うようにしているのかな(おいおい)。

欠員で来たチャングムの同期の二人、すっかりネイウォンに定着しましたね(^_^;)。

権謀術数渦巻く宮中ですもん。

Lady-eさん、どもども。

>>チョロイ信頼関係しか無い世界ですなー

私もよくは理解できていないと思うけど、超えられない身分の壁があって、宮廷内の権力闘争があって、そんなところで本当の信頼関係ってなかなか築くことが難しいと思うんですよね。

だから寝返ったりおもねったり媚を売ったりして自分の保身を図る人がいかに多いかと。

>>疑わしい態度と会話で理由を聞くわけでもなく、ポイ

これは医務官の先生だと思うけど、この人は「性悪説」にたってチャングムに研修のときから厳しかったから、チャングムが皇后と皇太后の一件でまた調子ぶっこいてるとつい思っちゃったんでしょうね(汗)。

>>ヨリの欲しいものってなんなんだろうか

確か物的には来週あたり明かされるんですけど、実はまだまだ裏があるんだけど、物語の前半を見ていないと驚きも中くらいかもしれないようなモノ、と言っておきますね。

疫病についても次回あっけなく結論出ますので、Lady-eさんのばっさりを楽しみにしてますので、よろしくv

チ・ジニさん=生チョンホさんはあの髪型あまりにもっさりしていて私も最初に見たときはビックリした記憶があります(笑)。

無防備なのに守られてる。

satesateさん、どうもどうも。

チャングムは内医院に配属されてから、じわじわと自分で自分の首を絞めていたんだなーって実感していました。だからドボン、って書いたんですが。

でも篠沢教授ことチボクさんに500スマイルかけておいたおかげで、潔白を証言してもらえたんだから……。チボクさんは「惚れた弱み」があると思うけど、医女仲間にももうちょっとだけ気を遣って根回ししとけ!って思いました。

でも今度チョンホ様が命がけで守ってくださるのですから、ホントうらやましいです、はい。

こんばんわ(^○^)/

rukoさん こんばんわ♪
今回も見たのですー

しっかし、なんつーか
チョロイ信頼関係しか無い世界ですなーと
あっち見てもこっち見ても感じた今回でした
信頼していても 疑わしい態度と会話で
理由を聞くわけでもなく、ポイってな状況
昔ってそんなだったわけ?ってな思いをめぐらしつつ
単純にチャングムはそれまでの人だった?ということか
救いは、友達が居るってことかね・・・。

しっかし ヨリは頭のいいやつだね
問題はいっぱいあるタイプだけど
あの頭のよさは別に使うべきと(^^;
で。。。チャングム売って
ヨリの欲しいものって
なんなんだろうか?

そして、気になったのが疫病
なんの病気だったんだろうなぁ
唇がただれてる人が居た
熱が出て死ぬ人がいるなど・・・
気になった(^^;
んだが・・・とりあえず
最初に送りこむ人間が見習いってところも
考え甘いような・・・
最初こそ力のある人間が行き
ピシャリと抑えなければ広がるじゃろな・・・
普通(^^;

そしてチョンホが最後に素で出てきたけど
ええええええええええええΣ( ̄□ ̄;)
ただの人だった(^^;
衣装着てたらカッコよかったのになぁ(^^;

とりあえず・・・
チャングムも希望したわけじゃないにせよ
MSAPの道へってことで(^^;

チャングム、篠沢教授に全部?

rukoさん、こんばんは。

ドボンと言う言葉に、チャングム、篠沢教授に全部賭けちゃったか?
と妄想してしまいましたが。

rukoさんのブログを読んで
こうして降り返ってみると、
チャングム、無防備な上に
反論するほどに蟻地獄。

ヨリの思うツボで
チャングム、篠沢教授に全部賭けさせられちゃった気が。

蓋を開けてみると、意外にも、篠沢教授は
チボクだった気が、、、。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rukolog2.blog60.fc2.com/tb.php/1272-2886bad8

チャングム第39話を見て

第39話「ヨリの企み」 ヨリは恐ろしい人です。 ヨリがやったことは「まさか」の恐
  • [2006/08/07]
  • URL |
  • 地上波でチャングム! |

<251> チャングム #39

 御膳競演の際のお餅(メミルチョンビョン)が食べたいとと言う皇后様。 チャングムは水刺間に行って調理をしようとするが、ちょうど夜食の準備に入ってきたクミョンと鉢合わせしてしまう。 「承諾も得ずに入れば痛い目に合うわ。」 「なつかしむ事も許されぬわ。」 「出
  • [2006/08/07]
  • URL |
  • 「ぐるくん」のひとりごと |

チャングムの誓い 第39話「ヨリの企み」

初回視聴時のレビューはこちらヨリのチャングムいじめは手が込んでます。「ヨリの企み」っていうか「ヨリの策略」っていうか「ヨリの悪だくらみ」っていうか。医局長にも「策士よのう。だから私の側においておくのだ」と言われていましたね。やっぱりヨリと医局長、怪しい..
  • [2006/08/07]
  • URL |
  • ときどき思いつき日記 |

チャングム(勝手に)名言集 第39話「ヨリの企み」

この回って多分54回中一番ストレスが貯まる回なんではないでしょうか。BSで視聴したときには画面をたたいて怒りたくなりました。ヨリの二面性のある意地悪、昔会社にもいたのよ、こういう人!とあの時の怒りがよみがえったり(苦笑)。チャングムもまんまと引っかかっち
  • [2006/08/06]
  • URL |
  • 閑遊閑吟  |

チャングム39話

第39話 「ヨリの企み 」 シン・イクピルめ。。。 ヨリの嘘泣きにアッサリ引っかかりおった・・・( ̄□ ̄;) おいっ 医者としての深みはどうした~~~~! 奴をウンベクと同等の医者だと 思っていた自分が悲しいやら、悔しいやら。。。 この前の医術能力表、訂正してやるぅ~!!
  • [2006/08/06]
  • URL |
  • 愚者の楽園 |

チャングムの誓い 第39話

いよいよ、始まってしまいました。ヨリの企みによって医女仲間からどんどん孤立してい
  • [2006/08/06]
  • URL |
  • あおサンの猫の爪 |

「チャングム」第39話「ヨリの企み」

 「宮廷女官 チャングムの誓い」(総合)第39話「ヨリの企み」。  今週もプロ野球中継がありましたが(最下位争いって辺りがソレだわ…)、めでたく定時に終了。  風邪を引いていても、チャングムは見るのだ~。
  • [2006/08/06]
  • URL |
  • Blog(ブログ)@Sayopee.net |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。