fc2ブログ

白い騎士 The O.C.〈4話〉 

お子ちゃまの中に初めてキラリ光る女の子(すなわちO.C.っぽくない)キムが登場したけど、社交界デビューするためだけにニューポートビーチにきたのかよー。ピッツバーグから来たと聴いて"Eew"と言い放つサマー、相変わらず今のところは子ビッチです。

The O.C.の第1シーズンはSuper!drama TVで放送中(OAは土曜23:00が1回目で週5回ペース)。

Music from The O.C.: Mix 2Music from The O.C.: Mix 2
Original Soundtrack

Warner Sunset/Warner Bros. 2004-10-26
売り上げランキング : 4141
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


FC2ブログでの人気ドラマレビューをチェック!

「社交界デビュー」とか「白い騎士"White Knights"」とか超一般ピーポーの私たちには関係ないけど、そんなところに「スーツはグッチはここ、アルマーニはココ、ヴェルサーチはここ」って言われても、ねぇライアンw 以下軽めに。
今回ウケちゃったのがマリッサやサマーが16歳(ま、社交界デビューっていったらそんなもんか…)という設定です。見えないですからwww

さて、ライアンを本格的に引き取ることにしたコーエン家。キルスティン母さん、そうと決まったらけっこうノリノリですね。やっぱり基本的にイイ人なんだ……だからこそジミーの事件に心を痛めるわけだけど、サンディは当然おもしろくないよね。

ジミーのビジネスには米証券取引委員会(SEC)の捜査の手が伸びていました。キルスティンが「貸した」10万ドルも不正融資として捜査対象になる可能性があると知らされてサンディは愕然。

少年事件が専門のサンディのところにジミーを助けてほしい、と言いにやってきたキルスティンについサンディが言っちゃった「ジミーは僕が弁護している子どもたちとは違うぞ」っていう一言がいろんな形に理解することができます。

ライアンを引き取ることになったのもそうだけれど、カリフォルニアで弁護士資格もっていれば、やってもやってもキリがなくて、たぶん儲けも薄い少年事件の専門であり続けるのは、なぜ?っていうところにいきつくかと。

いよいよ、目隠しして断崖の際を歩いてる、って趣のジミーに対しジュリー(これが今のところ大ビッチっていうことで)のノー天気なお金の使いっぷりと夫への配慮のなさが際立つつくりです。

とはいえ、さすがに夫が10万ドルをキルスティンから借りたことは頭の隅っこには引っかかっているらしく、急速にライアンに惹かれていくマリッサにルークをプッシュしまくり。

ベタな展開ですがこういうの思い出しますねw あのときのヒロインのお母さんも体面を保つためにサイテー金持ち男との縁組を勧めるのに必死杉でしたが。

タイタニック アルティメット・エディションタイタニック アルティメット・エディション
ジェームズ・キャメロン レオナルド・ディカプリオ ケイト・ウィンスレット

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2006-01-07
売り上げランキング : 4017
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


融資したお金の返済を迫られたジミーはついにお金を今は返せない、と娘たちが踊るダンスフロアで絶妙なタイミングで告白せざるを得ずパーティーは前代未聞の台無しに…。

「アウトサイダー」どうし、というのか、パーティーに出ず「鬼武者」(?)をやるサンディとライアンとの会話の中に「表面上は取り繕ってニコニコしながら、心の中ではみんな……」みたいなのがありました。25万ドル返してもらえないと困る、とテンパってジミーに殴りかかった人もそういう人のひとりだったと。

新 鬼武者 DAWN OF DREAMS THE STORY PREMIUM BOX新 鬼武者 DAWN OF DREAMS THE STORY PREMIUM BOX
稲船敬二 ゲーム 楠田敏之

エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ 2006-07-26
売り上げランキング : 6183

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ま、やりとりしてるお金のスケールがあまりにもアレですが。

お子ちゃまたちは相変わらず。ルークに曖昧な態度を取り続けてしまうマリッサなのでライアンがいればいつでも一触即発。サマーは最後、誰にエスコートしてもらったんだ?

このパーティーはデビューする女の子たちがあくまでも主役なので男の子しかいないコーエン家は「助っ人」担当で、当日パートナーにドタキャンされちゃった女の子用の「白い騎士」としてセスライアンもパーティーに出席しなくちゃならなくなります。

ダンスレッスンが事前にあるのが笑える~。さすがにいまどきの子たちは、踊れないか…。

すっかりサマーをエスコートするはずが予定が変わり、落ち込んでいたセスはキムに自信をつけてもらい、白い騎士の役目を無事果たしました。どんなバックグラウンドの子なのか結局解らなかったけど、「男が格好良く見えるにはまず自信を持ってるかどうか」。なかなか16歳の子には言えないね、少なくともニューポートビーチの頭空っぽの子たちには。

子どもたちがこうして少しずつ大きくなってく「儀式」は、ユダヤ系ならbar mitzvah(女の子はbat mitsvah)、キリスト教だと宗派にもよるけどConfirmationしか10代前半をアメリカで過ごした私には経験がないです。日頃は膝の抜けたジーンズにTシャツしか見たことない同級生たちが正装に身を包んで集まる、なんだか甘酸っぱいイベントでした。初めてヒールのある靴を履いたのもその時だったな~、懐かしすぎる。

長い間文通してた同級生が卒業パーティー(Proms)の相手の話ですっごい長文の手紙を書いてきたのも懐かしく思い出しながら見ちゃってましたw

[過去のレビュー]
拾った女捨てた女 The O.C.〈3話〉
殴るな… The O.C.〈2話〉
光と影 The O.C.〈1話〉

コメント

nerdとconfidenceは両立せず?

rosedaleさん二度目のこんばんは。

nerdな人にconfidenceを求めるのはどうなノカ、という話はありますが、セスがサマーを潔く振り切ったのは結果としてよかったと私も思いましたね~。だいたいキムのほうが客観的に見てイイ女だったではないですかw

>>自分の良さを知って自分をトラストできてる人は魅力的
っていう意味ではサンディ、まだ自信がないっぽい気がするんですけどw 自信があったらニューポートビーチの奥たちなんかテキトーにあしらっておけばいいものを、わざわざ「今度はアフリカ系がいいですか?それともアジア系?」とか挑発してたりしましたよねw

止めに入ったサンディまでなぐってあの人もよっぽどギリギリなんだろうとは思いましたが、確かにジミー嫁に「サポート」の気持ちがないのは不思議。あんなひえひえだったらもっと早く別れていてもおかしくないのに、金の切れ目が縁の切れ目なんでしょうか。コワ……。「デス妻」のガブちゃんが懐かしい今日この頃です。

confidence...

勘違いな自信でなく、自分の良さを知って自分をトラストできてる人は魅力的ですよね。アメリカ、特にこの番組みたいな世界では「俺ってダメ男、絶対無理ぃー」ってウジウジしてる人にお友達が出来るわけがない(笑)。最後、サマちゃんに行かなかったセスを褒めてあげたいです。

出かけるのを嫌がり、ゲームに夢中、最後はサッカーパンチを食らって倒れたサンディを見て、あーやっぱりセスの父だ、と感心しちゃいました。ジミーと嫁は既にダメっぽいですね(^^;)。人生何が起こるかわからないって娘に言う前に、トラブル中の夫をサポートしてあげてほしいわぁ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rukolog2.blog60.fc2.com/tb.php/1278-c8283959

The O.C. #4 The Debut

You know, you're a great barbecuetionist.LOSTではハーリーの呟きが面白いけど、OCでのクオート大賞は間違いなくセスw。なんつーか、私には理解できない世界だった。OCでは、お年頃になったら純白のドレスを着てコティリオンデビューをしなきゃいけないらしい。しかもそれ
  • [2006/08/08]
  • URL |
  • ME TELLY & ICE CREAM |