スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤな感じ 

日本の政権与党の総裁がきょう、新たに選ばれました。前任者が選出された5年前以上に失望、落胆しています…。

個人的には「無党派層」です。「政権奪取」をうたってる野党の幹事長が、首相が靖国神社参拝するとかしないとか言ってるときに、暢気に優雅に、歌舞伎座の一等席で奥さんと歌舞伎見物してるんですから(汗)。

でも、そうやって黙ってると気がついたらもう引き返せない、なんてことにならないのか流石に不安になってきました。

東京人 2006年 09月号 [雑誌]東京人 2006年 09月号 [雑誌]

都市出版 2006-08-03
売り上げランキング : 276859

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


先月出た雑誌ですが、日本の敗戦から7年間の米軍の占領統治下の東京の様子が詳しく書かれ、いろいろ考えるところがありました。

「仮想敵国は中国」みたいなことを不用意に発言する人がこの国の舵取りをしていくと思うと、マジでヤな感じ…。なのに、まだ開票が始まる前の昨日から「焦点は『2位』争い」なんて書きたてていた新聞って一体どうなんだろう。

ちょっとビックリしたのが、ニューヨークタイムズとワシントンポストの2紙ともが、この件に関してAP通信の記事を使っていたことでした。少なくともワシントンポストはこの2カ月くらい「自前」の記事が出てないんで、特派員はいないとみた。「日本の最大の同盟国」の、首都の人間が読む新聞なのに(爆)。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rukolog2.blog60.fc2.com/tb.php/1372-15b1254b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。