スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虜囚 LOST〈2-14〉 

One of Them(邦題:捕らえられた男)

久しぶりのサイードネタだったのに結局「アレ」の話か…とまたまたガックシな45分でした。単独でカテゴリーをたてたのは確かこのドラマが最初だったくらい、ハマってたはずなのに、もうサゲサゲです。時間勿体ないし、S3も漏れ聞こえてくるところによるとあんまりイイこと聞かないし、そろそろリタイアしちゃうかも。

「LOST」第2シーズンはCS/ケーブル系のAXNで日曜22:00~(字幕版)などから放送中。

LOST SEASON1〈VOL.1〉LOST SEASON1〈VOL.1〉
入間 眞

竹書房 2006-06
売り上げランキング : 49034
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



FC2ブログでの人気ドラマレビューをチェック!

一応いわくありげな展開ではありながら、ゲスト出演でSuper!drama TV(当時はスーパーチャンネル)で放送してた「ブレイキング・ニュース」のプロデューサーだったヒトが出てたのと、ハーリーがなぜ痩せないかの謎が解けたのが最大の見どころだったなんて……。以下ネタバレ。
湾岸戦争当時のことを思い出してヤな朝を迎えたサイードのところにヤな人アナ・ルシアがやってきます。離陸前に空港のバーで飲んだからってジャックを盲信してる感じがするのもウザイんですが、誰かを見つけたらしい。

久しぶりのルソーさん。前回の登場(第1シーズンの23話)ではアザーズがくるから、って皆を恐怖のずんどこに陥れておきながら狙ってたのはクレアの赤ちゃんだった、というイヤなオチだったので当然、サイードは信用しません。

それでもルソーが連れて行った先にはひとりの男がお得意の罠にハマって木から吊られてました。確信を持って「こいつはアザーズのひとり」と話すルソー。縄をほどいたら速攻で逃げようとしたためルソーは男の右肩を弓矢で射抜いて去っていきます。

男は「ミネソタから来たゲイル」と自分を紹介し、一応話にスジは通っているようだけど、ルソーが「こいつは全部嘘の塊」と言ってたのは、まぁ嘘つきさんの言うこととはいえ、気になる。

第1シーズンではサイードソーヤーに拷問を加えるエピソードがものっそいイタイ話(8話)があったのですが、湾岸戦争当時、イラク共和国軍にいたサイードは捕虜として捕らえられ、自分の上官(で確か友だちだったっけ?)に拷問を加え、米軍が知りたい情報を聞き出すことになりました。

「(自分は)そういうことが得意」「殴っていて罪の意識がなかった」といった発言が出てましたがこれはどう理解するのが正しいのかよくわからりません……。相手が悪かったら拷問してもイイ、そういうことになっちゃうの?

8話のレビューをみたら、ソーヤーへの拷問のきっかけはシャノンのぜんそく吸入薬をめぐって、でした。シャノンか…。このときすでに何らかのキモチがあったということかな。湾岸戦争時代の拷問も、親戚がいる村がサリンでやられたことを知って吹っ切れたっぽいところもあったし。

愛のためには非情になりますよ…みたいなそういうことかな。とするとちょっとうすっぺらく思っちゃうな。

今回の囚われ人の拷問はハッチの元武器庫(鍵がかかる)でロックの同意を得て行うことになり、またジャックが逆上する、っていうループもうざい(泣)。今回、ジャックは「(端末に数字を入力しなかったら)何が起こるか見てみようじゃないか」と挑戦的で、ロックはとにかく慌ててコンビネーションキーを開けますが、一瞬間に合わず、なんだかヒエログリフみたいな赤地に黒で描かれた文字っぽいものが出ました。

でも、そのあと108.00に戻ってしまったので「何が起こったのか」はよくわかりません。ネタバレサイトとか行けばこのヒエログリフの意味はわかるんだろうけど、電磁波発生装置があるわけだからそれに関係してるんだろうね、と軽く推察してみます。

結局、サイードはこいつをアザーズだと確信したんだけど、その会話の中にチラチラと「愛する者を失ったらどこにどれくらいの深さの墓穴を掘ったか言えるはずだ」なんて台詞が出てきて泣かせます。しかしこいつをこれからどうしようというのでしょう。

それからジャックは傷をダーマ印の消毒液で洗浄してたんで、医薬品は足りてるんでしょうね、ハッチ。

ぞうのババール 1 ~いざ出発! 冒険の旅へ~ぞうのババール 1 ~いざ出発! 冒険の旅へ~
アニメ:ぞうのババール

アニプレックス 2004-11-26
売り上げランキング : 42402

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

→おっとぉ、「洗脳DVD」ババール版もあるのか~。確かにDVDとか見せてたら子供は静かになると思うけど、ホントにバカにならないか友人の子供とか見てて不安になるときがあります(汗)。

一方、再び嫌われ者の座をゲットしたソーヤーに新たな敵が……。それはアマガエル。鳴き声が気になって眠れずジャングルに入って行くと、そこにはダーマ印のドレッシングをなめなめしているハーリーの姿が。

「冷蔵庫に入れないとダメだろう」
「常温で7年だいじょうぶって書いてある」

ってどういう会話よ…。どっちみち、未開封状態での話だと思うけどねw 食物を隠匿していることを黙っているかわりハーリーをカエル捜索につきあわせることにしたソーヤーだったけどデブデブ言い続けるソーヤー(ババールは『バーバー』と発音されてましたが)にハーリーが逆ギレ、謝る羽目に。

ココで謝っちゃうのがへたれソーヤーの真骨頂ですね。で、カエル君はぺしゃっと。

ホント、なんで自分がこのドラマにつきあってるのかだんだんわからなくなってきたかも。

【追記】
サイードと一緒だった米軍の軍曹、ケイトパパでしたね…どこかで見たと思ったんだ…。

コメント

ありがとございます。

KEIさんこんばんは。
削除されたところにコメントっていうのもおかしいかな、って思ったのですがKEIさんところにまた行くのもおかしいのでここでお返事してしまいました。

お言葉に甘えてまた遊びに寄らせていただきますね。

率直なコメントは歓迎です

rukoさん、こんにちは。

わたしが削除したコメントをご存知だったのですね。
後で何となく気づいた思いきり鈍感なわたし...恥ずかしいです。
真に率直なコメントは歓迎ですので、気になさらないでください。

いや別に「最悪」じゃないです…

KEIさんこんばんは。

もっとダメだったエピソードはあるので別に「最悪」じゃないです(汗)のでご安心下さい。

サイードを演じているナヴィーン・アンドリューズさんの演技が凄ければ凄いほど、あの展開を見ているのは苦痛でしかなかったので(見ているこちらに苦痛を与えることができるほどの演技とも言えますが)、またまた残念エピソードになってしまった、というだけでして。

それと、コメント修正されてるみたいですけど、私がKEIさんのエントリに「ごめんなさい」と書いた理由。KEIさんがナヴィーン・アンドリューズが好きでサイードに入り込んでるのにあまりその流れに沿わないコメントを書いてしまったかもと思ったための「ごめんなさい」です。

rukoさん、こんにちは。

rukoさんにはとっては最悪なエピソードになってしまって残念ですね。
わたしには、確かに、サイード本来の魅力である冷静で思慮深くて頼りになるところが少しも見られず、暴力をふるう場面はあまりに辛かったけれど、ナヴィーン・アンドリュースの演技が半端じゃなく、彼のファンとしては見ごたえあるものでした。

ソーヤーへの拷問をはじめ、拷問者としての自分を心から恥じていたはずの彼が、何故に、今、再び?と、とてもショックでした。
シャノンを失った心の傷が彼を昔に呼び戻してしまったということみたいだけど、ストーリー展開として強引に感じられるところがあります。

悲しみが癒えず冷静になれない今、サイードがいくら拷問でなく尋問のスペシャリストでもヘンリーの尋問には敵役ではありませんでした。
ただ、サイードの悲しみの深さは、ヒシヒシと伝わって来て、ヘンリーを怒鳴りつけ殴りつける場面は、いろんな意味で胸が痛み、泣けてしまいました。

ドS男……orz

rosedaleさんこんばんは。

いやー、ちょっとサイードはどこへ行こうとしてるのかよくわかんなくなりました、今回ので。シャノンが死んだのもアナ・ルシアを過敏にしたアザーズのせい、っていう論理の飛躍(実はアナ・ルシアたんは今回の件以前からtrigger-happyなのに)も凄いし、正当化しちゃった理屈もおそろしかった。

みんな島で病み病みですね、きっと。Yummy-yummyなハーリー、ってのもいるわけですが(爆)。ま、サラダバーとかに行くとフルーツあるし、フレンチドレッシングあるし、そういうことですかとw やれやれ。

>>スパッとリタイアできない自分が情けない

みんな考えてることは一緒みたいですね。困ったものです。

ちょしさん、こんばんは。

>>ドラマは一応まだ見るつもりなんですが、ブログにレビューを書くのがだんだんタルくなってきました

お、同じこと考えてました(汗)。第1シーズン、なんであんなにむちゅうになって観ていたのかもうまったく思い出せないくらい冷えてるんですが、どうしましょう。

ジャックはアメリカでは人気みたいだから彼の出番を増やしたのかな、とかも思うんですけどいつもあんなにガミガミ怒ってたら全然イケてないと思うのですが…。

俺様サイード

rukoさん、こんにちは。
単細胞サイード、ジャックを超えたかも。

まさに「虎の縞模様は変わらない」ではないかと。かわいそうだけど拷問者体質なんですね、サイードは。拷問の末に得た証言が真実かどうかなんて怪しいもんなのに、そこに気付かずトーチャラーでいることをやめられないサイードにちょびっと同情しつつもガッカリでした。

とても「見応えあるエピ」とは程遠く・・明かされない謎が気にならないわけでもないし、スパッとリタイアできない自分が情けない(^^;)。

ハーリーがドレッシングにつけていた食べ物、フルーツっぽかったけど、アレほんとに何だったのかしら?どんな味するんだろ???

カエルに合掌

rukoさん、おはようございます。
だんだんループから抜けられなくなってきましたね(^^;)。
rukoさんがリタイアしたら、私もテンション落ちそう。と言うか、ドラマは一応まだ見るつもりなんですが、ブログにレビューを書くのがだんだんタルくなってきました。
やっぱり何を言いたいのか、見えなくなってきてますよね。ドラマの中だるみと言ってしまえばそれまでなんですが、そろそろはっきりさせるところはさせようよ!と思ってしまいます。
ジャックの邪魔がなければなあ、といつも思うんですけど。

ドレッシング…

Jasmineさん、こんばんは。

サイードのFBでは、イラク人の自分が拷問が得意になったのはアメリカ人のせい、って話がしたかったの?とちょっと短絡してみて自分で自分がちょっとイヤになっちゃいました(苦笑)。

ハーリー、あれじゃ痩せないですが、あのフレンチドレッシンッグにいったい何をつけて召し上がっていたのでしょう。ダーマの力でホントに腐らないとか。あと、ピーナツバターもってましたね。

クレアにあげろよ~…と突っ込んでしまいました。

こんばんは~

今回も期待した程の展開はなかったですね。
ヘンリーはアザーズなのかも入力しないと何が起きるのかも
わからなかったけど、ハーリーがなぜ痩せないかはわかりましたね。(笑)
ドレッシングの常温保存7年は未開封の状態で常夏の島ではすぐに腐りそうですよね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rukolog2.blog60.fc2.com/tb.php/1430-b98e2afd

LOST2-14 「捕らわれた男」

とにかく...AXN LOSTナヴィーン・アンドリュースの演技が真に迫ってた。それに尽きるエピソードだったかも。そして、彼が出ずっぱりで、このところサイードに飢えていたわたしとしては、見ているのが辛い場面が多かったものの、正直なところ、美味しい45分間だったとも言
  • [2006/10/18]
  • URL |
  • There for you |

LOST S2-#14 One of Them

超単純なサイードに呆れた45分。痛そうなシーンを除いて、ものっそい退屈なエピだった。女にはすぐ惚れるし、「家族の町を襲ったのは奴だぞ」と言われれば即信じて上官を拷問するし、「この男は奴らの一人」と言われればこれまた信じて拷問。とりあえず疑ってみようとか言う
  • [2006/10/17]
  • URL |
  • ME TELLY & ICE CREAM |

LOST 第39話「捕らえられた男」

今回は久々にサイード♪のフラッシュバックですが、ペンチ片手に、かなり痛々しかったですね。ソーヤーを拷問した後、もう二度とやらない、って言ってたのにやっぱりそういう役割回ってくると腕まくりしちゃうのね。サイードには他の皆を抑える役をしてほしかったのに結局み
  • [2006/10/17]
  • URL |
  • 閑遊閑吟  |

LOST2 #39

今回のフラッシュバックはサイード。 彼がイラク兵としてアメリカ軍の捕虜になった時に 拷問の技を覚えた話だった。 サイードはルソーから罠にかかった男を見せられて、 彼を助けるがルソーは「彼ら」だと言い、矢を放つ。 傷を負った男をハッチに連れ帰り、ジャックが男を
  • [2006/10/17]
  • URL |
  • 海外ドラマDiary |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。