スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

めでたし♪ 威風堂々な彼女〈19-20話〉完 

結局途中から観ることになっちゃいましたが、やっぱりペ・ドゥナちゃんは凄いわ、と改めて思わされたドラマでした。自由自在っていうのかな……それに比べると泣いてるかプルってるかだけだった(爆)キム・ユミ(クミ)は顔もなんか典型的な整形美人っぽくてwww イマイチだったかも。

威風堂々な彼女」はCS/ケーブル系のLaLa TVでの放送を終了しました。次週からこの枠(土曜20:15~)はカン・ドンウォン君主演の「マジック」だそうです。

威風堂々な彼女 DVD-BOX 2威風堂々な彼女 DVD-BOX 2
ペ・ドゥナ カン・ドンウォン キム・ユミ

ジェネオン エンタテインメント 2005-10-21
売り上げランキング : 10738
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


FC2ブログでの人気ドラマレビューをチェック!

最終回、落ち着くところに落ち着いたような落ち着かなかったような。でも、ウニ(ペ・ドゥナ)が元気になってよかった。でも謎も残っちゃいましたが…。「私の名前はキム・サムスン」もそうだったけど典型的大団円ではない終わり方も観てるこっちにいろいろ想像させてくれてそれのほうがイイのかも。以下ネタバレで。
〈19話〉

どうしてもオンマが許せないウニ…。とうとう、フンとジンまで病室に置いて出てきてしまいました。確かにウニちゃんのやり場のない怒りはすごーく納得なんだけど、理解の程度は別としてコレまで優しかったオンニが急に冷たくなったらフンとジンはどうなっちゃうの……。

一方、クミは怯えてる。当たり前だっつーの。それほどウニを甘く見てたってこと?バレないと思ってたってこと?と浅はかなクミにやっぱり憐憫の視線を送らずにはいられません。インウ社長との結婚を急ごうとするクミに会長もちょっと怪訝な様子。

そんな会長に面会にきたウニにもう心臓バクバクのクミだけど、ここがウニのすごいところで、会長の前でぶっちゃけることはいともたやすいというのにさらっと例の「賭け」を最後までやりましょう、と提案します。

もちろん自分が会長の本物の孫なのだと知ったら会長が号泣しないわけないとは思いつつ、そのウニの自制心に感動。

その後のウニクミ対決もウニ圧勝です、当たり前だけど。

インウ社長も今回の事件にウラがあり、クミの影がちらついていることに気づき始めました。天網恢々粗にして漏らさず。だよな~。

ウニの深い悲しみを知るジフンオッパーはクミのとき同様、粘り強くウニをオンマの元へ連れていこうと孤軍奮闘します。自分だって愛してたクミとあんなことになってツライだろうに、ジフンオッパーもあり得ない善人だと思わずにはいられません。

「バスが大雪の中で立ち往生してそのバスの中には僕と君だけ。そして君は上着も着ていない。だから僕が上着を貸すんだ」

っていう台詞泣けました、ハイ。

予告編では予想通りっぽい展開が待っているようなので、クミ、最後は白くなって終われよ…と思いました。

〈20話〉

イヤね、ホントにクミの陰謀をすべて調べ上げたインウさんじゃないんだけど「なんであそこまでするのかわからない」。大人になって、というかテソンの家に入っちゃった4話以降からしか観ていないせいなのかもしれないけど、やっぱり金なんですかね、クミのあれだけのことをやらかせるモチベーションっつーのは。

テソンに行く前はビンボーだったけど、ウニの涙の告白を聞けばお母さんはウニには厳しくクミには優しい、っていう態度を取っていたってことみたいだし……。今回初めて火事で死んだお父さんも出てきたけど、そこなの?とか。

でもこのお父さんもヘビー級だね。どんな大人になってほしいか、と訊ねられた娘に

「糞や大地みたいな人間になれ」

って。前半が余計だよw 女の子なのにさー。大地みたいな人間に、でいいのにwww 泥臭くてもいいから、っていう意味合いだとは思うけど表現が直裁でなんだかジンとこなきゃいけない場面なのについ失笑。

最終回はウニがさらに度量の大きさを見せたエピソードでもありました。お父さんとの会話を思い出してオンマを許す場面には涙が。そして、入れ替わりは一生黙っている、自分が受けた心の傷を会長(=ハラボジ)に負わせたくないって、もうなんてイイ奴なんだろう、ウニ。

なんかテッテー的にイイ人で損した感があるのはジフンオッパーでした。

冒頭に「謎が残った」と書いたのは、鵜の目鷹の目のウンス母子に対して

・クミとインウの結婚キャンセル
・インウのテソン退社
・クミの生体肝移植

をどう説明して切り抜けたのかってことですが、まぁ些末なことといってしまえばそこまでなので。ただ、会長が自分の後継者に、と目をかけているインウがカインへ戻ることに関しては何らかのきちんとした説明が必要なんじゃないかと思い、ちょっと気になりました。

ウニが社長になり、秘書を募集します、っていうときに先の展開は100%読めたんですけど、

流石にラストシーンには負けました………orz そうきたか、みたいな。その前の微妙なキスシーン未満も笑ったけどね。

そんなわけでペ・ドゥナちゃんの底力を十分に堪能したドラマになりました。さて「リンダリンダリンダ」観なきゃ。宮崎あおいなんて目じゃないと思われw

[過去のレビュー]
真相判明 威風堂々な彼女〈16-18話〉
恋する男 威風堂々な彼女〈13-15話〉
威風堂々な彼女〈10-12話〉
威風堂々な彼女〈7-9話〉
リアル…すぎ? 威風堂々な彼女〈4-6話〉

コメント

確かに救いがないかも、ジフン

smappieeさんこんばんは。

解説ありがとうございました。スッキリしました。4話から見てるのでウンスと母親のいじめのようなものは見てたけど「天国の階段」とかもっとエグかったじゃないですか(比較対象が間違ってるかも…)w なので、突然クミが牙をむくっていうのがよくわかんなかったですね。

あと、ポケベルの件なんかも含めてそれだけウニにどうして含むところがあるのか、と。ウニは「オンニ、オンニ」って言ってるのに、っていうところやフンとジンに全く愛情を注げないところなどもやっぱりよくわかんなかったです。

ともあれ、ホントにジフンさんは「与えるだけの役」でしたねー。でも冷静に考えてみればあんなことを平然とやらかすクミとジフンは似合わないし、かといってウニか?っていうとそれも違う気がするので、癒し系のそれほど気の強くない女の人と出会って幸せになってもらえばそれでOKかな~と。

リンダリンダリンダはWOWOWで録画したきり観ていないので、早めにと思っておりまする。

smappieeさんとこもいつも見てるので新作でうまくタイミングがあったらまた遊びにゆきますね。

ジフンの悲しみも深いよ…

でも、ポケベルの件の真相が明るみになったあたりから、ジフン、グミを疑いだしたっていうか、そんな感じになって、別れ話のあたりには呆れ果てて言葉にならない状態になってますよね?
善人っていうよりも、唯一まともな、普通の人間だったっていう印象でしょうか。(苦笑)結局最後にはグミとは復縁なしだからね…ウニに振られても、グミとよりを戻すくらいなら生涯独身か新しい彼女探すってカンジかな?(その後、薬剤師に転身して女詐欺師に会うっていう話もなくはない?!爆)

グミがあれだけ狂ってしまったのは…以前書いたと思いますが、金もあると思うのですが、さらに倍増させたのは、ウンス母子の家庭内いじめじゃないかと推測します。そんな家庭内いじめから逃れる唯一の癒しがジフンだったと思います。要するに、ウンス母子を見返したい的発想というか。そのためにはウニをも踏み台にするってことじゃないかな?って。(それだけウンス母子の家庭内いじめがひどかったと思います)

>・クミの生体肝移植
たぶんこれはテソンの人たちには知らされないと思いますよ。入院中も旅行中とかなんとかいったりするんじゃないかな?グミは結婚式前に逃げ出した設定にするとか?

>・インウのテソン退社
これ、どうしたんですかね?イヌがいうとしたら、グミの謀略に触れないわけにはいかないと思うし…グミは警察には突き出されないってことになったようなので、その辺どう会長を言いくるめるんだか…ウニが絡んでたらうまくいったんでしょうけど、そうじゃなさそうだし(謎)

あのお父さんの言葉は…とーっても深いんですよ!(笑)
ウニのうちは貧乏な専業農家ですから。農作業を手伝ってたのはグミじゃなくてウニだから、農作業を通して色々学んでたウニだから、子供にわかりやすく説明するための言葉だったんだろうな?って。序盤をみてこの言葉を理解してくださいませ♪

確かに!これをみると、『リンダリンダリンダ』がみたくなるんですよねぇ…(笑)rukoさん、お疲れ様でした☆

火事もですか…

更紗さんこんばんは。

とするとクミは昔から執拗にウニに意地悪を続けていてウニはラスト近くまで全然気づいてなかったってことですよね。そういうウニの鈍感さを憎みたくなるクミの気持ちはわからなくもないですがヒドイ……。

>>ウニも祖父を「ハラボジ」と呼べることになった

そんなものいくらでも呼ぶといい、って言われておずおず「は、はらぼじ?」って言ってるウニが切なくかわいかったです。ドゥナちゃんすごい!

こんなハッピーエンドもいいと私も思いました。っていうか多分今後は悲恋もの以外に焦点を絞って観ようかと思ってます。もうソフトフォーカスの涙そうそう的韓ドラは、遠慮しときます(汗)。オススメないですか?

ラスト

こんにちは、rukoさん。
ほんと最初から最後まで下ネタな作品でしたが
いい作品だと思ってます。
ラストのウニの決断ですが、
きっといつかはクミの偽者はばれる気もするし
ずっとハラハラしたまま生きるのがクミに対する罰でもあるかなーと
それにウニも祖父を「ハラボジ」と呼べることになったし、こういうハッピィエンドもよしですよね。

それから父の死の原因はクミなんですけど、母はウニと誤解していて、その辺りもあって、余計にウニには厳しかったですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rukolog2.blog60.fc2.com/tb.php/1432-1f0a3f0d

威風堂々な彼女 19~ネタばれ警報中

 本当は何度となくみてたんですが…次回で最終回なんですが、最終回はおそらくカットしまくりと予想されます。だって、今回みたとこって、16話分(本国放送分)までしかなかったからね。 今振り返って思うのは…ジフンがイヌを殴るシーンがあるんだけど…    ....
  • [2006/10/25]
  • URL |
  • ぼちぼち日記  |

威風堂々な彼女 最終回。

 何気に…最終回についてはまったく触れてないんですよね?>自分 …これはコメディなんです…初回視聴時も、みただけであらすじトークは一切伏せましたからねぇ~。今はメジャーになってきてるようなので書いてもいいかな?(笑) それにしても。LALA T....
  • [2006/10/25]
  • URL |
  • ぼちぼち日記  |

威風堂々な彼女

(衛星劇場、2005.9.11) ネタバレあり。(全20話) 出演/ペ・ドゥナ シン・ソンウ キム・ユミ 第19~最終話 ジフンとカラオケにいるウニ。 歌いながらインウとの思い出を思い浮かべながら歌っています。 威風堂々な彼女 DVD-BOX 1ペ・ドゥナ カン・ドンウォン キム・ユミ
  • [2006/10/22]
  • URL |
  • 綴り箱のかたすみに |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。