スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お弁当 家族~妻の不在・夫の存在~〈2〉 

再就職したばかりの職場にしわ寄せが行きながら、息子の悠斗と真剣に向き合おうとする亮平(竹野内豊)。今回は幼稚園では必須のお弁当をテーマにお話が展開しました。亮平のキャラクターを見てると、何でも全力投球の人なんだね、きっと…。今までそれが仕事偏重だった、という。

「家族~妻の不在・夫の不在~」はテレビ朝日系で金曜21:00から放送中。

キャラクターいっぱいの園児のおべんとうキャラクターいっぱいの園児のおべんとう
ブレネク・ユキコ

ブティック社 2004-02
売り上げランキング : 42493
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


FC2ブログでの人気ドラマレビューをチェック!

いまどきちょっとスーパーに行けばレンジでチンですんじゃうものから「常温解凍」したらそのままお弁当箱に入れられちゃう具材など、お弁当に関しては手を抜く方法がごまんとあるにも関わらず正攻法でつくっちゃうとは……たぶん知らないんだと思うけど、ちょっと感動しちゃったw いつもチャングムのレビューでコメントをくださるokoさんのブログではめくるめくキャラクター弁当ワールドが展開されていていつも感心してたんですが、これを現実に毎日となると、想像できません……。以下ネタバレ。
幼稚園に行くにはお弁当が必要、ということすら理解できていなかった冒頭→とにかくつくった→事実を知り衝撃→シンちゃん(渡哲也)の教えを請いそれなりのお弁当完成 まで、今回もレベルアップ早過ぎ、亮平。

ドラマとして視線が優しいな、って思ったのは、酷いお弁当に悠斗がからかわれていて、そのことをシンちゃんも担任の美帆先生(さくら)も気づいてるんだけど、恐らく亮平の奮闘を見ていると残酷に思えてしまって事実を告げられない、っていうところ。

ここはひとつ理美(石田ゆり子)を思い切り悪役に仕立てちゃってますけど(汗)。

仕事を片付けなきゃいけない、でも悠斗君に本を読んでと頼まれたら断れないし、パジャマなんて毎日変えなくてもいい、って言いつつ請われるままに洗濯してあげちゃってるし…。どうして今まで理美に耳を傾けることができなかったのかなぁ、と。

理美は「いつも仕事仕事で私の話を聞いてくれない」とは言っていたけど、ここに至る前、例えば新居を購入したと知らされた時など--に自分の思いを語る場面、もうちょっと何とかする道はなかったのだろうか、と、友人知人の離婚話を片方の当事者から聞くときもいつも思うんだけど、しょっぱい……。

シンちゃんの奥さんががんで死んだのはわずか2カ月前、そして亮平たちとフランス料理店で会った日がなんと、がんの診断がくだった日だったという皮肉。「でも、リストラされたおかげで最期まで一緒にいてやることができた」とたんたんと語るシンちゃん。

さらにはシンちゃんには5歳の息子を働き盛りのころに失った過去があることもわかりました。それも仕事の多忙を理由に赴任中の広島から帰らず、死に目に遭うことができなかった。だから、幼稚園なんだね(泣)。

だからシンちゃんは自分が来た道を辿ってる感じのある亮平にどこか暖かい視線を送っているんでしょう。きっとシンちゃんと亡くなった奥さん(中田喜子)の間にも、息子を亡くしたときなどには激しい葛藤があったに違いなく。

理美はぶじ建築事務所への採用が決まったけれど、新天地でスタートラインに立ったという意味では亮平と五分五分で現場などを抱える仕事であるということは、口で言うほど悠斗くんを自力で育てるには無理があると思うし、いっぱいいっぱいになってしまったときの悠斗くんの扱いはむしろ亮平のほうが度量の大きさを見せてしまっているだけに、本気の親権争奪になるとかなりの消耗戦になりますね。

悠斗くんとしてはやっぱり3人一緒に暮らしたい本音がありつつ、幼いなりにパパとママが喧嘩しているのは見たくないから「お弁当はおいしかった」って言っちゃう。こういうこと子どもに言わせてる時点で亮平も理美も親としてかなりバッドなわけですけども……。

理美としてはショックだったでしょうね。これまで専業主婦として全力でやってきたことが、ほんの数日やっただけの亮平の肩を悠斗くんが持ってしまったように感じたとしても不思議ではないから。

おかげで詩織先生(木村多江)登場ですね。友だちの離婚調停やるっていうのは、あんまり居心地いいものではないような気がします。ココに木村さんがいるってことはただの弁護士ではあり得ないとつい「何か」を期待してしまいます。

予告編を見ると、プライベートはだんだん安定しつつも会社では何か問題が起こっていそうな亮平が出てきています。どうなっちゃうんだろうか。

[過去のレビュー]
働くということ 家族~妻の不在・夫の存在~〈1〉

コメント

意外とここでキムタエが…

Lady-eさんこんにちは。

理美さん(石田ゆり子)には呼び捨てにするようなお友だち(金子昇)がいて明らかになんか出してますよねw 私としては何となく30代独身であることをこぼしていた詩織弁護士(木村多江)が意外とけなげな亮平にぐっときちゃったりする展開を予想してみたんですけど、どうでしょw

信頼転じて無関心っていうのは程度の差はあれ結婚した夫婦の間には常に起こりうる問題っぽいですよね~。特に奥さんが専業だと家庭だけが自分の宇宙になっちゃうから、思い込み、思い詰め方もハゲシイ、みたいな。

今は理美が離婚りこん騒いでいるけど、まだ何とも言えないな~と思います。

いきなり揚げ物ですか!

けいさん、こんにちは。

いきなり揚げ物カヨ、と突っ込んでたのは私だけじゃなかったんですねw やっぱり揚げ物は手間がかかるんでお弁当としては特別なイベントのときだけでしたよ、私がつくってた頃もね。

後半、会社のPCからお弁当に関するHP見てた亮平がかわいかったです…仕事しろ、とか言われそうですけど。

>>幼稚園の先生には、どんな弁当でもからかってはいけないと教育して欲しかったですね

確かに。ただ、そうすると悠斗くんのお弁当を否定することになってそれが長じて悠斗くん本人を傷つけると慮ったのかも。

悠斗くんは不思議な子ですよね。奥さんの言い分聞いてると仕事ばっかりしてて存在感薄いみたいな感じだけどパパ大好きで、こういう危機で当然奥さんとしては息子が自分を選ぶと思いきや……みたいな。

でもやっぱりせがまれて夜中に洗濯しちゃうような、そういうパパが好きなんでしょうね。

お弁当って

okoさん、こんにちは。

給食が増えてきている幼稚園の現状報告ありがとうございました。数年前でしたっけ、某与党のバカジジィが「お弁当は愛情のバロメーター」とかぬかしていて、じゃお前が毎朝6時に起きて自分の娘(孫でもいい)のお弁当つくれるのか、仕事しながら…と友人と怒った記憶が。

一方で「食育」とか「食べない子はキレやすい」といった現状もあるみたいだから、きちんとしたものを食べさせることの大切さみたいなのはわかります。ドラマで出てきていたお弁当は唐揚げ、卵焼き、ソーセージだから「野菜と果物がないヨ~」ってツッコんでたんですが、新米さんとしては仕方ないところですよね。

>>人生全部かけているのかしら?

あー、なんとなくわかります。たぶんそういう人って子供がすべてになっちゃってるから、ちょっとコワイと思うです……。

竹野内君はたぶん父親役って今回が初めてだと思うので、見てあげてください。これからでも間に合いますよ~。

思うんだけど

rukoさん こんにちは

>どうして今まで理美に耳を傾けることができなかったのかなぁ
これってさ
ちょっと言い訳的理由を言うなら
信頼と安心が作り上げた行動なのかもね

すごく不安な嫁なら
見張ってないとって思うんじゃないかと・・・

妻も最初は信じてもらえる喜びが
あるはずなんだけど
いつしか 信頼という部分は忘れて
無関心と感じてしまうんだろね

たかがピアノの発表会なんか

っていうような言葉が
マイナスな部分を煽っちまったって感じ?

離婚・・・するかなぁ?

味見は大切

rukoさん、こんばんは。
私もお弁当作りはもっと楽出来るのにやっぱり知らないんだろうなーって思いましたよ。
朝からから揚げするなんて、普通料理しない人は考えないですよね?
弁当=から揚げのイメージだったのかしらん。
凄いと思いました。
幼稚園の先生には、どんな弁当でもからかってはいけないと教育して欲しかったですね(笑)
悠斗君、お弁当の事ではいじらしかったけど基本的にやりたい放題な子なので、あんまり可哀想な面が濃くなくていい感じです(笑)

少子化で・・・

rukoさん、こんにちは~♪
ご紹介ありがとうございます(o^∇^o)

私は週1回のお弁当で、キャラも簡単なもの、出来ないときは出来ないの、マイペースなのでそうでもないのですが、他のキャラ弁製作ママさんを見ているとホントすごいですよね。

言い方が悪いですが、人生全部かけているのかしら?なんて思ったりもします。

お弁当は今年から2回から1回になり、給食が1回増えたんです。
来年度は午後保育が1日増え、お弁当が週2回に復帰するらしいです。

他の幼稚園も給食の回数がどんどん増えているらしいです。

少子化対策、園児確保の為のようです。

義母が長女のお弁当を作らなくてはいけなかった時があるのですが、やはり正攻法で作るのが不安のようだったので、冷凍食品等々教えると、「あら♪こんなんでいいの(*^^*)」って感じでした。

ドラマ的には、第1回が見れなかったのでその後も見ることがなかったです。
今回はお弁当という事で、見るぞ~と思っていたのに、デスノートを見てしまいました。
漫画の方を見ているので、なんかつまらなかった(;´▽`A``
竹野内君のファンなので、来週から見てみますわ!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rukolog2.blog60.fc2.com/tb.php/1465-4cd28c55

家族-妻の不在・夫の存在 第2回

家族~妻の不在・夫の存在~ 第2回優しさと残酷さを感じる今回です悠斗はパパ亮平(竹野内豊)と暮らし始めているけれどなかなか 色々と問題が新しく入った会社には当然?只今夫婦は別居中で子供を自分が見てるなどということは言っておらず・・・微妙な理由で出張などを
  • [2006/10/29]
  • URL |
  • ALBEDO0.39 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。