スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

這い上がれ 嫌われ松子の一生〈7〉 

今回は松子の転落じゃなく、腐っても「朝ドラヒロイン」だった原田夏希が小意地悪くてショボイ役をもらっている本物の"転落"にビックリ(爆)して終わってしまいました。毎回「転がり」続けている松子ですけど次の階段落ち前の"つなぎ"的エピソードだったのでキータッチも進まず…。

嫌われ松子の一生」はTBS系で木曜22:00から放送中。

連続テレビ小説 わかば 総集編連続テレビ小説 わかば 総集編
田中裕子 内藤剛志 東ちづる

NHKエンタープライズ 2006-03-24
売り上げランキング : 14356

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

→OA当時、1カ月もたずに脱落しました。

FC2ブログでの人気ドラマレビューをチェック!

ついに龍洋一(要潤)と再会しちゃった松子なのでした…。以下ネタバレ。
あんな衝動的な企てを「脱走」とも言えないと思うんだけど、結局松子が判決通り8年を塀の中で暮らしたってことは身元引き受け人がいなかったからということでOKですよね…。逮捕されてから判決が下るまでを普通は引き算して刑期を数えるところなんだけど。

弟は仕方ないけど、島津(杉本哲太)にも身元保証人を「辞退」されたのに、島津のためにと美容師の資格をとったためにどうしても会いに行かずにはいられなかった松子です。私だったら絶対イヤだな。理屈、つまり逮捕のあの瞬間に「待ってるから」と言ってくれて、それが自分のキッツイ刑務所ライフを支えた、っていうのはあっても、やっぱり現実としては待ってもらえず、身元保証人にもなってもらえなかったんだもん。

かなり凹んだ状態でなぜか玉川上水から銀座にワープしている松子は「美容室あかね」を発見します。刑務所内で学び、資格を取って"勤めて"いた美容室が同じ名前だったため運命を感じた松子はだめもとで飛び込みます。

「白夜」のときとよく似てるけど、こういう後先考えてないときにちゃんと、間違いない人にも要所要所で会ってるのが松子のすごいところで、オーナーのあかね(秋野暢子)は松子を気に入り働けることになりました。

秋野暢子をドラマで久しぶりに観ましたが、カッコよかったなぁ。特に同僚たちに松子の「出自」がバレていじめにあっている時にかばう場面、鏡をみながら「ココが正念場だよ」と励ます場面など、松子が踏みとどまれる足がかりになってくれそうじゃないですか、赤木さん(北村一輝)同様に。

松子とめぐみ(小池栄子)の関係は賛否別れるところでしょうね。私が松子だったら、特に同僚たちにバレた後は開き直って、めぐみのヘアメイクをやったと思う。松子としては、ソープと覚醒剤で転落があったから、そういう「アダルトビジネス」には戻りたくないということがあったのかも、とは思うけど。

でも洋一と出会ってしまい、奴は覚醒剤で汚染されてるわけなので、なんかちょっと先が見えてしまったような。予告編で出てきていた神保悟志は厚生省のいわゆる「麻薬Gメン」のようですけど、謎です。

ヤクザの親分らしき人物で美木良介も出てくるみたいだし、次の松子の転落はもっとハードなものになる予感、なのかどうか。奮闘を祈ります。

めぐみはAVの先駆者だったわけですね~。笑っちゃったのはエンディングのクレジットに「宇宙企画」が入っていたことでしたw

[過去のレビュー]
塀の中 嫌われ松子の一生〈6〉
「ごめんなさい」 嫌われ松子の一生〈5〉
覚せい剤そして…嫌われ松子の一生〈4〉
不倫 嫌われ松子の一生〈3〉
極端 嫌われ松子の一生〈2〉
陰惨 嫌われ松子の一生〈1〉

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rukolog2.blog60.fc2.com/tb.php/1531-70166525

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。