fc2ブログ

麻酔抜きの感謝祭 グレイズ・アナトミー2〈9〉 

Thanks for the Memories(邦題:感謝祭の夜に…)

感謝祭とクリスマス。アメリカ人にとってはお盆とお正月みたいな感じのイベントで、家族に関してあんまり触れたくない、触れられたくない、っていう人にとってこれ以上ない居心地悪い時期。そんなわけでSGHの面々の、それぞれの「家族」が見える(最後まで見せない人も約2名)エピソードでした。

グレイズ・アナトミー2 恋の解剖学」はBS・WOWOWで土曜深夜24:00から放送中。

Grey's AnatomyGrey's Anatomy
Original Soundtrack

Hollywood 2005-09-27
売り上げランキング : 13844

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


FC2ブログでの人気ドラマレビューをチェック!

やっぱりみんなのなかではイジー(キャサリン・ハイグル)の立ち位置にいちばん共感できる気がします……。一線級の脳神経外科医とか心臓外科医とかには向かないとは思うけれど。以下ネタバレ。
感謝祭当日。ディナーは6時から。9時にキッチン集合でみんなでディナーの準備しましょう、と張り切るイジーを残してメレディス(エレン・ポンピオ)はコソコソと休日出勤。ジョージ(T.R.ナイト)は父上と兄貴ふたりがやってきて鳥撃ちに拉致され、アレックスは携帯に出ない。

まずビックリしたのが確かシーズン1のどこかでひたすらチョコレートブラウニーを焼き続けていて「何かが足りない」って悩んでいたイジー。料理はできなかったのかw

あのときは超能力者?の人に「ココナッツミルク(だか、刻みココナッツだか、エッセンス…)のはず」って教えられてお母さんの味を思い出す話で、長い間連絡を取ってなかったお母さんと電話で話すというエンディングだったけど。

次にやってきたのはクリスティーナ(サンドラ・オー)とバーク。「バーク先生」の登場にビビリまくるイジーだけど、キッチンが破綻しているのを見て颯爽と手術前の手洗いのように手を洗い、手術をするように感謝祭のディナーをいそいそとつくり始めるバークに今度はクリスティーナがどん引き。

へんなのw

"Where is liquor? Meredith is a WASP. Liquor is like oxygen to WASPs!"

とか言って酒を探しまわるクリスティーナ。ついに彼女もまた病院へと逃げ出します…。

アレックスは再試に向けて勉強するためなのかひとりいつもの隠れ場所にいました。

張り切っているのはいつも通りベイリーだけ。感謝祭は「家族で集まって、なんて言ってるけど家族が集まるからこそ結局は醜い人間の本性がでて、けが人が続出するわけよ。神様に別の意味で感謝しないとね、アハハハハ」みたいなことを言うのにはもう、ひれ伏すしかありません。

応援でよその病院からきている医師が感じ悪くて「自分は凄腕の"ナチ"ってあだ名のついた男としか話はしたくない」とベイリーを歯牙にもかけないため、さっそくその医者に感謝祭ならではの外傷(裂傷など)とかくだらない仕事を次々に振り、ナチの本領発揮v

最後にウェーバーが応援できた医者に「そうそう、あれが"ナチ”だから」って言われ、目が点になった状態で目の前でエレベーターに乗って去っていくベイリーが格好良過ぎでした。

手術でクリスティーナを助手に立たせながら「どうして先生はこんな日まで働くんですか」との問いに「症例をひとつでもいまのうちに多くやっておきたいから。赤ちゃんがきたらしばらくできないからね」ってアッサリ説明してクリスティーナは脇でたじたじ。

「バークだったらいいお父さんにきっとなったのにね」

って余裕の発言までぶちかまされ、修行の足りなさを痛感せざるを得なかったでしょうなぁ、クリスティーナ。彼女の頑なさっていうのはアジア系で同じだけやっても白人と同じようには認めてもらえない、っていう以上に何かありそうなんだけど、まだまだ先かなぁ。

今回のメレディスの患者さんの話は辛かった……。介護施設のベッドから転落して頭を打ったためにSGHに搬送されてきた、16年間も植物状態だった元消防士。メレディスは自分と目が合ったと思い、デレク(パトリック・デンプシー)に相談に。最初は相手にしなかったデレクだけれど、実際に患者を診たら確かに目がメレディスを追っていた。

薬の投与で意識が無事戻ることになるんだけど……。

メレディスが患者に対して何か独特の勘とか、応対するときに患者が心を開きやすい何かを持っているのは間違いがないみたいで、これってやっぱり努力して得られるものではないから凄いなぁ、と素直に思えます。

だから、16年間のあいだに妻は別の男性と結婚して出産を来月に控え、赤ちゃんだった息子は17歳になっていた、そんなこともデレクの口から聞くよりメレディスの口から聞いたほうが患者さんもより受け入れやすかった(けっして受け入れやすい現実ではないけど)。

結局、意識が戻るきっかけになったベッドからの転落でできた血腫のせいで患者さんは死んでしまう。

この患者さん、そして奥さんが言っていた"move on"ということばに動かされたのか、とうとうデレクをあきらめる決意をしたっぽいメレディス。かといってイジーとバークが一生懸命つくった感謝祭のテーブルにつくことは、やっぱりできないわけね。

自虐的になってもあまり意味がないと思うんだけど「かわいそうな愛人のメレディス」ってみられるのがイヤやっぱりプライドが高すぎるんでしょう……。

イジーは料理もできないくせになぜ感謝祭のディナーなんか計画したのか、とバークに問われて、毎日16時間働いて休みもなくて、医者以外の友だちも少なくて、そんな自分たちだからこそ。感謝祭に休みがつくってことは、担当患者が目の前で死ぬのを見ることもない。そんな感謝祭だからこそ「普通の人」みたいな過ごし方をしてみたかったんだ、と話します。

せっかくバーのジョーも呼んで、料理は予定の午後6時にはできあがったけど、誰も帰ってこないので待ちます。つきあってあげるバークもさすが大人の余裕だね。バークのお母さんがレストランをやっていて、だからお料理はお手の物なんだ、っていうのにはちょっとビックリ。

ジョージの家庭環境も意外でした。ジョージはもともとワーキングクラスのおうちに育った俊才だったんだね。だから一見がさつで粗暴なお兄さんたちとは肌がまったく合わないっていうか。お兄さんたちとお父さんはそんな「ジョージー」をバカにしたいんじゃなくて仲間として扱いたくて、毎年感謝祭は猟に誘ってたんだ…。

お父さんのお尻に銃弾があたるくらいのケガですんで、ジョージもひとつ家族のことを学べてよかったと思います。

メレディスは結局イジーたちの様子は外から見てジョーの店へ。隣に座っていいか聞いた男に医者じゃないか、ネチネチ聞いてたけど、次回のタイトルを見ると当分は傷心をその場限りの関係で癒すつもりのようですね(汗)。

バカだなぁ。20代の研修医だったらアリ?本人がどう見ても30somethingにしか見えないから余計そういう態度がイタく見えちゃうんですけど。

[過去のレビュー]
選択 グレイズ・アナトミー〈2-8〉
カップル グレイズ・アナトミー2〈7〉
出遅れた…グレイズ・アナトミー

コメント

なんですかね~

rosedaleさんこんばんは。

ま、不倫カッポーなんてあんなもんなんじゃーないでしょうか(汗)。会ってしまうと意外と冷たくもできず、かといって……みたいな。でもメレディスはmove onの意味をなにげに勘違いしているような気がしてしまいました(汗)。本来、間違いようがないと思うんですけどね。

move onする前に最終確認したいのが多過ぎて。ま、デレクもデレクということで、似合いのカップルかも(爆)。

16年のコーマから…

目覚めて全てが変わってたらそりゃあ驚くだろうに、「みんなmove onしたから俺も」と前を向くあの患者は凄い。そんな患者を見ても前進できないメレディスってほんとに…。あなたこそ目を覚ましなさい、って感じです。元カノに「Do you love her?」と未練タラタラで聞かれても即イエスって言ってやれないデレクにも呆れます。デレクが出てくる時はちょびっとだけメレディスに同情(^^;)。でも来週の予告を見るとまた微妙かしら…。

自分のためにならないですよね~

Jasmineさん二度目のこんばんは。

メレディスがなかなか吹っ切れないのを見ていてキャリーとミスター・ビッグを思い出してましたw 頭がイイとむしろ簡単に吹っ切れないとか、そういう話なんでしょうか(汗)。

クリスティーナの行動は私もまったく謎でした。お互い病院の中でしか知らない、というか共通点がなくて、男性として愛しているのかバークの医師としての才能を愛しているのか混乱してるのかな~とか…。

わからないものですねぇw

早く、吹っ切れ。

こちらにもお邪魔します。
感謝祭ということでもう少しいいエピを期待したのですが、
メレディスがまだ吹っ切れてなくて、なんだか重~い空気のままで
終わってしまいましたね。
クリスティーナはどうしてバークが料理したりと
仲良くしようとするのがイヤなのでしょうね。
TBさせて頂きました。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rukolog2.blog60.fc2.com/tb.php/1547-01cde124

グレイズ・アナトミー2 #13-#14

二週分、まとめ見。割とタイミング良くサンクスギビングネタだった。相変わらず、患者の人生と自分の恋愛を重ねてメロっちゃうメレディスはうざい。#13話最後の「I miss you.」はなんだ。アホか。#14でも患者と自分を重ねるんだが、今回の患者は16年のコーマから目覚めた男
  • [2006/12/08]
  • URL |
  • ME TELLY & ICE CREAM |

グレイズ・アナトミー2 #9

今週のベイリーの名言、「あなた(クリスティーナ)とバーグ先生…、 彼ならいい父親になれた。」 感謝祭を迎えて、イジーはみんなでディナーを計画するが、 メレディスは病院にジョージは父親と兄たちと狩りに連れて行かれて アレックスからは連絡がなく、1人で料理をする
  • [2006/12/04]
  • URL |
  • 海外ドラマDiary |