スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

007/カジノ・ロワイヤル Casino Royale 

〈06年 英・独・チェコ・米制作 144分 おすすめ度★★★★+〉
IMDbの詳細ページへ>>
日本版公式サイトへ>>

アクション映画はあんまり好みじゃないのと「007」の映画はお金払ってみるものではないとなぜか頑なに思っていたのですが、新しいジェームズ・ボンドになったダニエル・クレイグの目の色に吸い込まれそうになって映画館で観てきてしまいました…。お金払って観てよかったですw

「007/カジノ・ロワイヤル」オリジナル・サウンドトラック「007/カジノ・ロワイヤル」オリジナル・サウンドトラック
サントラ

ソニーミュージックエンタテインメント 2006-11-22
売り上げランキング : 2224
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


冒頭からとにかく物凄く走って、飛び乗って飛び降りてケガして、とCG全盛のなかにあってすごいアクションの連続です。このダニエル・クレイグのちょっと口を突き出したみたいな感じが嫌いじゃなかったら、かなりオススメ。以下短めにネタバレ。
本当は5つエイッと星をあげたいところなのですが、とにかく「SONY」が鼻についたので半分減らしました。コロンビア/ソニーがつくってる映画を最近観てないんですけどこんなに露骨にソニー製品PRしてるんですかね(汗)。

ボンドやM(ジュディ・デンチ)が使ってるノートPCはもちろんVAIOだし、スマートフォンはソニーエリクソン、後半に出てくるデジカメももちろんサイバーショット……と、気になりだすともうきりがないくらい"It's a Sony"状態で必死すぎる、と感じてしまう~。

ボンドといえばアストン・マーティンとか、オメガとか、定番のグッズっつーものがあるわけで、そこになんか無理やり入れ込んでるニオイがしてしまい、かなり神経に障りましたw

オメガ シーマスター600プラネットオーシャン / Ref.2901.51 268,000円

クリックで楽天市場のJACKROADにジャンプします。


今回は「最年少のボンド」なんていうのが話題になってましたが私にしてみれば今までのボンドがおっさん過ぎたんじゃないかという気も長いことしてたので、年のころもバッチリ。

Bond on Set: Casino RoyaleBond on Set: Casino Royale
Inc. Dorling Kindersley Greg Williams

Dk Pub (T) 2006-10-16
売り上げランキング : 76
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


物語の後半でものすごい拷問シーンがあるのですが、実は私が初めてダニエル・クレイグに気づいたのが97年の「エリザベス」。ジョン・ギールグッド演じるローマ教皇からエリザベスを殺すべく放たれた刺客なのですが捕まりジェフリー・ラッシュにハゲシク拷問されるカトリック僧で「なんてきれいな目と身体をした人なのだろう」と…。今回も惜しみなく見せてくれます。

つくりこんだ感じじゃない(特に腹筋6つに割れたりしてはいないし)けれど均整がとれていて、すごくカッコイイのでした。若さゆえの自意識過剰と自信(繰り返しegoということばで表現されている)、そして傷つく、というお話で、アメリカのCG過多な昨今の大味なアクション映画(予告編を見ただけでお腹いっぱい状態)とはまた少し違った雰囲気の仕上がりになっていました。

PERSOL 2094-S 横長セミスクエアサングラス METAL 513/31 12,900円

画像クリックでイタリアンアクセス ケ・ベッラへどうぞ。


それと「ボンドガール」ということばがあんまり好きじゃないんですけれども、ヒロインのヴェスパー(エヴァ・グリーン)が美しいだけでなく超知的なのが最高にクール。フランス人ということですけどほぼパーフェクトなクイーンズイングリッシュを話してたんじゃないでしょうか。英語がダメだったとき用の「設定」がラストにわかって、なるほどなぁ、と。

ジャンカルロ・ジャンニーニを渋い役で観ることができたのもよかったです。彼が演じるマティスは敵か味方かわからない、という状態で終わるんですが次回以降も会いたいキャラクター。

アクションシーンはバハマとチェコ、イギリス、イタリアで撮影されたそうで、旅気分を楽しめるのもいつもながら。マイアミ空港という設定なのになぜかヴァージン・アトランティックの飛行機ばっかり映るなぁ、って思って見てたらやっぱりイギリスでの撮影で、ヴァージンから飛行機を借りての撮影だったらしいですw で、リチャード・ブランソンがカメオ出演してるらしいんですけど、気づきませんでした。

世界最大の最新鋭飛行機のお披露目をダメにするテロが計画されるってことでもろエアバスのA380じゃん、って思ったら実際はA340を借りたとパンフに書かれてありました。と、そんなオタク心もくすぐってくれます。

圧巻なのはラストのヴェネチアロケです。実際にあんな風にして中世からの建物を保護/保存しているのだと思うのですがどうやって撮影したんだか…。コモ湖の美しい風景とかも登場しまして、旅情をかなりそそられる作品でもありました。

次回作が早くも楽しみになってしまったかも。

コメント

いいボンドになりそうですね~

えこさん、二度目のこんばんは。

いやー、堪能してきました。あのアストン・マーティンには除細動器もついてるんですね!個人的には車の改造とかやってくれるQが出て来ないのが残念だったのですがああいう仕掛けに走らず、ひたすら生身のダニエル様のアクションを見られたというのも高ポイント。

パンフによるとヴェネツィアではロケしたらしいですよ。あの家は「野菜市場の近くにある」としかかいていなくて、一体どうやって撮影したのかすごく知りたくて。さすがにCGかしらw とか。

ホント、続編が待ちきれない感じです。この私がアクション映画の続編を待望する日が来ようとはw まずは「トゥームレイダー」をもう一度観ないと。

良かったでしょ?

rukoさん、こんばんは!

毒を盛られても、拷問されても、車がひっくり返ってもダイハードなボンド、凄かったですね。
あのヴェネツィアロケ、建物が破壊されるシーンはたぶんセットなんじゃないでしょうか?
確か「ミニミニ大作戦」(クサい題ですが、面白かったです)でやったロケが大ひんしゅくで、以後ロケ禁止になったとか。
続編は2008年公開らしいですけど、期待大ですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rukolog2.blog60.fc2.com/tb.php/1588-d8b86db7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。