スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「京はやしや」のほうじ茶パフェ 

きょうは海仲間と3人、ことしの忘年会でした…。ことしは恒例の冬の温泉に私が体調を崩していけなくなったり、後半には友だちのひとりが減圧症(いわゆる「潜水病」)を発症したりといろいろあり、話は尽きなかったのですが。

トップシーズンなので行こうと狙っていた横浜駅近辺のお店が全滅で横浜そごう10階のダイニングパーク横浜のお店にしました。2時間と時間を切られたのが不本意ながら、大雨が降っていたので駅から濡れずにお店を往復できたのは僥倖でした。

2時間制だったので二次会として同じダイニングパーク内にある京はやしや林屋茶園へ。

ほうじ茶パフェ数ある「甘い物は別腹」メニューの中から私が選んだのは「ほうじ茶パフェ」でした。ケータイで暗いところで撮影したのでちょっとボケボケですけど、スポンジケーキもほうじ茶風味、あんのように見えたものもほうじ茶の味がして何がベースのあんなのかすごく気になりました。


味はものすごく形容に困る味でした(汗)。ほうじ茶の香りがする、としか言いようがない。ただ、あんは思っていたよりしっかりとした甘みがついていたのでみつを使うのは、やめました。

なごみ2005年2月号 840円。画像クリックで楽天市場のtankoshaにジャンプします。お茶や伝統芸能の書籍などで知られる淡交社が楽天にショップを出しているとは…。「茶舗で抹茶を味わう 」で「京はやしや」が紹介されてるみたいですね(京都のお店は三条にあるみたいです)。


日中はすごい行列ができるのか大量に店の外に椅子が並んでいました。入店したのが21:30を回っていたのにほぼ満席だったのも意外というか、人気のほどをうかがい知ることができました。並んでまで食べたい!とは思わないかな(爆)。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rukolog2.blog60.fc2.com/tb.php/1596-0b249248

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。