fc2ブログ

胸キュン… ヒミツの花園〈3〉 

ちびちびと4兄弟の過去が明かされていくんだけど例によって「あのこと」とか出てきちゃいましたw 引っ張るんだろうなぁ、このネタで。でも釈ちゃんみたいな人が編集者だったらやっぱり男クサイ4兄弟はやっぱりあんな感じでグラグラするんだろうか?

私の頭の中の消しゴム私の頭の中の消しゴム
イ・ジェハン チョン・ウソン ソン・イェジン

ジェネオン エンタテインメント 2006-03-10
売り上げランキング : 844
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

→月山(釈由美子)が三男の智(要潤)と観に行ったのはなぜか「私の頭の中のクレヨン」でした。あのすっげー日本訛り?な韓国語は何だったんだろう。「ユジナー」のとこしか聞いてなかったですが(汗)。

5年間、敏腕編集長(真矢みき)の下で働いていた間にかぴかぴになってしまった月山。現編集長(田中哲司)からのネームのダメ出し、どうする?という話ですが「胸キュン」を中学校の初恋まで遡らなければならず、相変わらず厳しい日々。

以下ネタバレ。

四男の陽(ひなた=本郷奏多)は「2年連続ミスターコンテスト優勝」しかし不本意、という過去が。長男の航(堺雅人)によれば頭がよくて勉強も好きだったのに高校をやめさせてしまった、と。本人が、そのことに不満なのか別のことにストレスを抱えているのかは先のお楽しみですか。

新連載のマンガにパンチが足りないとダメを出され、それを伝えに行った月山だけれど、花園ゆり子大先生にダメ出しした編集者は今までいなかったらしい。田中ちゃん(寺島進)はどうしていたのだろう。

で、何か提案を、ということで窮する月山。このまんま年とっていくのかなー、ってもうあきらめムードなのか?20代後半の若さで????

最終的に三男に「業務デート」を提案。

着信するケータイに「三男」と表示が出てきて超ウケました…。4人分、長男、次男、三男、四男と入ってるのかと思っただけで笑える。でもケータイの番号は教えてもらったんだね、月山……。

#U-BOAT#5 LEFT HOOK 53 BEIGEイタリア製腕時計 71,400円。(ただし販売終了)

三男の智がしていた腕時計。おっ!ちょっとカッコイイと思ったんですけど。ブランドのホームページはコチラ。ゴツくてかっこいいけどムーブメントはETAだから普通ってことか……。


ま、あとの展開はお約束ってことで。騙された、と泣く月山になんかぐっときてしまう航にいちゃんw それを見てる「地球外生物」の次男、修(池田鉄洋)。料理屋のおかみと神保悟志のネタも、引っ張るなぁ。

航に絡んでくる美大生の女の子がちょっとウザく感じてきてしまいました。遭遇がわざとらしくて(汗)。「ヒミツの花園」なんだから花園にもっとうーんと焦点を絞ってそこで戯れる釈ちゃんでイイと思います。

あとは「月刊石仏」編集長頑張れ~。田中ちゃんと再会しちゃったしね…。オープニングのタイトル中、番組協力に「日本石仏協会」(なななんと公式サイトはコチラ)が登場して軽く噴きました。

[過去のエントリ]
レイチェル ヒミツの花園〈2〉
ケーキが怖い ヒミツの花園〈1〉

コメント

イケテツ発見!

Lady-eさん二度目のこんばんは。

さりげなーく「アンフェア」のポスター貼ってありましたよねw 水曜日にレディースデーで映画観に行ったときちょろっと予告編やってました。ま、新しいネタはなかった気がする(カット割りが細か過ぎて追いきれなかった)。

今回の修もかなりキョドってましたよね。っていうかあそこの店のおかみもさーもっと早く「あら、まだ掃除してたんですか?」にならないとおかしい!とか思ってました(笑)。

で、一昨日の映画を観て「加瀬亮」がすごーく気になってきたので録画したままHDDで眠ってた映画を観たんですよ。そしたらね、出てた。次男が。お腹が弱くて下痢してオダギリジョーにいじられるっていうものすごーくビミョーな役でした(05年の「スクラップ・ヘヴン」という映画)。

こんにちは

rukoさん こんにちは
腕時計には目が行かなかった(^^;
ちょっと残念・・・。

もう映画がらみは小ネタ三昧でしたねぇ
笑った笑った

そして 修ちゃんは 
今回もキモかわですわ(w

映画

smappieeさんおはようございます。

映画に画面が登場しなかったのはもちろん、ポスターもなにげに手作り感あふれてて笑いましたよ…。

肩がこらずに楽しめる、ただ登場人物が少しずつ壊れてる、いまのところはそんな展開ですね。これからは謎が徐々に明らかにという展開だと思うので、その気になれば間に合いますよw

やっぱおもろそう…

おもろそうって思いながらも、日々の日常に追われてみてなかったりしますが、クレヨンには爆笑です。(笑)

どんなお話なんだか…「ユジナ~」って。(笑)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rukolog2.blog60.fc2.com/tb.php/1646-e0b9aad0

ヒミツの花園 第3回

ヒミツの花園 第3回主題があるようで無いストーリーとりあえず今回の夏世(釈由美子)のお題は編集者として作家の能力を最大限に引き出すにはってところなんだけどこのお題に取り組むのは取り組んでも結果は無い?まま終わる(笑とりあえず 夏世が頑張ったのは花園ゆり子
  • [2007/01/26]
  • URL |
  • ALBEDO0.39 |