スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰りました 

オフシーズンのローマに駆け足で行ってきました。現地での様子はがんがん旅ブログにモブログしましたのでそちらもご覧下さい。今後情報をアップデートします。だいたいこんな感じです。いろんな意味でもうだいじょうぶ、と自分に自信がついた1週間でした(汗)。

2月5日(月)
オーストリア航空の赤い彗星たち(汗)客室乗務員さんの制服が目に痛いほどの赤さ、オーストリア航空(OS)でウィーン経由、ローマへ。


2月6日(火)
これでもか、なヴァチカン美術館内午前中いっぱい、ヴァチカン美術館を見学。一方通行なのでエジプト美術館を逃してしまいました…。でもお天気がよくて中を観ることが出来たのは収穫。


サンピエトロ大聖堂の頂上より昼の雨をホテルに戻ってやりすごし、サンピエトロ大聖堂へ。聖堂内だけでなく、地下の墓地やクーポラもくまなく…。最後にミサにも「参加」。



2月7日(水)
カラフルすぎるスイス衛兵さん午前。週に一度しかない法王(ベネディクト16世)の一般への謁見に参加。世界中の人が巡礼にきているのを異教徒の目で観察…。


コロッセオの十字架バスで市内へ移動、コロッセオを見学。やっぱりこの目で見ると鳥肌が立ちます(アテネのパルテノンもそうだったけど…)。


グラディエーター 完全版 スペシャル・エディショングラディエーター 完全版 スペシャル・エディション
ラッセル・クロウ リドリー・スコット ホアキン・フェニックス

ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン 2006-11-30
売り上げランキング : 13945
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



2月8日(木)
ナヴォーナ広場私的「天使と悪魔」ツアー。ローマには教会もたくさんありすぎ、ルネサンス、バロックなど専門知識がないためきわめてミーハーなチョイスで市内の観光名所を本に登場するもののみ選んで。


天使と悪魔 (上)
天使と悪魔 (上)ダン・ブラウン 越前 敏弥

角川書店 2006-06-08
売り上げランキング : 3360

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
天使と悪魔 (下) 天使と悪魔 (中) ダ・ヴィンチ・コード(下) ダ・ヴィンチ・コード(中) ダ・ヴィンチ・コード(上)



トラステヴェーレの裏道「天使と悪魔」ツアーの"終点"がティベリーナ島だったためそのまま下町エリアのトラステヴェーレへ。英語のガイドブックにのっていたチョコレート屋さんのチョコが超美味。


2月9日(金)
アルジェンティーナ広場地下の「猫の天国」終日雨のため、お買い物デーとする。弟の結婚祝いや、お式に着てゆく服などを購入。最後にアルジェンティーナ広場地下にある「猫の保護区」(Torre Argentina Cat Sanctuary)を見学。


ALESSI KETTLE WITH BIRD SHAPED WHISTLEバードケトル・ステンレス。楽天市場のNUTS ALESSI galleriaにジャンプします。税関で「その箱の中身はなんですか?」と聞かれ「やかんです」と答え、検査官さん3秒沈黙してました。


2月10日(土)
空港行きレオナルトエキスプレス本日も雨。7:52テルミニ発の「レオナルド・エクスプレス」でフィウミチーノ国際空港へ。ウィーン経由、11日午前9時成田着。

コメント

OS、まぁまぁだったのでは

Lady-eさん、どもども。

そう、OSだったんですw やっぱりマイルたまったほうがいいかな~とか思って、でもヲタクに近づいてるから欧州系はルフトハンザとSASはもう乗っちゃったから別のとこがイイな~と思ってて、残るはスイスインターナショナルかオーストリアか、ってとこだったんですよ。

パイロットの腕はルフトハンザにはかなわないけど、比較的こまめなサービスはあって、まあまあだったかなと。トイレの数が少ないのには閉口しましたが。こういうところでコスト削減してるのか~!みたいなw

旅ブログは一段落してからのんびり更新して行く予定なのでよろしくです。

おかえりなさ~ぃ(^○^)/

そっかオーストリア航空だったんだ
いっぱい楽しめたみたいでいいなぁ
rukoさんが 本場に行かれてるとき
私は無料券を貰い
ダヴィンチコードを見てきてました
随分差があるけど(笑

旅ブロ ちょっと拝見したんだけど
またゆっくり拝見します

あ、特別機ね・・・
ヲタは皆何故かどっかから 情報をひっぱってくるね
雑誌のエアラインとかにも出てたかもしれないが・・・

ツアーもよしあしですね~

viviさんこんばんは。

そっかー旅ブログにアップされないと思って再送信したんですがココログにいっちゃってたんですね(爆)。気がつかなかったです。ご指摘助かりました。あとで抹殺しにいかなくちゃw

イタリアはフィレンツェ、ヴェネツィアと行っておきたい街は最低2カ所あり、今回の旅である程度感覚がつかめたので次回以降の懸案としたいと思ってます。

ツアーはわたしも考えるのですが、どんなツアーを見ても旅程がキツすぎてわたしには無理といつも思います…。例えばローマだけでも今回まるまる4日いたのに全然見足りた気持ちがしてないのできっとすっっごいフラストレーションがたまると思うんですよ。それに、移動のために毎日パッキングすることを考えただけで悪寒が←超ズボラ

あとはツアーの1人参加料金は高いですよね。ま、8日のツアーで6万アップということは1日1万のアップってことになるんだと思いますが6万円あったらバッグが1個買えるわ♪みたいな(爆)

実はツアーに参加する人の方が行動力や体力もあって、拘束をきらうユルい旅を好む人は基本的に個人旅行なんじゃないかなんて思ったりする昨今です。

マジゆるい日本人は、たしかに…

stanakaさんこんばんは。

>>危害がない程度でお灸をすえられるのも社会人として出るのにはいいかも

すでに成田でやばーい感じの子どもたちたくさんいましたし、ローマでもびっくりするくらいムボービな子たちを見かけました。今はまだ冬なので服装がそれなりですが、観光シーズンで暑いローマの夏のこととか考えたら軽くめまいがw

家族でパックパックはキョーレツですね。わたしもティーンエージャーのお年頃にさしかかったとき、家族でものすごーく服装にそぐわないレストランにどんどん入っていって気後れしたトラウマがあったりします。家族旅行は楽しさ半分、トラウマ半分というか、誰に旅の重点を置くかでものすごく違いが出ますね~。

というわけで写真を整理しつつのんびりアップしていこうと思っております。

お帰りなさい

一人旅だったのですね。
だからブログ更新出来たのですよね。納得
私のRSSリーダーにnew 雑記帳の方に送信されたのが表示されました。
読みにいこうとしたけど、不可でした。笑
旅ブログの方へ見に行けば良かったんだ、、、

フィレンツェにだけ行った事があります
ローマにいきた~~~~~~い?
ずーーーっと思ってるのに、夫は英語圏、それも北米にしか行きたがらない
ツアーが大嫌いだし、、、
私はツアーの方が楽だと思うのですが、、、
一人でツアーに参加すればいいんだけど、勇気がなくって
さすが、行動派のrukoさん!

治安と行く機会

rukoさん、早速の応答ありがとうございます。
とても暖かかったようですね。
治安は気をつけないといけないレベルのようですね。これから卒業旅行でルンルン気分で行く若い人たちは気をつけてほしいけど、危害がない程度でお灸をすえられるのも社会人として出るのにはいいかもと皮肉っぽく思ったりもしています。
ヨーロッパへ行くチャンスですが、1に仕事で、2に気合、3、4がなくて5番目にお金ですね。我が家は借金してでも行きますから・・・。娘は嫌がるでしょうが。どうも、1歳半でベルギー、オランダと家族でバックパックしたのがトラウマになっているようです。
通貨についても経済状況や変動の仕方が違う国が統合するというのは無理があるような気がします。旅行者にとってはいちいち両替しなくてすむのはいいですけど。
ということで、旅行記のアップデート期待しています。

一人旅だからこそ(汗)

stanakaさんこんにちは!

ひとり旅は同行者に気を遣わずにすむぶん、食事や待ち時間などがどうしても手持ち無沙汰になってしまいがちですよね。そんなときにモブログが大活躍(汗)でした。誰かと一緒に行ってたらあんなにたくさん書くこともなかったと思いますw

だって、その場で見た感動とかも誰にも喋れないんですもの…。

ローマは10日ほど前の東京の感じでしたね。最高気温が15度以上まであがり、朝は少し冷える(5度~8度くらい?)。

治安に関しては、少なくともアメリカ人の観光客がバッグをたすきがけにしたりリュックを前に背負ったりしている街っていうのは私は今まで訪問したことがなかったのでそれなりに緊張しました。テルミニではスリの現行犯?で子どもがぼこぼこにされて大泣きしているのを目撃しましたし(汗…でもやっていたっぽい)。

やっぱり、ユーロが高くて強い、というよりは、国情がかなり違うのに通貨だけ一緒、ということがお得に感じるかどうかというのが大きいような気がしました。同じユーロ圏内でもギリシャはとても物価が安く感じたのと対照的です。イタリアも、イタリアをでなければあれでイイのかもしれないのですが、難しいですね~。

>>私は次にヨーロッパ行けるのはいつだろ?

お子さんが育ち盛り、お金のかかる盛りではなかなかキビシイんでしょうか?お仕事も忙しいお年頃ですものね。日本人観光客はやはり若者と60代以降にすぱっと二極分化してる感じがしました。

うらやましい

おはようございます。
ざっと読ましていただきました。モブログ。ああ、こういうやり方も印象をその場で文字と写真にできるのでいいなと思いました。でも、うちの奥さんからは「旅を楽しめ」と冷たい怒りを秘めた言葉がとんできそう。
ローマはそんなに寒くなかったようですね。治安はどうだったでしょうか?身構えて行くと肩透かしをくらったように何もないのだけど・・・・。
円安でお買い物がきついですよね。
私は次にヨーロッパ行けるのはいつだろ?と思いつつ・・・。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rukolog2.blog60.fc2.com/tb.php/1671-8748a56b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。