スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマスペシャル 李香蘭〈前編〉 

昭和の時代や満州に関しては、自分の母親が満州から引き揚げてきたという過去があることもあって子どもの頃から興味を持って本などをわりと読んできました。李香蘭についてもだいぶ前に

李香蘭 私の半生李香蘭 私の半生
山口 淑子 藤原 作弥

新潮社 1990-12
売り上げランキング : 5641
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


これを買って読んでいました。今回のスペシャルドラマに関しては上戸彩には荷が重すぎるのではないかとちょっと心配したのですが、意外にもおもしろかったので今夜の後編がいまから楽しみです。

「ドラマスペシャル 李香蘭」はテレビ東京系で11,12日の両日、20時54分から放送。

李香蘭(山口淑子)全曲集李香蘭(山口淑子)全曲集
李香蘭 西條八十 古賀政男

コロムビアミュージックエンタテインメント 2006-03-22
売り上げランキング : 291
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

→これが本当の李香蘭さん。エキゾチックな美女ですよね~。

FC2ブログでの人気ドラマレビューをチェック!

観る前はマジで勘弁してほしいと思ったのに、初めて菊川怜がよくがんばったと思いました(爆)。以下ネタバレ。
この時代の中国、そしていまの日本と中国の関係を語るとすると、やっぱり踏み込んで描くのは難しいのではないかというのが観る前の私の危惧でした。

しかし、完全オリジナルではなく、山口さんが日経新聞に連載した「私の履歴書」が下敷きになっているため、彼女の目が見て、口から語られるという形で当時の日本の植民地支配の一端が見えて非常に興味があります。

心配していた上戸彩ちゃんも大健闘といえると思います。歌は本当に歌ってるのかしらとちょっと謎?というか疑問に思うときもありましたけど、すごいすごい。

で、菊川怜ですよ……。

男装の麗人男装の麗人
村松 友視

恒文社21 2002-07
売り上げランキング : 7740
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


髪を切らずに「ショートカット風」に見せてたのはちょっとな~と思いましたが、普段だったら登場して一言発するだけでその場をぶちこわす圧倒的な破壊力の持ち主である菊川さんにしては超絶によかったと思います(汗)。

心身ともに苦しい芳子を好演していました。この後彼女と李香蘭は明暗が分かれるわけですが、後編も楽しみにします。

また、李香蘭の周囲の人物、特に長谷川一夫(中村福助)のキャラクターにはビックリさせられました。大スターだけどヤクザにほおを切られ、ライトや立ち位置などにもこだわりや執着があり、それでも李香蘭に演技の指導や助言をする。

そして、甘粕正彦が満映の理事長になったと知り「あんたとはこれきり。あんたのせいじゃないよ」って言う場面などにはゾクゾクしました。

満州裏史-甘粕正彦と岸信介が背負ったもの満州裏史-甘粕正彦と岸信介が背負ったもの
太田 尚樹

講談社 2005-11
売り上げランキング : 168102
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


今までこういう昭和モノを見て甘粕正彦っていう人のイメージに近い人ってなかなかいなくて(竹中直人も違ってたしな~)、今回の中村獅童も若過ぎて重みが足りないと感じました。キャラクターは興味深く描かれてましたが、あんな年じゃないと思う。

満州国を影であやつっていた日本人や関東軍の幹部による「李香蘭ファンクラブ」のなかに岸信介が入っていたことにもビックリでした。安倍首相のおじいさん、といったほうが今の世代にはぴぴっとくるのか……。まだまだ勉強が足りないです。

これから日本が敗れ、暗い後編になってゆくのだと思いますが、最後まで見届けようと思います。

コメント

難しいところ。

Lady-eさんこんばんは。

実際に李香蘭のことを知っているとなると年齢層が相当高くなってしまう一方で、上戸彩という「若者」をキャスティングしたというところで「どこまで踏み込むか」みたいなところが難しくなっちゃうとこですよね。

とりあえず、数字はあまり取れなかったみたいだけど(爆)少しでも戦争を知らないいまどきの人たちに李香蘭みたいな人がいたことを「へぇ」って思ってもらえたらそれはそれでひとつのとっかかりになったと思うので、山口淑子の一生を知りたければ本を読もう、ってことですかねw

しかし、口パクは嫌だ、自分で頑張るといった上戸彩はエライ…でもホントは口パクで本当の李香蘭の歌声が聴けた方がより胸に迫ったんじゃないかと思います。数年前にジュディ・ガーランドの伝記もののドラマを観たんだけど、完全口パクだったのだけど、本物のジュディ・ガーランドの歌声は物凄く胸に迫るものがあったんですよね。女優の顔はそれほどジュディには似てなかったけど結果的にエミー賞受賞したりしたくらいだったし。

こんにちは

rukoさん こんにちは
本当はね 口パクでいきますか?って話しも
あったみたいけど
ご本人が、歌いたいと申し出たみたいよ

うちの母いわく
李香蘭は、もっと澄んだ声だって言ってたけど
人の記憶などあまりあてにならず
うちの母の記憶なんて もっとあてにならず(笑)
なんともだけど

でも、歌が聴けたのは嬉しかったようだ・・・

菅野美穂ちゃんなら口パクで行ったかもね?

山口淑子としの表現ではなく
あくまで 李香蘭のストーリーを
脚色したという メッセージ出して
ドキュメンタリーじゃないことを主張
したんでないのかなぁ>李香蘭の後日談を除いた部分は・・・

しかし おっしゃってたように
ターゲットが見えにくいドラマでも
あったかもしれないですね?
過去の出来事をきっちり描きたくない
部分もあったのかも?
でも、描かないと意味ない部分もありますよね

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rukolog2.blog60.fc2.com/tb.php/1674-89dc7914

テレビ ドラマSP 李香蘭(りこうらん) 前編/後編

2夜連続ドラマスペシャル 李香蘭(リコウラン)/ テレビ東京オンタイムで見たのですが20:54からというなんとも中途半端な時間から初めてくれたおかげさんで途中からみました・・・。歴史に弱い私とすると前編特に 子供時代の流れが速すぎて何が起きたの?って思った瞬間
  • [2007/02/20]
  • URL |
  • ALBEDO0.39 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。