スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狆夫人登場 華麗なる一族〈4〉 

いい加減あきらめよう、これは別モノだ、と思いながらついつい原作と比較しながら観続けています。今回以降は一応いいところもごくまれにあるので、OKポイントとNGポイントをまとめて書く、ということにしたいと思います……。

華麗なる一族」はTBS系で日曜21:00から。

青春の輝き~ヴェリー・ベスト・オブ・カーペンターズ青春の輝き~ヴェリー・ベスト・オブ・カーペンターズ
カーペンターズ ジョン・ベティス アルバート・ハモンド

ユニバーサルインターナショナル 1995-11-10
売り上げランキング : 2308
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

→「デスペラード」はいい曲なんだけど「鉄平、へこむな!」な場面に使われると萎えます。カーペンターズのもけっこうオススメ。カーペンターズ版の視聴をドゾー→Carpenters - Horizon - Desperado


FC2ブログでの人気ドラマレビューをチェック!

というわけで今週のOKとNGを。ネタバレ。
【第4話のOKポイント】
・二子(相武紗季)のお見合いのため、銀平(山本耕史)の結婚式のため登場した小泉夫人(=原作では通称「狆夫人」)が鰐淵晴子で超絶妙だった。

・万樹子(山田優)がテーブルの下の足を見てしまう場面。

・原作にはないけど大川一郎(西田敏行)の「親にとって、子どもの役にたてるほどうれしいことはない」の台詞。「デスペラード」はいらないけど(爆)。

・ロボ将軍のアップがなくなったこと。っつか、鉄平と対話させないでほしい。

【第4話のNGポイント】
・銑鉄をめぐる動きがしつこい
→わざわざ峰岸徹まで出してたけど名古屋に行ってまで銑鉄調達とか、通産省詣でとか、ないし……。

・「話せばわかる」的に鉄平のカリスマ性を無駄に演出した岸壁での沖仲仕と阪神特殊製鋼の職員のもみ合い(原作にない)
→実際はキムタク様がキィキィ叫んでいるだけで、引く。六平直政さんがムダ遣いされてます。

・三栄銀行を巡る一連の動き(これも原作と全く違う)

→原作では銀行副頭取の女を巡るスキャンダルであり、それを、自らも女を邸内に囲っている万俵大介が東京の芥川らをつかって新聞社に情報を流し、それが命取りとなる……というアイロニーがおもしろいのに、まったく別の話にしやがって…。

→大川一郎(西田敏行)のヤミ献金というわかりやすーい話になったが、鉄平のこれまで描かれてきた一途な性格からすると、大川がそんなカネを受け取っていたことに疑問はないんでしょうかw それとも政治家ってそんなもん、って最初からあきらめているのか、通産省に絡む面倒をすべて大川先生に片付けてもらったから何も言えないだけなのか。

・ただの意地悪な女になりさがっている高須相子(鈴木京香)について

→結婚式やいろいろなところ、ことあるごとに意地悪をしていますが、実際は、寧子さん(原田美枝子)ができない家の中のいろいろな細かい差配を日々していて、その気配り目配りが全くなく口ばっかりに見えるのですっごく損。

→結婚式に寧子さんの一族がいっぱいきてたいへんだったと猛り狂っていた相子さんだったが、寧子さんの実家は彼女がおかれているシチュエーションはもちろん理解していて、結婚式にわらわらと押し寄せるようなことは、有り得ない。

【追記】TBさせていただきました。
「華麗なる一族」第4回月夜に晩酌

[レビュー、関連エントリ]
さらに大味 華麗なる一族〈3〉
ロボ将軍再び 華麗なる一族〈2〉
「華麗なる一族」いまさら聞けない?キーワード
神戸はどこ? 華麗なる一族〈1〉
「華麗なる一族」制作発表…

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rukolog2.blog60.fc2.com/tb.php/1675-11d89ea2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。