スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

守護神 The Guardian 

〈2006年 アメリカ製作 136分 おすすめ度★★(制服ヲタさんならあと+)〉
日本版公式サイトへ
IMDbの作品ページへ

日本では連休に封切られたばかりの作品、ほんの数日早く、移動中の飛行機で観てしまいました。もちろん当初から観にゆく予定はなかったんですけど(汗)ほかに選択の余地なくて……。

さよならゲームさよならゲーム
ロン・シェルトン ケビン・コスナー スーザン・サランドン

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2005-09-28
売り上げランキング : 73346
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この映画はコスナーの人気が「アンタッチャブル」でブレイクした直後くらいの作品かな~。若者からおっさんの域に差しかかったキャッチャーのコスナーが若いノーコンのピッチャーのティム・ロビンスを大リーグへ送る、ていう話。この映画もおっさんが若者を育てるっていう話で、なんとなく思い出しました。

でもね、どうしようもなく薄かったんですよ…。残念。以下さくっと。

日本では去年

LIMIT OF LOVE 海猿 スタンダード・エディションLIMIT OF LOVE 海猿 スタンダード・エディション
伊藤英明 羽住英一郎 加藤あい

ポニーキャニオン 2006-12-20
売り上げランキング : 238
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


が無駄に大ヒットしたりしたわけですが、今回のはスクーバに頼らないアメリカ沿岸警備隊のレスキュースイマーたちが主人公。その過酷な訓練はスクーバを使わないぶんもっと凄いと思わされるものはありました。

アシュトン・カッチャーがすごいいい身体してるのも、良ーく分かった。

でもね、カッチャーが演じてたフィッシャーも、コスナーが演じてた伝説のスイマー、ランドルも、人間関係に深みがないっつーか、仕事なのかパートナーなのか、みたいなものすごい基本的なところが薄い。

もちろん、日々死と隣り合わせでいるから敢えて濃密な人間関係を避けるという見方もできるかもしれないけど、じゃ、ランドルがなんでフィッシャーを自分の「後継者」として選び、ラストでああいう選択をするのか、わけわかんね~、と。

2時間あって、そのうちけっこう見せ場の海での救助シーンもありますが、これもまた大味でして、海でどう、というよりはヘリでつり上げられるの、あげらんないの?というところが最大のハラドキなポイントというのも興醒めです。

期待してなかったけど、サムイ映画でした。

コメント

リトルミスサンシャイン

更紗さんこんばんは。

機内誌の表紙が「ディパーテッド」だったのでちっちゃいスクリーンなら我慢してみられるかしらと思ったら日本便では上映がなくガックシでした。

帰りの便では「リトルミスサンシャイン」があったのですが、一発目になぜか原語の英語で観られる設定がおかしくて何度やってもフランス語と日本語しか聴けず、そうこうしているうちに寝たりいろいろあって中途半端な観方になったので結局映画館に行ってきっちり観ないと寝覚めが悪い感じです。

さてさて、制服モノとして観ればなかなかだったですが、コスナーの老いが目立つ作品じゃなかったですか?

フィッシャー(アシュトン)がスイマーとして非常に才能があることは理解できたけれど、あんな形でいかれたら彼がトラウマの上にまたトラウマを塗り重ねるのではないか、また、もう危ない仕事は辞めると告げられた奥さんの立場は、とかいろいろ思って後味悪かったですね。

飛行機の中ですね。

こんにちは、rukoさん。
飛行機中の映画って決められたものばっかで
もっと選択肢欲しいですよね。

さて、薄っぺらいんですけど
結構、制服好きなので、それなりに楽しみました(笑)
違う映画にしときゃよかったかも・・・
ラスト、コスナーが彼を後継者とした理由
私もよく分かりませんでした。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rukolog2.blog60.fc2.com/tb.php/1678-844a6f26

守護神

コメント無きTBは承認致しません。 ★★★ ぷち更紗評/それなりにいい映画でしたよ 海難救助のシーンなんて、見てる方も息苦しいくらいリアル 主人公二人のそれぞれの苦悩も上手く描けてたしね まあ、パートーナーとか、その当たりの人間関係は肉薄なのは 気になったん
  • [2007/02/13]
  • URL |
  • cinema village |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。