fc2ブログ

ましゅまろ 華麗なる一族〈6〉 

山崎豊子さんの小説を読むと「決めゼリフ」とはまたちょっと違うんですが印象的なことばの「繰り返し」が必ずあります。例えばこの「華麗なる一族」だと万俵大介(ドラマの北大路欣也)のエロおやじぶりを評することばとして「ぬるむような」という表現が繰り返し出てきてそれがまた彼のキモさを増幅させてくれますw

今回ついにきました。「公家の女の肌は『ましゅまろ』のようだ」が。でもドラマはますます陳腐で矮小化される方向に走ってますが(汗)。

華麗なる一族」はTBS系で日曜21:00から。

華麗なる一族〈中〉華麗なる一族〈中〉
山崎 豊子

華麗なる一族〈下〉 華麗なる一族〈上〉

by G-Tools


FC2ブログでの人気ドラマレビューをチェック!

銀平(山本耕史)が指摘するように大介がバンカーとして理屈がオカシイことは当然なのですが、鉄平様のような企業経営手腕が正しいとも全く思えないので、めっさ引きます。OKポイントどころかNGポイントを分析するのもくたびれてきますた。以下ネタバレ。

原作の香りを残すOKポイントは、今回も冒頭の台詞以外、個人的にはありません。あの敬介さん(有り得ない似顔絵の主)の声は誰がやってるんでしょうかね~(汗)。北大路さん?

【NGポイント、というより「もう無理」ポイント】
・また神戸の人にケンカ売っちゃいましたねw 高炉建設の作業員を集めるため自ら奔走する鉄平の姿を酔っぱらった銀平が見つけて語る場面。

横浜洋館散歩-山手とベイエリアを訪ねて横浜洋館散歩-山手とベイエリアを訪ねて

淡交社 2005-02
売り上げランキング : 232998

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


神戸と同じように明治維新で開港し、日本を代表する港町として発展してきた横浜には多くの洋風建築が残っており、代表的な建物が「キング(県庁本庁舎)」「クイーン(税関)」「ジャック(開港記念会館)」の愛称で親しまれています。

二人の背後にライトアップされていた建物は優美な塔の上に銅ぶきの屋根の緑青が美しい横浜税関の建物でした…orz

参考:クイーンの塔横浜税関公式サイトより)

もうね、上海ロケは笑うしかないんですけど、神戸をうたっている場所として横浜税関の建物映されたらどん引きだと思いますが…。

・前回も書いた通り沖仲仕の玄さん(六平直政)絡みのエピソードはすべて原作にはありません。
→鉄平様が海に飛び込んで転落した作業員を救うなどという美談も、もちろんありません。こういう本来の物語にない話を入れて盛り上げようと無理にするから、話がブレて散漫になってくる。

地球最大の動物 シロナガスクジラに迫る/中村宏治地球最大の動物 シロナガスクジラに迫る/中村宏治
中村宏治 渡辺篤史

BMG JAPAN 2005-12-07
売り上げランキング : 73285

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


エンディングのクレジットに水中カメラマンの中村宏治さんのクレジットが入っていて軽く噴きました…。高度成長期の神戸港の水質がどんなだったかは考えたくもなく、それも夜、あんな透明度があるはずがない。冬で寒いんだからあんな「溺れたてほやほや」状態を見つけられるはずないよ。

視界不良の港での捜索にいつも苦労してる海上保安庁や警察/消防のレスキューダイバーに謝れ~(爆)!

・三雲(柳葉敏郎)や銀平は鉄平の経営者としてのビジョンなどを褒めてますが、ホントにそう思えますか?
→人員の確保のめどもたたないまま人を集めて突貫工事を決めたこと。銭高(西村雅彦)はかる~く「お帰り下さい」とか言っていたが、契約もあるだろうしそのぶんの賃金だって払わないといけないはず。玄さんが窮地を救ってくれた形になったけれど「何とかなる」「何とかしてみせる」で何とかなってりゃ、正直いって苦労しないのではないか。

ちなみに突貫工事は原作でも行われましたがこういうあからさまに無理な人集めがされた形跡はなかったように思います。このあたりが予告編でも見えていた「火の玉」発生について説得力の有無を分けるような気がしますが…。

・街なかでのロケが難しいので仕方ないんだと思いますが、二子さん(相武紗季)ほどのお嬢様が夜の港の岸壁に、来たりしないんじゃないでしょうかフツーは。

まだまだあるんですけど、もうやめておきます。次回はいよいよアレですね。またどんな安っぽいドラマが待っているのか別の意味で楽しみにしたいと…。玄さんが殺されたりして(汗)。

【追記】TBさせていただきました。
華麗なる一族「第6回」月夜に晩酌

[レビュー、関連エントリ]
誤射 華麗なる一族〈5〉
狆夫人登場 華麗なる一族〈4〉
さらに大味 華麗なる一族〈3〉
ロボ将軍再び 華麗なる一族〈2〉
「華麗なる一族」いまさら聞けない?キーワード
神戸はどこ? 華麗なる一族〈1〉
「華麗なる一族」制作発表…

コメント

レスキュー

icewine5さんこんばんは~。

私、一度は横浜・山下公園の水中清掃にボランティアダイバーとして参加したいんですが、参加経験者から「ウエットスーツがものすごくヘドロ臭くなるからオススメしない」と言われてるんですよね(汗)。とりあえずいまでさえ港の水質なんてそんなもんですよ…。それもあの時代ですからね、どこの南海の孤島かと(爆)。

台詞でも無理、オーラもそれほどないからああいうアクションで鉄平を「飾って」ゆくしかないという判断なのかなと思いますけれど、とにもかくにも何だか残念ですよ…。

次回、どんな膝カックンが待っているのか楽しみかも。日曜は歌舞伎座の夜の部なので、リアルタイムで観ることができません。1.3倍速で観ようっと(汗)。

水中レスキューに苦笑

rukoさん、こんばんは。

第6回の最大の見せ場?はキムタクの水中人命救助&玄さんとの友情エピソードなんでしょうね(苦笑)。
結局、このシーンが強烈に印象に残ってしまって、放送から1週間近く経った現在、他の部分の記憶がほとんど飛んでしまっています。
ある意味、すごい破壊力のあるエピソードだと思いました^^;

ドラマ的にはあの人助けが最後の人員不足のピンチを玄さんが救う話の伏線になってるんですよね。いや~、あまりにもショボイオリジナルエピソードにもう笑うしかないです・・

この調子だと、もしかしたら鉄平の出生も改変される恐れがあるんじゃないかと嫌な予感もしたりします。

来週はいよいよあの場面がやってくるようですね。
rukoさんのおっしゃるように私も別の意味でとっても楽しみですw

神戸じゃない…

Lady-eさんこんばんは。

パラレルワールドものと考えるってことですねw ま、それでもイイですけど、なんかTBSには知人がいるので漏れ聞こえてくる情報からしてもやはり仕方ないかなと思わされるドラマの出来で、なんかね…。

>>若は逝っても玄さん助けたいっす!(笑)

爆笑。若にいま逝かれるとドラマ終わっちゃうから(ま、私は終わってもらってもイイけど…爆)。

あのさ

いや、私はキムタクは嫌いじゃないっすけど

今回は 若は逝っても玄さん助けたいっす!(笑)

で・・この際・・・
神戸とか阪神とかいう言葉は聞こえないことにしてみます?(^^;

脱落したいのにできな~い

Lady-eさん二度目のこんばんは。

>>現在のBLOG書いてる気分は14才の母と同じ気分

あのときは潔くレビューを辞めてしまいましたが(結局最終回まで観た…爆)、今回は愛着もある神戸が舞台なのでやめるにやめられず、毎回ムカついて終わってるという。日曜の晩に精神衛生上非常によろしくありません。

「アレ」とは予告編に出てきていた火の玉のことですが、またそこで奴がヒロイックに頑張っちゃうことを想像しただけで今もう相当鬱なんですけど(爆)。

諦めが…

viviさん、こんばんは。

とりあえずもう第1回の時点で神戸ロケはあきらめたんですけれど、やっぱり見届けずにはいられないんですよね~3年とはいえ神戸に住んだことがありそれなりに想い出も愛着もある身といたしましては…。

>>芦屋の家から左前方に工場が見えるわけない
あれじゃ、「帝国製鉄尼崎製鉄所」の方向ですよね、確かに(爆)。あそこから煙がのぼらなくなってイイの?と相子さんに訊ねられたら、二子さんの答えは「イイんです!」だったりして…。

「クラウンデパート」のこともすっごく謎だったのですが、やっぱりそんなものはなかったのですか…やれやれですね。

あのドラマの中の神戸は、クロージングのクレジットを見ると銀行や繁華街(三宮/元町かいわい)の主な部分は上海、今回のように一部は横浜、そして場所は確認できませんが仙台でもロケをしているようです。また、芦屋にある万俵家は静岡の日本平で撮影し、灘浜(じゃないけど…)を合成しているみたいです…。

もちろん、今じゃ市役所のビルがどかーんと建ってたり、浜側には復興住宅のタワーマンションとかが建ってるからそのままの形で撮るのは無理だと思いますけど、合成で灘浜をああやって付け加えられるのであれば六甲から撮ってみてもよかったと思いますし、なんだか残念ですね…。

神戸空港は羽田便以外もうひとつ元気がなく、JALの減便などが報じられていました。神戸の観光的にももっと本物の神戸を見せてもらったほうがよかったでしょうに、かえすがえす残念です。

いよいよ

rukoさん こんにちは

アレですか! って原作読んで無いから
わからないので
だから見ちゃうってのもあるかなぁ

気分的には、既に
何も考えず見るだけ見ればいいや的な
対象になってるのだけど

くそー書き始めちゃうと
つい引き際が(笑)
って感じで現在のBLOG書いてる気分は
14才の母と同じ気分(笑

オキナカシ

今日は♪
rukoさんが見続けて下さっている事になんだか恐縮しちゃいます。って私が言うのも変ですが、、、
神戸っ子は見ないわけに行かないのですよ。
でも、でも、、、、
原作にない沖仲士ゲンサンストリー、その群集登場、それに涙ウルウルの鉄平。これをクライマックスに持って来るって、、、ありえん展開にドン引きでした。

細かい事を言えば芦屋の家から左前方に工場が見えるわけないんであって、、、ああーーーなんだか神戸に来たことがないのかって思います。
あれは横浜なんですか?
上海かと思ってました
歩いている人は皆中国人かと思ってました

鉄平の奥さんの髪型が気に入りません
時代考証が出来てませんね。
万博前の神戸ってあんなにダサくないです。

クラウンデパートなんかありません
大丸とそごうしかありません。
神戸の地図がわかってなさすぎ、、、

ツッコミ、というよりただの苦情…

Sayopeeさんこんばんは。

いやー、ナイスじゃないですよ全然。もう時間の無駄だから観るのやめようとか思いながら毎回チャンネルを合わせて書いてる自分がいやーん、みたいな(汗)。そして、世の中のみなさんはひたすらに「結末」だけが知りたいのね、というブログ検索結果になんか笑うしかなかったりして。

原作を読んでなくて、キムタク臭が気にならなければそこそこ楽しめるドラマだと思いますけど、やっぱりあの原作があって「白い巨塔」みたいな骨太なドラマを期待していたのでどうしても苦情ばかりになってしまいまつ…。

原作は確かに厚いのですが、ドラマでは半分くらいオリジナルのストーリーなので、そのあたりはビミョーなところだと思いますよ。

こんばんは。
TBしましたのでよろしくお願い致します。

相変わらずナイス突っ込み、楽しませてもらっています。
私なんぞは能天気にドラマを楽しめる…性格にはストーリーを楽しめてしまって、いかんですね(^_^;)。

このドラマ、全10回でしたっけ?だとするとあと4回で終わりですが、あの厚い原作をドラマにするのって、どう考えても無理がありますよね…。
まあ、このドラマに限った話ではないでしょうが。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rukolog2.blog60.fc2.com/tb.php/1692-6994b293

華麗なる一族「第6回」

今回もキムタク鉄平を英雄にするための「あれれ??」な挿話の数々に思わず笑ってしまいました。海に人が落ちた時点で「きっと来る~♪きっと来る~♪」と思って見ていたら、案の定飛び込んじゃいました(苦笑)もう鉄平の話はどうでもいいですが、余計なエピソードに時間を
  • [2007/02/23]
  • URL |
  • 月夜に晩酌 |

華麗なる一族 第6回

華麗なる一族 第6回今回 ハゲタカに力注いだせいもあり(^o^;ますます 気合いが入らない華麗なんで 簡単に大切な物を守るためには男は嘘をつかなければならない時もあると言った大介ずっと嘘つきっぱなしになりそうなムードが漂う(^^;今回は 銀平がとってもまともなこ
  • [2007/02/20]
  • URL |
  • ALBEDO0.39 |

「華麗なる一族」第6回「万俵家の崩壊」

 やっぱり原作が良いので引き込まれていくなあ。ああ、単純で幸せな私(お。
  • [2007/02/19]
  • URL |
  • Blog(ブログ)@Sayopee.net |