スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

臨界点突破 グレイズ・アナトミー2〈17〉 

As We Know It(邦題:死の予感 Part II)

「今日、死ぬかも」じゃなくて「今、死んじゃうかもしれない」という状態におかれた人、親しい人間がそういう場面に直面してそれぞれどうしようか考えるギリギリのエピソードでした…。

グレイズ・アナトミー2 恋の解剖学」はBSのWOWOWで土曜深夜24:00~放送中。再放送は金曜17:00から。

Grey's Anatomy 101: Seattle Grace, Unauthorized (Smart Pop Series)Grey's Anatomy 101: Seattle Grace, Unauthorized (Smart Pop Series)
Leah Wilson

Benbella Books 2007-08
売り上げランキング : 24826

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


FC2ブログでの人気ドラマレビューをチェック!

ギリギリの決断を迫られたときに人間それぞれおもしろいリアクションをするというのはグレイズ・アナトミーに限らずドラマでは散々描かれてきたネタですが、実はいちばんインターンの中で「あきらめない」ポテンシャルをもってるのはジョージ(T.R.ナイト)なんじゃないかと思わされた回でもあったりして。実は単に私がジョージ好きなだけ?以下ネタバレ。

とりあえず最後までメレディス(エレン・ポンピオ)を励まし続けていた、ちょっと昔のアレック・ボールドウィン似の爆発物処理班の人(カイル・チャンドラー)、こなごなに吹き飛んじゃったんでしょうか…。それがお仕事とはいえ、気の毒過ぎました。

前回のハナ(クリスティーナ・リッチ)への説得もそうでしたけれど、静かに穏やかに恐ろしいことをさらっと言う。なかなかできる仕事ではないと思います。

今回もメレディスに「一日中君に厳しいことを言い続けてすまなかった。今は僕じゃなく、誰か君が好きな人に言われてると思って僕の言葉を聞いてほしい」という説得のことばに超納得。

でも、メレディスが思い出しちゃうのはやはりデレク(パトリック・デンプシー)かよ……orz

最後まであきらめずにベイリーの夫、タッカーの手術を続けたデレクも「彼女はどこにいる」と頭の中はメレディスのことでいっぱいです。結局こういう方向なのか…。ウェバー先生の奥さんは初めて?2回目くらいだったかな?気がついてたみたいですね(汗)。このあたり、やはり不在がちの夫は仕事だけじゃなくてメレディスの母親と関係があったことで長い間傷ついてる、そういうことと理解しましたが、切ないです。

何かあったときに「行動する人(=doer)」か「傍観者(=watcher)」か、ってことで前者がクリスティーナとメレディス、後者は自分とジョージ、と分析したイジー(キャサリン・ハイグル)だけどdoの中身がソレかよ、とちょっとガックシ(爆)。

彼女にとってはいざというときにdoerになれるメレディスに嫉妬している、と認めることが彼女の本当のdoだったんでしょうね。

一方のジョージは粘り強くベイリーの説得を続け、アディソンもお手上げだった出産についにこぎ着けました。それに加えて前回、爆弾を押さえていることに耐えられなくなって逃げた救命士のハナも見つけて手当てと勇気づけることができたし……。doerになれた、という自信が次回の予告のアレなのか(汗)?

ベイリーの赤ちゃんは無事生まれ、いったんは死にかけた夫のタッカーも何とかデレクの頑張りで生き抜くことができて、ほっとしたよー。ベイリーは強いけどシングルマザーになっちゃうような安易な設定は嫌だなと思っていたので、特に。ミドルネームに「ジョージ」を入れていたのにホロリ。

最後まであきらめなかったデレクとバーク(イザイヤ・ワシントン)はようやくお互いの名前をファーストネームで呼び合えるようになったね~。それまでの蓄積がけっこう厳しかったのでw とはいえ、ウェバーの後釜を狙う立場のライバルであることは間違いないのでこのふたりの火花は今後も楽しみ。

今回はクリスティーナがどういう立ち位置なのかわからず途中は少しイラつきました。バークが言うように「これはいつもの『イケてる手術』とは違うんだ」っていうことなのかと思ったけれど、やっぱりメレディスとバークが心配だったから、何としてもそばにいたいということだった?と最後にちょっと思えたけど。

それよりは、クリスティーナを危険に晒したくないから手術室から出したい、というバークのストレートな気持ちのほうに胸を打たれたかも。

という感じで大事件もあまり後味のよくない形で一件落着しましたが、また次回以降メレディスとデレクのvicious cycleにおつきあいするのを考えるとちょっとユーウツです。

コメント

主役

rosedaleさん、どーもです。

>>どうせ主役だから死なないしぃ

私も爆発シーンは得意の夢オチとかじゃないかと思ってたんですが、爆発物処理班の人が吹き飛んでめちゃ凹みました。

TRナイトの件はそうだったんですか…。バックステージで大問題なのに、オンスクリーンではもしバークとデレクどちらかを選べと言われたらバークだろ、っていうのはホントに皮肉としか言いようがないですねぇ。

メレディス・・・

爆発で吹っ飛んだときの後頭部バウンスはグッジョブでしたがw、彼女はあっさり助かって爆弾処理ディランが死んじゃったのは納得いきません。どうせ主役だから死なないしぃっていう見方してるから余計、ムカツクのかしら(^^;)。

ジョージ役のTRって舞台時代からゲイゲイしてたので、今更???って感じなんですがw、正式カムアウトが最近だったってことですかね。問題アリアリなアイザヤさん演じるバークに限ってデキル男ってのが皮肉ですねw。
  • [2007/02/26 16:51]
  • URL |
  • rosedale
  • [ 編集 ]

ジョージ

Jasmineさんこんばんは。

ジョージ、いいキャラクターだと思うのに中の人がゲイかどうか、それをバーク役の俳優がどう言ったか、そんなとこばっかり話題になるのがちょいと寂しいです。

爆発物処理班の人はホントに虚脱しましたよ~あんなに近くで爆発したように見えたのにメレディスがあの程度のけがですんだのも、にわかには信じられません(汗)。

こんばんは~
いつ爆発するかとハラハラしましたが、最後の最後でそうなるとは。
あの爆発処理班の人はいい人だったのになぁ。
ジョージは予想通りの活躍でまた見直してしまいました。
この1件でインターンたちもまた成長したような気がしました。
TBさせて頂きました。

眼力

KEIさんこんばんは。

前のエピソードで逃げ出した医者の「ピンクの霧」の話とか思い出し、あの爆発シーンはホントに哀しかったです……。助かってほしかった。ちょっと次のシーズンどんな形になるのか今から気になってたまりません(汗)。

ジョージが地道に一歩ずつ自分を模索しながら成長していっている様子は、すごくイイです。クリスティーナのような飢えた感じもせず、メレディスの天性のひらめきもなく、イジーの独特の感性とはまた違い。こうやって見るとアレックスの医者としての存在感は意外と薄いですね(汗)。

あのベイリーでも、あんな風になることがある、というのが意外だっただけに、ホントにかっこよかったです、ジョージ。

ジョージ、好きです♪

rukoさん、こんばんは。
こちらこそ、ご無沙汰していました。

かなりの緊張感があの爆発の一瞬で自分の中でも思いきり砕けてしまった感じです。
ひたすら爆弾処理班の人を見つめていたので本当に気が抜けてしまって後のことはどうでも良くなっていたけれど、ジョージの存在は大きかったです。
彼は、誰よりもガッツがあるのじゃないかな。
今回、誰が見てもあまりにらしくないベイリー先生を甘やかさず力づけたところなんて、惚れ直しましたよ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rukolog2.blog60.fc2.com/tb.php/1693-b0687066

グレイズ・アナトミー S2-#17 As We Know It

カイルさん、ここでも死亡か(^^;)救命士のハナがバズーカ男の体内から手を引き抜いたため、入れ替えにメレディスが手を突っ込んだところで終了した前回。所詮は主役。死なないのはわかっているが、やっぱり納得いかない(苦笑)。家に帰ると聞かないベイリーに一喝する
  • [2007/02/26]
  • URL |
  • ME TELLY & ICE CREAM |

グレイズ・アナトミー2 #17

メレディスがハンナに代わってカールソンの体内に手を入れて、隣ではデレクが ベイリーの夫 タッカーの手術中、ベイリーは陣痛が始まっているけどタッカーが いないからと出産を拒否。それぞれの運命は…。 ベイリーの出産拒否でアディソンはこのままでは赤ちゃんが仮死状
  • [2007/02/22]
  • URL |
  • 海外ドラマDiary |

グレイズ・アナトミー2 #16&17 ディラン・ヤング

デニー・デュケットに続き、またゲスト・キャラクターに心惹かれてしまいました。WOWOW グレイズ・アナトミー2今回は、すぐに別れが来てしまったけれど...患者の体内に不発の砲弾...それを止血のために体内に手を入れた救急隊員が掴んでいる可能性が。一方、ベイリー先生は
  • [2007/02/20]
  • URL |
  • There for you |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。