スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真田幸隆登場 風林火山〈7〉 

晴信初陣

タイトルの「初陣」までたどりつかんかったやんか……。一方の勘助(内野聖陽)のRPG的仕官の旅はまだ続いていて、あとフラグがいくつたつと甲斐に戻って軍師になれるのかw という状態ですが、楽しみにしていた真田幸隆(佐々木蔵之介)が登場したので、ヨシとします(笑)。

大河ドラマ「風林火山」は日曜20:00からNHK総合で放送中。BS-2は22:00、BS-hiは18:00からそれぞれ放送。

風林火山風林火山
井上 靖

新潮社 2005-11-16
売り上げランキング : 1448
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


FC2ブログでの人気ドラマレビューをチェック!

原作があっさりさっぱりしている分、1年もたせるためには脚本の大森寿美男さんの手腕が問われるところですが、今回は勘助の原動力になっている「恨み」をキーワードに北条氏康(松井誠)と真田幸隆の人生観のようなものが垣間見え、非常に見ごたえがありました。以下ネタバレ。


前回は若干おっさんくささが鼻についてしまった北条氏康ですが、今回は慣れたのかあまり気になりませんでした…。勘助との率直な対話、武士たる者として自分が臆病であることをきちんと認識し、それを他者にも言えるというのはやはり只者ではないと感じました。

また、素直に祖父(=北条早雲)と父(北条氏綱=品川徹)のグレイトさを認め、畏怖して自分がそこには及びもつかないと分析している点も含め、今後の武田-今川-北条 の三国を語るにおいて「立ち位置」が明確になってゆく感じがします。

「恨みもまた人の欲に過ぎぬ。己がしがみつく欲じゃ。欲にしがみつく者、また平然と人に媚びへつらう。愚にもつかぬ噂を信じ、わしに取り入ろうとしたのもそのせいじゃ。欲に目がくらめば真の敵は見えぬぞ。戦は欲を満たすためにするものではない。国を守るため、救うためにするものじゃ」。
(おっさんですが--しつこい--若殿の台詞より)

今後に期待!

勘助をサザエに例えたのもナイスでした。見た目は悪く、食べれば美味いがよく火を通さないと腹を壊す。美味いのやもしれぬが、今は食す気にはなれぬ---とは。

対照的なのは真田。取り入れの季節の景色がキレイです。演じている佐々木蔵之介さんは知ってる人は知ってると思いますが京都の酒蔵のぼん。

聚楽第 純米大吟醸 720ml 3,310円

画像クリックで楽天市場のワイン生活を応援する Wine-netにジャンプします。

ちなみに佐々木酒造の公式サイトはコチラ。リンクが蔵之介さんのファンのサイトが多かったりするのが微笑ましいっす。


さてヲタクではないのでちゃんと調べたことはなかったんですが「牧をつかさどる」って言ってましたね。「誰の話もよく聞く」ということは、情報収集能力に長けているということ。そして自らの弱点(家臣は基本的に馬の飼育には長けているが戦上手が少ないということ)を知り、勘助に食客として城に留まるよう提案。

恨みの定義がまたユニーク。

「恨みは戦場で人を強くする。足下をすくうのも恨みじゃ。要は、(恨みを)使いこなすことが肝要なのじゃ」。
(真田の台詞より)

確かに、ユニークなキャラクターです。彼も今後ますます大期待。

それにしても、村上義清との戦を川べりでどう戦うべきか、と語る場面。勘助が提案したのって、もろ「啄木鳥の戦法」じゃないですか(爆)。軍を分け、背後から敵を襲い、押し出された敵を倒す、と。冬は確かに寒いから物凄く効果がありそうな気はするけど…。これは今後の川中島へのフラグになるのかどうか、気になるので忘れないでおこう。

一方の晴信(市川亀治郎)。なんだか、親子でこじれるともうどこから何から手をつけていいのか、本当に途方に暮れる、という典型的な話だった気がします。三条の方(池脇千鶴)の健気なサポートも甲斐なく、あんな形で息子を罵倒するなんて、お屋形様(仲代達矢)…。

何も語らない晴信とお屋形様の間にたつ形になって萩乃(浅田美代子)の追い立てられる近習の駒井さん(高橋一生)お気の毒でした。

晴信もまた例によってビッグマウス君なんで言わなくてもいいのに「初陣頑張る」とか言っちゃうし……。うまくいかんかったらどうすんの…。

コメント

いらっしゃいませ

便器工事士さん、はじめまして。

北条氏康さんは珠玉の名言が多いので発言するときはなるべく再録するようにしています。私には意外と押し付けがましいとは思えないのですが。

取り出した物を気に入っていただけて幸いです。

七味の氏康だな

↓の言葉に惹かれて飛んできました。
「愚にもつかぬ噂を信じ、わしに取り入ろうとしたのもそのせいじゃ。」
一向宗じゃけど、ありがたいお言葉じゃ。
南無阿弥陀佛。
  • [2007/09/22 20:17]
  • URL |
  • 便器工事士
  • [ 編集 ]

氏康さん味ありますね~

けいさん、こんばんは。

いやー、サザエの例え絶妙でした。勘助の見た目で仕官を拒否した今川義元と対照的ですし。

「わしは浪人には寛大でな」

っていうあたりもなんだか素敵。

真田幸隆は「武田信玄」のときも橋爪功さんが演じててかなり奇矯な人(籠城している人に降伏を説得にゆくのに自分がもう死にそうな落武者ルックでいって本当に説得するとか)だったので、今回、蔵之介さんにどれだけ美味な場面があるのか今から楽しみです。鎧兜姿もかっこよさそうですしね~。

>>川べり談義

ですよねですよね?きっと川中島の前にどこかで試してタイトルが「啄木鳥戦法」とかになったりしたりして(笑)。

おっさん

rukoさん、こんばんは。
おっさんの例え話は長いですね!
って氏康本当は若造なんですよね(^^;
いやでも、いい人ですよね。びっくりしました。

そしてついに登場真田幸隆!しましたね~。
あんな変わった人だったなんて!(笑)
最初はどーなん?って思いましたが、見てるうちに面白くなってきましたよー。
川べり談義、私も思いました(笑)
もう?
もしかして川中島の前にも使った事あるのかしら?

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rukolog2.blog60.fc2.com/tb.php/1694-7bef7b73

「風林火山」第7回

出てくる人出てくる人面白いねーこの大河は。まず北条氏康。やさしいけど厳しい、みたいな人。勘助の「恨み」が戦を見極める眼を曇らせてると判断。普通なら斬られておかしくないとこなのに、放逐してくれた。いいお人だ。こういう人は先生に向いてる気がする。そして真田幸
  • [2007/02/20]
  • URL |
  • パストラストにぁ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。