スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仙台の美味なもの(1)「おとうふかまぼこ」と牛タン 

仙台には仕事で2度ほど行ったことがありつつも何しろ仕事なため、ご当地の美味なものなどを食べる余裕などほとんどありませんでした。ちょっとオフで行ってきたので美味しかったものをいくつか紹介しておきます。

今回の美味なものは主に仙台駅ビルのS-PAL(JR系の経営で首都圏ならアトレみたいな感じ)地下の「仙臺みやげ館」で確認しました。

ココの充実ぶりはハンパではありません。試食のすすめ方も東北ってこういうキャラもありなのか?というくらいラテンとも言える明るいノリで、みやげ館を一周すると満腹になってしまうほどw

1.おとうふかまぼこ

仙台といえば笹かまぼこが有名ですが、オーソドックスな笹かまぼこはけっこう食べると添加物のあじがぐーっと押してくるものなんかもあるし、正直個人的にはあまり好きではありません。

仙台は蒲鉾の専門店がたくさんあるのですが、最近のヘルシー志向を受けて出てきているのが「おとうふかまぼこ」。すり身と一緒に豆腐を混ぜて、食感としてはややはんぺんに近いかな。

私が好きなのは塩釜の「直江商店」おとうふかまぼこです。私はふだんあまりデパ地下などでも試食はしないほうなのですが、前回仕事できたときに新幹線改札口からあまり遠くないところでおばちゃんに差し出されて食べたこのおとうふかまぼこが美味だったのが忘れられず…。

おとうふかまぼこ」をうたっているかまぼこ屋さんはほかにもあります。例えばこんなの。

国産大豆100%使用 「おとうふかまぼこ(単品)」130円。

クリックで楽天市場のかまぼこの鐘崎にジャンプします。


これ試食しましたが「直江」のには弾力感やふわふわ感で残念ながら追いつきませんw 隠し味としてタマネギのみじん切りが入っているのでタマネギ嫌いな方はちょっと…かもしれませんが、このネギの食感がまた美味しいんですよ~。仙台に行ったらぜひ。

2.牛タン

仙台といえばやはり牛タン。老舗でいえば「太助」なんかが有名で首都圏にも支店をよく見かけますよね。今回はココのをいただきました。

牛たん炭焼 利久。仙台市内にもたくさん支店がありいわゆる「専門店」にありがちな牛タン定食のみではなく「クリーム煮」とか「プロヴァンス風」などの調理法のほか居酒屋風のメニューもたくさんあるのが特色。

牛たん うす切りみそ味(100g)450円。クリックで牛たん利久楽天市場店にジャンプします。会社のサイトでオンラインショッピングもでき、そっちのほうが品揃えが充実してます(汗)。


牛タンといえばBSE(いわゆる狂牛病)でアメリカからの牛肉輸入がストップしたため、仙台で消費される牛タンの7割が米国産だったことからちょっと話題になりましたが、利久の私が行ったお店にはアメリカの牛マークがついていたと思います。

オージービーフの牛タンを使っているのを確認できたのはココ。ここも有名店で、レトルトパックのタンのお味もなかなかでした。

牛たんの老舗「きすけ」(ホントの「き」の字は数字の「七」を三つ重ねた字)

きすけの牛タン詰め合わせ 塩&味噌&たれ味(120g×2)6,300円

画像クリックで仙台牛タウン 楽天市場店に飛びます。前述の「利久」や「るるぶ」などでも紹介されてる「べこ政宗」(笑)などの商品も買えますね。


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rukolog2.blog60.fc2.com/tb.php/1705-d04825a6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。