スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦国DIY 風林火山〈8〉 

奇襲!海ノ口

あんまり前半で飛ばすと後半に予算が足りなくなって軍議のシーンばっかりになってしまわないかと余計なお世話的心配をしてしまうほど今回は海ノ口城を巡る攻防戦に迫力がありました。刀と刀が当たって火花が散るみたいな殺陣、最後に観たのはいつだっけ…?

服部半蔵 影の軍団 BOX(初回生産限定)(DVD) 33,600円

板垣信方を演じる千葉真一さんの脂の乗り切ったころのテレビドラマです。残念ながら観た記憶がない……。時代劇専門チャンネルとかでやってくれないかな。


FC2ブログでの人気ドラマレビューをチェック!

というわけで今回はひたすら前へ進む「勝ち虫」であるトンボがトレードマークの板垣様が二刀流で大活躍。カッコよすぎ。でも、この展開だと決定的に父の信虎(仲代達矢)とは決裂だよね、若殿(市川亀治郎)…。以下ネタバレ。

今週の勘助(内野聖陽)は真田幸隆(佐々木蔵之介)の使者として海ノ口へ赴き、城主の平賀源心(菅田俊)に会い、結果として平賀の手伝いをしつつ武田軍を迎撃することに。

火矢を打ち込まれたときの対策として壁や櫓に泥を塗るとか(乾いてもOKなのか、常に湿り気を与えておかないといけないのか気になったりして)山間の一本道を攻めてくる武田軍に木を落とすとか、負けたら死ぬしかないから次々に自分達でできるベストを尽くしていきます。

力押しすれば3日もあれば落ちる、とたかをくくっていた城は落ちる気配なし。

今回は合戦シーンということで久しぶりに鬼美濃こと原虎胤(宍戸開)や教来石景政(後の馬場信春=高橋和也)も登場しますが、勘助と平賀たちの前にいいとこナシ。金掘衆(?)が登場しましたね~。

武田のエライ人は飯富(金田明夫)、諸角(加藤武)、甘利(竜雷太)、そして小山田(田辺誠一)となっているみたいなんですけど、板垣さんはノンキャリなんですかね。いくら若のもり役でも軍議にいないのがヘン~。あとは小山田と原、教来石の年齢がいまいち役者さんから推定できなくて、なんで小山田ひとりだけエライわけ、とか思ってしまいますw

結局、雪が本降りになってしまって兵糧も尽きたことから武田軍は陣を払い甲府へ戻ることに。そこで晴信はまた父親と無駄に(爆)摩擦を起こしてしんがりをかって出ます。そこまでして栄誉がほしいのか、と満座の前で嘲る父に眉根すら動かさない晴信は決意を秘めてました。

「兵糧がない」というのがどういう事態なのか「馬をつぶして食べる」なんて言葉が出てくるのですごくリアル。伝助さんこと伝兵衛さん(有薗芳記)、太吉さん(有馬自由)きょうも「戦国サラリーマン」のいい味が出てました。

肉も食べさせてくれるしお酒も飲ませてくれる。そんな若殿がうらは好きだ~、っていう太吉さんの素朴な感じが大好き。今回も、初回のように鬼美濃様の下で働いていたら城攻めで討ち死にしてたかもしれないから、板垣さんとこに転職できてよかったじゃないですか(汗)。ふたり、あんまり痛ましい死なせ方しないでほしいな…。

結局、晴信はいったん城から退くと見せかけて一気に引き返して城を急襲します。

板垣様大活躍すぎ~~~。晴信なんか、すり足して刀抜くタイミング考えてる場合じゃないって、斬られて終わりだって!とつい焦ってしまいましたが。

戦国時代の城攻めというと、敗れるほうの悲劇のようなものはあまり踏み込んで描かれないことが多い気がしますが、今回はそれをよく見せてます。

結局その気持ちがあだになってしまいますが平賀の家臣を思いやる気持ち、破った武田の兵も弔う読経の様子。一心に祈る平賀の妻、行く末を案じる娘の美瑠姫などなど。

最後に近藤芳正さん。「カッコイイ」と思ったことなかったのに今回の相木さんには驚きましたよ~。ま、落城のときに美瑠姫を連れ帰ったのにはもっと驚きましたが(汗)。もうちょっと出番がありそうで楽しみ。

地方の豪族の名前が出てくると、場所が地図に落ちる感じがしてイイですね。「相木」と聞くと、群馬と長野県境で、85年に日航機が墜落したのではないかとされた「南相木村」なんていう地名を思い出します。

****に刃物、平蔵(佐藤隆太)に武器、って感じですね(爆)。弓矢を狙うのが下手で太吉さんもお尻をかすっただけですみましたが、今度は若殿狙って、放っちゃったよ。金掘衆が地下トンネル掘ってる音聞こえるんだからさ、平蔵が弓矢絞ってる音すぐ聞いて止めろ、勘助!

さー、来週はまたいろいろ「華」が登場しますね。水川あさみに桜井幸子にそしてそして不安と不安と期待が入り交じる由布姫(ゆうひめ)の柴本幸。どーなる?

コメント

ちょっとヤバイですよね~

ままこっちさんこんばんは。

>>ガン見

に大笑いさせていただきました。それくらい、毎回千葉さんの殺陣には迫力ありますからね~。でも実は信虎様が非道い人なので板垣さんが晴信さんに対してとっても得をしているんじゃないかと思いました。

でも調べてもっとビックリしたのが千葉さん1939年生まれでした。凄過ぎます。

「新選組!」は池田屋のセットにお金を使い過ぎちゃったんじゃないですか(笑)?鳥羽伏見の戦いは弾丸を割った源さん(汗)とか、懐かしいですねぇ。

板垣様!

rukoさん~
私も毎週、勘助もさることながら板垣様があまりにもカッコいいので、すっかり板垣ファンとなってガン見してますよ(笑)
今回も非常ーーーーにオイシイ場面ばかりでもうお腹いっぱいになっちゃいました♪勿論勘助もカッコよかったです!
ロケがたくさんあって、後半予算不足なのでは、は私も心配しています。だって、あんまりロケのなかった「組!」ですら、鳥羽伏見がスタジオだった時には噴飯ものを通り越して泣きそうでしたから・・・(懐)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rukolog2.blog60.fc2.com/tb.php/1712-dc06b4d5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。