スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病み わたしたちの教科書〈1〉 

ドラマレビュー友だちのけいさんと話していたんですが、やはりこのドラマの難は脚本ではないかと…(汗)。私が思うに、なのですがこの方、今の世の中をうすーく、浅く切り取るのは上手だと思うんですよね(例:「トップキャスター」)。でも、なかなか深みを出せない。

今回、教育現場の荒廃と子どもたち、というタイムリーではありますが非常に多面的な内容を盛り込まざるを得ず、第1回の放送を見る限りは意欲はありそうですが、それがクール最後まできちんと描けるのかが、意欲が見えるだけに逆に不安になってしまいました。

わたしたちの教科書」はフジテレビ系で木曜22:00から。

4月限定26%OFF◆14才の母 14,141 円

クリックで楽天市場のい~でじ!!シネマにジャンプします。

→とりあえず志田未来様&同級生に谷村美月ちゃんってあの……。超デジャヴ~なんですが。

FC2ブログでの人気ドラマレビューをチェック!

登場人物が相当数いるため、とっても説明的かつ人物紹介色濃厚な初回でした。みんな病んでます。そんな荒れ果てた世界に流れるラフマニノフのピアノコンチェルト2番の第2楽章アレンジ…。憎い。以下キリがないので、さくっといきたいが…ネタバレ。
えー、初回で志田未来が死んじゃいました~。後はフラッシュバックのみの出演か…。

冒頭、診療内科医でいじめの専門家である日野(小市慢太郎)に話を聞いて

「いじめには、いじめられる側に問題がある」

と冷徹に言い切っていた弁護士の積木珠子(菅野美穂)が義務教育中にもかかわらず学校を辞めたいと相談にきた藍沢明日香(志田未来)に冷たく接したことを悔やんで?「立証するのは相当難しい」いじめの存在に挑む、そんな感じのお話になるのかな…。

あなた、藍沢のなんですか!の質問に「母親です」と答えていた珠子さんですが、ま、彼女の母親というわけではないが、きっと「子捨て」しているんじゃないかな~(汗)。彼女がこれからこの事件をきっかけにどう変化してゆくのか、ここは見どころ。

一方、臨時教員として西多摩市立喜里丘中に赴任した加地(伊藤淳史)。アツイ…。学校の先生たちはみんな訳アリっぽいです。

校長…存在感ゼロ。
副校長(風吹ジュン)…「生徒は顧客です」と言い切り、校内のことは彼女が仕切り。
社会科・大城(真木よう子)…「教師は聖職です」。ロボットのようで、同僚たちのリーダー的存在。
英語・吉越(酒井若菜)…キャバクラ?で夜のお仕事。
体育・戸板(大倉孝二)…なんでだか知らないがお金に困っている。
国語・熊沢(佐藤二朗)…中学生or高校生の娘は深夜に「ウザイ」とのたまい外出。
数学・八幡(水嶋ヒロ)…フィギュアなどに囲まれた部屋で「死ね」と書いたメールを誰かに送っていた。

こっち側にいる我々は、冒頭の珠子と日野の会話などから当初から明日香は明らかにサインを出していることがわかっているので若干もどかしく感じます。気づきに遅れたことを珠子が悔いているのはそのあたりのこともあろうと思いますが…。

手を執拗に洗わないと気が済まない、というキャラクターについては

サイコドクター DVD-BOXサイコドクター DVD-BOX
竹野内豊 羽田美智子 市川実日子

バップ 2003-03-19
売り上げランキング : 19081
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


思い出しますな~。

また、加地も、こういうご時世なんだし、児童保護施設で生活しているという明らかに「異物」である明日香はいじめられている可能性がある、とみて明日香本人とも、2年3組の面々と接するべきだったのではないか、と思わずにはいられませんでした。

中盤の「集団ヒステリー(?)」はなかなか激しくて見ごたえがあったんだけど、あれがどういうメッセージなのか、日頃悲しいことに比較的起こりうることなのか、珠子さん以上に中学生と縁のない私にはさっぱりわからず、歯がゆかった。

きっかけになったふたりのケンカはいわゆる「限度を知らずにやっているうちに本当に殴ってしまい、相手がマジギレ」でわかるんだけど…。

学校現場というのは非常に特殊で、通常でも情報をとにかく外に出したがらない性質があります。「いい話」のはずなのに、直接当事者に話を聞けないとかね。というわけで、いったん何か起こるとヒジョーに防御能力は高い、というか全力で防御してきますので加地はうかうかといじめの証拠になるような品物を学校に持って行ったりしないほうがいいような。

というわけで(程度の差こそあれ)登場人物全員が病んでいる、というのは、言ってみれば現代社会を象徴しているとも言えますので、冒頭書いたようにかる~くはぎ取って終わるのか、もっと考えるドラマになってゆくのか「経過観察」です。

コメント

トップキャスターを思い出すと

Lady-eさんどもども。

>>問題材料だけ取り上げていくかなって思ったり

近作のトップキャスターを思い出すと天海祐希と矢田ちゃんだけで充分なのに毎回みんなの問題を取り上げてたことを考えると、あくまでも志田未来の事件はそれぞれの闇の部分を表面化させる触媒に過ぎないみたいな扱いになる可能性がありますよね。

私も途中脱落はアリだなとは、思っておりまする。軽く、病んでる大人をステレオタイプ化するようなドラマ観たって仕方ないですから…。

うんと

rukoさん こんにちは
私はこのドラマ見続けるなら
視点がブレそうな 周囲の出来事はカットして
問題材料だけ取り上げていくかなって思ったりしてますが
書き続けるかはまだ不明(^^;

それから、裏はですね
初回だから書いたけど 見ないかも(^^;
キャスティングがねぇ・・・
海猿使ってちゃな・・・みたいな感じ(w

最大の不安材料ですよ

Lady-eさん、どもどもです。

まったくご指摘の通りで大きく風呂敷を広げてしまった以上、頑張らないとイカンと思うです、脚本家の方は。教育問題って本当に難しくて生半可な取材では描ききれないし。井上由美子をもってしても「14才の母」があんなメロドラマになってしまったことを考えるとかなり先行きは厳しいのではないか、と思っていれば意外によければもっと楽しめる…

と、かなり引いて観てますw 裏のレビューはLady-eさんので楽しみにします(っつか、私は観ないから)。

風吹さん

けいさん、こんばんは。

風吹さんは「いいお母さん」的役がずーっと続いていたので久しぶりのイメチェンというかそんな感じがします。髪をきゅっとアップにして、フレームつきの眼鏡で首からかけられるようにして…。

生徒は顧客だから、「指示するのはおかしい」的なことを言うわけですよ。「世界を変えられますか?」という質問には「勉強すれば、君が変えられるかもしれない」と答えろ、と。

とりあえず病んでなさそうなのは臨時教員の伊藤淳史だけみたいですが、この世の中公私ともに充実して仕事できている人なんてどれくらいいるのかという話もあり、先生だって例外じゃないよ、ということなのかと。

どっちみち、どれくらい深く掘れるか。けいさんと私の懸念が当たらないことを祈りたいw

面白いといって・・・

rukoさん こんばんわ

面白いと言っていいかわかりませんが
この手のドラマは、うす~く剥ぎ取っても
つまらな~くなる気がするんですよね

せっかく菅野ちゃん使ってるんだし
いや~なところまでブスブス追求しないと
もったいない気がするな
世の中そう動くかはわからないにしても
ここで こうメスいれないと 終わりでしょ
くらいな勢いで書いちゃって欲しいと思います<個人的には

あ~そうだった
サイコドクター 手 洗いまくってたよね
こいう心理描写とかも
リアルに書いてくれると
私は食いつくんですが・・・

病み病

rukoさん、名前を出していただいて、ありがとうございます。
私は裏のヘンなドラマを見ていたので(笑)見なかったのですが、全員が病んでるって凄いですね。
人だからそれぞれ問題を抱えてるのは当然なのですが、行き過ぎるとツライそうです。
生徒は顧客って、公立(ですよね?)の教師が言うのは、なんだか妙に感じますわ。風吹さんがそういう役やるの、珍しいですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rukolog2.blog60.fc2.com/tb.php/1781-aada01ce

わたしたちの教科書 第1回

フジテレビ 木曜 夜10時わたしたちの教科書 第1回加地耕平(かじこうへい)今時 少なくなった?タイプの先生かな?体調不良の先生に代わって着任した元気の無い教室に・・・。病んでる学校病んでる先生、病んでる生徒・・・どうぶつかっていくのでしょう?イメージでき
  • [2007/04/14]
  • URL |
  • ALBEDO0.39 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。