スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カウントダウン ザ・シールド〈5-10〉 

Of Mice and Lem(邦題:策謀)

いよいよ次回シーズンフィナーレということでグイグイいろんなことを詰め込んできました。それにしてもとにかくレン(ケネス・ジョンソン)がかわいそうで泣いてしまいそうです…。

ザ・シールド~ルール無用の警察バッジ~」第5シーズンはCS/ケーブルのAXNで。5月7日(月)は第5シーズン最終回。放送は7日23:50から1:10までと80分の延長枠になっていますので録画組、番組表タイマーセット組の方はご注意!

The ShieldThe Shield
Original TV Soundtrack

Silva Screen 2005-09-05
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


FC2ブログでの人気ドラマレビューをチェック!

それにしてもエグいことになってまいりました。以下ネタバレ。

血反吐(ちへど)を吐くという表現があるけど、レン、ストレスで胃潰瘍。あんなに血を吐いて……。キャヴァナー(フォレスト・ウィテカー)、許せ?ん。

ヴィック(マイケル・チクリス)はやむを得ずアントワン様からの依頼を受けることに。しかしいくらなんでもLAPDの盗品保管庫からお金を盗み出すなんて、もし顔バレとかしたら結局は今シーズンでキャヴァナーが登場してくる元の「テリー刑事射殺事件」と一緒になっちゃうじゃないか…。

と思っていたら案の定、警備をしていた警官は射殺されることになってしまうわ、お金はアントワンの手に入らないわ、とほぼサイアクな結果に。

レンはもう司法取引に応じて楽になりたい、と言うけど、アントワンの息のかかった囚人がどの刑務所に行ってもいる、生きてレンを刑務所の外には出さないという主張にヴィックが危機感を覚えるのも当たり前です。

でもだからといってまたキャヴァナーを挑発するように元妻のところにいってあんなことしなくてもねぇ(汗)。

それを知ったキャヴァナーと元妻の"come"と"go"の台詞の応酬が寒過ぎました。

かなり土壇場にきてるのは署内も一緒。クローデットの階段落ちと膠原病の一件がチーフの知るところとなります。ブチ切れたクローデット、とりあえずダッチが喋ったとダッチにマジ切れするだけでなく、ビリングスの無能ぶり、キャヴァナーの署内での専横ぶりまでがんがん訴えてしまいました。

ビリングス、毎日4時には退庁してたんか(苦笑)。

この騒ぎの結果はクローデットを署長にしましょう、という「うっそぉ」な結果に。それと、病気がバレたのも結局はダッチ君の仕業ではなかったんだけど……。

レンの司法取引を知ったキャヴァナーはついにチーフやDAの前でもキレまくり、とりあえずは不利、というかヴィックのねらっている「私怨路線」にぱちっとハマった感じではありますが、まさかこれではすむまいよ…。

最終回を盛り上げるため、キャヴァナーはヴィックのコリーンの元を訪れ、ダニーは産気づき、デモ大会が開かれる裏通りで弁護士のベッカに手をだすヴィックに、嫌がるレンを逃亡させる算段を整えるストライクチーム、と。

とりあえず、アントワンにつけこまれる隙をつくりまくったシェーンがイノセントな感じでレンとハグなんかしてるのにめっさ、むかつきまくりです。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rukolog2.blog60.fc2.com/tb.php/1819-beab3d3d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。