スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拝啓、父上様 

倉本聰はどうしても「北の国から」的主人公ナレーションの

「~なわけで」
「~であり」

が苦手だったので1月クールに敢えてパスったのですがこの前たまたま再放送の第1回をうまくキャッチしたところ、リアルタイムで観なかったことをハゲシク後悔したのでした。

「拝啓、父上様」オリジナルサウンドトラック
「拝啓、父上様」オリジナルサウンドトラック森山良子/島健 TVサントラ 島健

ドリーミュージック 2007-02-14
売り上げランキング : 32728

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
パピエ 拝啓、父上様オフィシャルガイドブック―ドラマの舞台裏と神楽坂の魅力 拝啓、父上様 拝啓、父上様 DVD-BOX


FC2ブログでの人気ドラマレビューをチェック!

というわけで連夜、新作じゃなくてこちらを必ずまず観てから、という日々を送っていたこともあってレビューがダダ遅れになってしまったのでした(汗

なかなか味わい深く、また、次々に景観が変わっていって、建て替えのシートが張られたらもうそこに何があったかも忘れてしまうような東京の街並みを思うとちょっと胸がきゅっとしました。

今回の舞台の神楽坂のように銀座も、景気回復に伴う地価の上昇で、塩漬けだった土地の再開発が猛烈な勢いでスタートしていますし…。

一平(二宮和也)の父親大パニックと料亭「坂下」のクローズへと繋がる後半も悪くなかったですが、女将(八千草薫)が「壊れて」しまうまでの前半が非常に見せたと思います。

「ガモーナ」「ガモカジ」知らなかったですよ…

八千草薫と森光子の「二号さんと正妻」の対峙とか、テレビの画面からもひしひしと伝わるものがありました。

ちょっとDVD-BOXほしいかも。

もうリュウさんはあの人以外考えられない包丁さばきの梅宮辰夫さんとか、かわいらしい雪乃ちゃん(高島礼子)、髪の毛が薄くなるのがネタにされていた保さん(高橋克実)、半纏と地下足袋が似合いまくりの松重豊、そしてゲスト登場の加賀まりこまで

「おいしゅうございました」

って感じ。お気に入りは松重さんのシャク半さんと、写真/映像映り込みヲタクのルオーさんでした。

BS-FUJIで再放送しないかな。でもあそこ、ペースがのんびりなんだよなぁ。

コメント

ダメ押しありがとうです

Lady-eさんこんばんは。

とりあえず月末からの「新・マチベン」はそれなりに期待できそうなキャスティングっすね。

私が「優しい~」を見なかったのは、脇のキャストにもあまりそそられなかったのがありますが、Lady-eさんがこれだけプッシュするんですから、機会があったら必ず観ますww

うんとね

rukoさん おはよー
私的には こんばんわー(笑)

もしご覧になるにしても
最初から最後まで まさみちゃんは
超~~~ウザイです(w
最後に来てウザクないねってことは無いです(笑)
ですので、ウザクならない回があるかも?などと
思ってみないのが 幸せです。
でも、脇がいいのでそちらと時間を見る際には堪能ください

なるほど

Lady-eさんこんばんは。

そこまでプッシュされたら見ずばなりますまいて。

しかし聞くところによるとまさみたんの役どころはメンヘラゆえのうざさらしいのでそこがネックですかねー。

今回のはキャラクターと神楽坂の街がベストマッチだったわけでー。

アンテナは立てておきマス!

そっかそっか

rukoさん こんにちは

優しい時間は結構再放送回数が多いので
次の時に1回目をキャッチできるといいですね
時間 時 という部分で考える物ありますよ
考えるけど ピリピリイライラとではなく
タイトル通り 優しい時間と最終回で感じられます
拝啓が結構良いなと思ったなら、お勧めです♪

神楽坂ね 友人宅があったり(実はロケで使われていたり)
したのもあって、写真撮ってきたんですよねん
一平がよく居た ランドリーとかは
超古く 当事は新しいシステム?として目新しかった
ゾーンだったりもします
あの放送の後火事があったりして
いつまでもそこにこの風景があるわけじゃない
というのは実感として感じさせられたりもしました。
写真撮ったのは、火事の前なんですけどね・・・

歌舞伎の前とか帰りとか
お時間があるときに チョコっとぶらっとするのに
良いエリアだと思いますよん♪<神楽坂

さすが…

Lady-eさんおはようです。

えとね「優しい時間」は長澤まさみにイライラさせられるのがもう事前にわかっていたwのですが、観てみればよかったかなーと今更思ってます。

Lady-eさんがご自分のブログで写真のコラージュをたくさんしていらしたけど、神楽坂の

「それが、2007年の、春のことだった」←懲りず北の国から風

が映像として残ったことにも意味があるかもしれないですよね。

こんにちは

rukoさん こんばんわ

それぞれの人の、心の動きが緩やかで
迷ったり悩んだり不安になったり
あたりまえすぎるくらいの気持ちが
ドラマの中にあるのがよかったです
小さな思いやりみたいなものも温かかった

激しいドラマの展開みたいなものはなく
パットしないと感じる人も多かったかもしれないけど
パットしないのがこのドラマの良いところだったと
私は思ってます

DVD-BOX欲しいかもと書いてあるけど
何度見ても 何かをその時々に感じる
ドラマという意味ではキープしてもいいと思いますねぇ

右から検索してみたんだけど
優しい時間もパスされてましたか?
あのドラマは、私は長澤まさみがイライラ
ポイントではあったんですが(^^;
でも、あのドラマも気持ちが流れていて
よかったなって思ってます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rukolog2.blog60.fc2.com/tb.php/1877-3c659c8c

拝啓、父上様 第11回 最終回

拝啓、父上様 第11回 最終回・ナオミと会うのを懸命に避ける・ナオミからのメールが無くなる・時夫とエリのデート・雪乃とナオミが会う・1月末 向いの大山さんが取り壊し・一平は、竜次の取り計らいで津山に会う・夢子 老人養護施設に移る・エリは学校を辞める・竜次
  • [2007/06/13]
  • URL |
  • ALBEDO0.39 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。