スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

六連銭誕生 風林火山〈24〉 

越後の龍

長尾景虎を演じるGacktが本日から出演ということでかなり一部で盛り上がってたみたいですが、予告編などで「ちら見せ」された以上の映像はほとんどなくて拍子抜けですw あとはオープニングで名前をどう表記するのかと思っていたら

ガクト(Gackt

となっていて笑わせていただきました。

大河ドラマ「風林火山」は日曜20:00からNHK総合で放送中。BS-2は22:00、BS-hiは18:00からそれぞれ放送。 総合テレビでの再放送は土曜13:05から。

時代劇マガジンSPECIAL Vol.16時代劇マガジンSPECIAL Vol.16

辰巳出版 2007-06-15
売り上げランキング : 89

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

→「風林火山」を特集している模様。

FC2ブログでの人気ドラマレビューをチェック!

というわけで番宣的には「Gackt出陣」で盛り上げてましたが実際は真田幸隆(佐々木蔵之介)、ついに武田に下るの巻でございました。あとはどんどんフォースの暗黒面に落ちていく晴信さん(市川亀治郎)。以下ネタバレ。



長尾景虎といえばやっぱり



の、柴田恭兵ですよ…(年がバレる…)。特に、最終回に毘沙門天の像を前にお祈りしてるうちに「劇団ひとり」状態になってしまっている衝撃的なラストは今でも忘れられないw

今回もお祈りしてましたが、台詞も少なかったのでまだなんとも言えません。前回登場した上杉憲政(市川左團次)とかと、いかにも食い合わせが悪そう~~ってことで、緒形拳さんが待たれるわけですねwwww

で、真田さんと勘助。前半、なんか痛い笑いをつぎつぎに取りにくるのでどう反応してよいか困ってしまいました。そもそも、由布姫(柴本幸)が

「勘助の子」

ってヲイ!とか。それでうっすら目が醒めてきた勘助の前に顔がどアップになっている清水美砂の忍芽さんが一段とお痩せになって頬がこけ、鬼気迫る形相だし。もう真田さんと太吉兄やんの「馬糞トーク」に至っては絶句ですよ。

「葦毛の馬の馬糞はどんな傷も効く」なんて………何人それで死ななくていい人が戦国の世で死んだのかしら(爆)。

真田さんはついに、関東管領に見切りをつけて武田の配下になることを決意しました。そんな真田さんに斬りかかろうとした忍芽さんの兄などを止めた男の子たちが健気過ぎます。

そして、世話になっていた寺のあるじから銅銭を六枚渡されます。死者の棺桶にもともとは入れるためのお金を、一度は滅んだ真田の復活へのはなむけとして渡された六枚の銅銭。これが六連銭のマークになったんですね。知りませんでした。

戦国武将 シルバーアクセサリー「六文銭」


いずれも「戦国グッズ専門店 戦国魂」で。ホント、いろんなお店があるな、楽天。



ハー、ながかった、ここまで(笑)。上で紹介した「武田信玄」でも真田幸隆は橋爪功さんが演じ、かなりエッジの効いたキャラだったのですが、領地(=真田の牧、ってことになるのか…)を賭けて晴信に囲碁対決を挑むような奇矯な人でした。

いまいる重臣団で言うと、小山田(田辺誠一)のイヤミな感じを抜いたキャラクターっぽかったかな(汗)。

新たに下った真田には松尾城と地行をさくっとあげた晴信さんですが、チラリチラリと父親の信虎様(仲代達矢)チックな不気味な感じが出てきています。

・「あ~ま~り~」とか。
・「よーしたー、○×(本日のお手柄:教来石→ついに「馬場」ですよ)」とか。

勘助を信頼していながら、その名前が出ると勘助に頼っていると思われるのがイヤ、みたいな感じ?

板垣様(千葉真一)と甘利様(竜雷太)のふたりがお疲れな感じが出てきているのがそろそろ退場をにおわせています。一説では板垣信方は諏訪を任されてそれこそ「増長」して不意打ちを食らって戦死したという話もあるようですが、今回はやはり「諌死」になるのでしょうね……。

ほかにも小ネタはちょいちょいありましたが、え、伝兵衛兄やん(有薗芳記)と真田の忍びちゃんはそういう方向なんですか?ってのが意外だったかも。

コメント

どんどん黒く

ままこっちさん

気がついたら1週間たってました…orz

板垣様のカウントダウンまで時間もないというのに……。ちょっと頑張ります。

気がついたらお屋形様のブラックもともかく勘助の笑いもキモくてどうしましょう、って感じですね。

rukoさん
私も「ガクト」とお屋形様のブラックぶりには驚きました~
「あーまーりー」はそのまんま、ですよねえ。
さて板垣サロン、何とか開設いたします。よろしければご来場下さいまし。。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rukolog2.blog60.fc2.com/tb.php/1884-3c86ad91

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。