スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死にゆく者 House, M.D.〈2-1〉 

Acceptance(邦題:命の重み)

待ってたよ~ハウス先生(ヒュー・ローリー)。でも相変わらず外野はウザいんですが…。

ドクター・ハウス(原題:House, M.D.)はCS/ケーブル系のFOX CHANNELで最新エピソードを火曜23:00から放送中。火曜、水曜は最新エピとその前のエピソードを2話連続放送。

House, M.D. - Season ThreeHouse, M.D. - Season Three

Universal Studios 2007-08-21
Sales Rank : 19
Average Review

See details at Amazon
by G-Tools

→アメリカでは早くも来月第3シーズンのDVDが発売予定。

FC2ブログでの人気ドラマレビューをチェック!

治療の優先順位を死刑囚にするのか、身よりのない末期の肺がん患者にするのか。ハウスの選択は当然……でありました。以下ネタバレ。



今シーズンから「ドクター・ハウス」とダサ改名した番組なので、とりあえず私の方はタイトルを本名に直してみましたw

ハウスが死刑囚の治療を選ぶのはいつものハウスのへそ曲がりぶりからも当然だけれど、末期がん患者に対して感傷的になりすぎるキャメロンへの警鐘も実はコミだったのではないかと終わってから考えてみたんですけど、どうでしょう。

ラストに近く、ウィルソン(ロバート・ショーン・レナード)にもやんわり釘刺されてたもんなぁ。それでも自分のやり方を貫くあたりはさすがアメリカンです。ちょっとしたせきが止まらないだけなのに実は肺がんで余命半年、もう他人事ではない年齢に達しつつあるので切なくは、ありました。

一方、相変わらずウザ医者なキャメロン。そして、いじられキャラと化してしまったチェイス(ジェシー・スペンサー)。

死刑囚の治療のほうは冒頭なんとなく

羊たちの沈黙 (特別編)羊たちの沈黙 (特別編)
ジョディ・フォスター アンソニー・ホプキンス スコット・グレン

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2007-01-26
売り上げランキング : 1642
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


こんな雰囲気も漂わせつつ、どうしてあの人はあれだけ暴れるのだろう、というのがずっと観てる側の謎だったんだけどハウスたちは対症療法に追われ、ネタバレしてゆくのは相当後半になっていました。

それにしても「トナー液」を飲もうだなんて(驚)。ウイスキーをふたりでがんがんこっそっり病室で飲んで中和してしまう場面がすごく好きでした。

ラスト、フォアマン(オマー・エップス)が死刑囚の殺人は病気のためで不可抗力だったことを証言したいと言い出したのもちょっと意外。

医局は相変わらずと思ったけれど何か少し変わりつつあるのか、楽しみになってきたです。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rukolog2.blog60.fc2.com/tb.php/1918-92e81406

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。