スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さらば小笠原さん 風林火山〈34〉 

真田の本懐

うー。佐々木蔵之介は好きなのに、なんか真田ネタになると引いてしまうのはなぜ?やっぱり忍芽サン(清水美砂)のほほが落ちくぼんで不健康すぎなのが怖いんだろうか(汗 基本的にはいい話だと思ったんですけど、またラスト近くに美味しいとこだけ相木さん(近藤芳正)に持っていかれてたような。

大河ドラマ「風林火山」は日曜20:00からNHK総合で放送中。BS-2は22:00、BS-hiは18:00からそれぞれ放送。 総合テレビでの再放送は土曜13:05から。



→真田の弟、常田(ときた)を演じていた橋本じゅんさんが出演した「噂の男」を取り上げてる「演劇ぶっく」。この舞台をPARCO劇場で知るまで不覚にも全く存じ上げない役者さんだったんですけど、凄かった…。

FC2ブログでの人気ドラマレビューをチェック!

しかし勘助(内野聖陽)も「諜略」一本やりで芸がないねw 「息子も申しておりました」って忍芽さんに斬られていたのがおもしろかったです。結局はソレかよ……というオチではありましたが。以下ネタバレ。


無事戻ってきた勘助に抱きつく太吉兄やん(有馬自由)があまりに大げさでさすがに葛笠応援団の私もドン引きでしたが、いちばん引いていたのが勘助で笑ってしまった…。

家臣団、鬼美濃殿(宍戸開)の姿がありませんが史実では大けがをしてそのけががもとで死んだはずの小山田さん(田辺誠一)はケロリとして憎まれ口をきいてます。おやおや。

さて




のときの晴信(市川亀治郎)の次男、竜芳(りゅうほう)は目が不自由になってから第六感?が発達し、湖衣姫(南野陽子、今回は由布姫)が死んで刺客に襲われる四郎のSOSをキャッチしたり、太郎義信(堤真一)の心の叫びを耳にして父に助言をしたりする不思議ちゃんでありました。

まさか還俗して「海野家」を継いでいたとは……それも、本人は天目山の戦いのあと自害しながら、子孫が現在まで生き残っているそうでまたまた拙者、勉強不足であります。

まぁ、それで言うなら真田さんちも目の不自由な人に縁がある、っていう晴信さん(というよりは勘助の入れ知恵ですか)の理屈も有り得ないくらいスゴイ。

そして命を賭けて弟の常田を説得にいった忍芽さん…。

それはいいんだけどさー、やっぱり真田さん本人の了承を得ないで、跡取りを連れてくってのはさすがにやり過ぎだと思いました。

いくら真田さんが忍芽さんの尻に敷かれていたとしてもね。

常田さんも食えない男で、涙まで流しつつも「やっぱり信じられない」と言います。「真田には謀略しかないのか~」ハイ、それしかござりませぬが何か、な感じでした。

最終的には海野家再興ということで敵対勢力も納得、鬼美濃さんが大けがをしたうえ高いお金を出して買った鉄砲も無駄になった砥石城は謀略でまんまと武田の手に入ることに。

武田に人望があった、っていうよりは小笠原(今井朋彦)になさすぎた、と言った方が正しいですよね。でも村上さんも主筋である小笠原さんに呆れ過ぎたのか、タメ口ですかw あのナレーションではもう小笠原さんに出番ないっすね。ちょっと寂しいですね。

今井さんはおもしろい役者さんだと思うので、なんかこういうヘンに変化球じゃなくて超いい人とかで観てみたいです(顔的に、無理なの?)。

そうそう、冒頭に書いた相木さんのおいしい一言は、真田がマイホームパパぶりを発揮している脇で「ワシは自分の女房にあんなことを言えんわい」。

っていうか相木さん、どんだけ家に帰ってないか聞いてもいいですか。それともおうちすごい松尾城の近所なんでしょうか。現在の「相木」という地名からするとかなり離れているような気がするのですが。

ラスト、最近全く出番がないというのに長野業政(小市慢太郎)のことを風林火山紀行で紹介していたのもなんかビミョーでした。そういえば上杉さん(市川左團次)たちはどうしたんでしょう。そろそろ出てくるのかなぁ。

そして次回久しぶりにまた由布姫の本気の鼻息フガフガですね。紺野まひるが於琴姫なのでしょう。やれやれ。お屋形さまったらもう手広いんだから、夜のお商売。

コメント

小山田さんは…

Hiroさんこんばんは。

史実にどれくらい重点を置くべきなのかは私にはよくわからんのですが、きっと小山田さんにはミルたんとおいしい、いや恐ろしい結末が待っているのでしょう。笑っていられるのも今のうちかもしれません。

小笠原さんは軍資金がないと京都ではちやほやはしてもらえないような気がしますが、そのあたりどうだったんでしょうねw

やっぱりしのめさん…

はなちん♪さんこんばんは。

真田ものの苦手意識は、やはりガリガリなしのめさんではないかと結論づけた昨日の夜でありました。あれだけの強い意志をもってるからガリガリになっているのか、よくわからん、みたいな(汗)。体力的にもたんと思います。

>>今回は勘助の生々しさが前面にでていなかった

というよりは出番がいまひとつ少なかったような?ってことでしょうか。それとも「姫様♪」がなかったってところでしょうか。勘助の生々しさは宇佐美さんの飄々としたところをみてしまうとまさに対照的で鼻についてしまいますね。私など冒頭の「(動かざること)山の、ごとし」って溜めて言ってるのすら鼻についてます(汗

ここはひとつ、またおくまさんに爆弾のみっつやよっつ投下してもらいたいで、ごいす。

私は意外と妖術使いの景虎さんは嫌いじゃないのでとりあえず我慢できました。でもね、RPGみたいな川中島の扮装はドン引きでしたね。乞うご期待w

次回はまた鼻フンガーですね、気が重いですちょいと。

こんばんは

小山田さんけろっと軍議に出てましたね
久々の登場なのに説明はなしかよ~という感じでした

小笠原は今回で見納めですかね
京都へ行ってもあの調子なんでしょうか

またこんばんわ

今回は勘助の生々しさが前面にでていなかったので 久しぶりにさわやかに見れました(笑)愛妻家真田さん私大好きです。
いいお話でしたね。相木さん、私もおいしいとこ取りだとおもいます。最後の軍議でニコニコなのも「わしは妻に・・」とつぶやいてるとこも出番少なかったのになぁ・・・・でもホントいつ帰ってるの??単身赴任中??
このままほのぼの終わるのか と思ったら妖術使い影虎さんが怪しくでてきたので少し引いてしまいまったのは私だけ??

竜芳は還俗するんですね、たしか武田家滅亡のあと徳川によって後々武田家再興するのですか たしかそれを竜芳か竜芳の子孫が主となってお家再興になるような気がしたのですが・・勘違いだったらスイマセン

由布姫・・・予告では野心満々じゃないですか、嫉妬からなのか 勘助の入れ知恵なのか・・はかないイメージの女優さんにキャスティングしなかったのはこのため??お屋形さんがお家騒動の元凶ですね(笑)




コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rukolog2.blog60.fc2.com/tb.php/1981-3d70c0fc

風林火山 第34話

越後から開放されて甲斐へ戻ってきた勘助。その席で晴信は砥石崩れの敗戦を自分が悪いと真田幸隆を庇ってました。先週の裏で津田監物に鉄砲を段取りしていた辺りからもかなりの成長ぶりですね。...
  • [2007/08/28]
  • URL |
  • 一期一会の彩りを求めて・・・ |

風林火山.34/幸隆、起死回生!

前回、フグが大枚をはたいて越後に鉄砲百挺を届けさせたお陰様で、一命をとりとめた勘助。甲斐に戻れば戻ったでまたコキ使われる運命が待っていました。【勘助還る】「おおおおおお~~っかんすけ~~~」と相変わらず大袈裟な声で勘助を迎えるフグ、と家臣一同。みなさんに
  • [2007/08/28]
  • URL |
  • ブルー・カフェ |

[大河ドラマ]風林火山 - 「真田の本懐」

2007大河ドラマ「風林火山」 - livedoor Blog 共通テーマ 勘助が越後から戻って、今回は信濃ストーリーですドラマなのでどれくらいの期間越後で捕まってたのかわかりませんがけっこう長期間だったようで、帰ってきた勘助を見てみんな大喜びです長い間不在にしてると、そ....
  • [2007/08/27]
  • URL |
  • Hiro's - Blog |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。