スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また生きちゃった 風林火山〈38〉 

村上討伐

なんかちょっとキツいエピソードでした…。馬場サン(高橋和也)、何もそんなにキビシイこと諸角ジィ(加藤武)に言わなくてもいいのに、というのと、ヒサ(水川あさみ)の歩んだ軌跡、確かにこのドラマのテーマは

「生きた、愛した」

だけれど、なんだか対照的と言うか後味の悪い……。

大河ドラマ「風林火山」は日曜20:00からNHK総合で放送中。BS-2は22:00、BS-hiは18:00からそれぞれ放送。 総合テレビでの再放送は土曜13:05から。

風林火山 4 山の巻風林火山 4 山の巻
大森 寿美男

日本放送出版協会 2007-09-25
売り上げランキング : 715

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


FC2ブログでの人気ドラマレビューをチェック!

お北様(風吹ジュン)が死んで早々、嫡男の太郎さんの結婚式をめぐって、そして冒頭書いたことなどなど、甲斐のあちこちに、はやくも波風か~。以下ネタバレ。

今回はストーリー的にはイマイチでしたが最近駒井さん(高橋一生)と信廉サン(松尾敏伸)ばかりに注目が集まっていたのでほかの家臣団にいい意味でもわるい意味でも出番があり、なんだかうれしかったデス。

波風はまず、勘助の諏訪四郎擁立の野望を察してかどうか牽制球をズバッと勘助の胸元へ投げる飯富さん(金田明夫)から。

やっぱり軍議の席などでもったいぶって喋ってるように見える勘助(でももうひとつ貫禄がナイ)がカンに触っちゃうんだよね~、飯富さんじゃなくても(汗)。

第2ラウンドは囲炉裏端でまったりトークかと思われた諸角さんと馬場さん…。あー、信繁サマ(嘉島典俊)をはやく呼んでジィを助けてぇ。

謀略(ちょうりゃく)を多用する真田(佐々木蔵之介)の地行は増やすのに兵力として戦う譜代家臣の禄が増えないのでは士気が低下する。

お、肉体派の代表、馬場殿としてはかなり論理的な……と思ってたら次に手榴弾投てき!

「その筆頭が諸角殿ではございませんか」。

「ただ生きながらえることのみを忠義と心得ておる。板垣様や甘利さまが不憫とは思いませぬか」

わなわなわな(ジィ)。

きゃー、喧嘩をやめて!

と、キナくさくなったところで太郎さんと今川の息女綾姫が結婚しました。なぜか屋敷でひとり黄昏れる勘助のところへどやどやと久しぶりの葛笠な人々。そしてリツ(前田亜季)登場。

・リツを「ミツ」と聞き間違える伝兵衛兄やん(有薗芳記)に100石!
・「物の怪か?」とボケてしまう太吉兄やん(有馬自由)に150石!
・つくり笑い満点で目配せまでするおくまさんには300石!

おくまさんは「取り込まれてる」と太吉さんは言ってましたが、むしろおくまさんがリツさんを焚きつけていると踏んでいるのでご主人の倍あげておきましたwwwwwww

久しぶりに

「おれっとゆかねっかどんきーなどん、あ~の山~、越えて」

が聞けたのもよかったナー。

メーンのストーリーがどうしても暗い方向へといってしまうので賛否はあると思いますが私はこのリツさんと葛笠兄貴たちの登場はだいたいウェルカムです。スタジオパーク情報だとリツさんの台本にはひたすら「にっこり」と書いてあるらしく、勘助maniacをどう笑顔でカバーするのか、前田さんの今後の演技力に期待!小坂観音院にお住まいの鼻がチャームポイントの人にはムリだと思うし(爆

で、ちゃっかり村上義清(永島敏行)の近習?にまでなっている平蔵(佐藤隆太)ですよ。今流行のことばでいえば「どんだけ~」貧乏神なんでしょうか(汗

ヒサさんも武家の娘として最初のハードルを越えてしまってからはどこか壊れてるように感じてしまう。「死ぬときはみんな一緒」って、いざとなったら平蔵に帰ってきてもらって一緒に死にましょう、ってことか?と敢えて字面通りにとってみました。

特に、馬場たちに攻めかかられてあっという間に村上の奥方、玉の井(中島ひろ子)が自害してしまったことを考えると、ねぇ……。

そして、敵を倒すことにひるみはないと諸角さんを罵倒していたはずの馬場サン、ヒサを確認して逃がすことに。罪悪感の裏返しだと思うけど、どうなのどうなのそのへんは~。「こんなに心のこもった矢を受けた事はない」ってヒサに唾をはきかけられて感動してる場合じゃないと思います。

そして村上は源五郎あらため春日弾正(田中幸太朗)や勘助の策謀通り、越後に落ち延びてゆきます。それにしても、史実で有名だからではあるけど晴信さん(市川亀治郎)が、取り立てた源五郎を見る目がエロかった(爆

そして、教団のテーマは「義」の新興宗教教祖、長尾景虎(Gackt〈ガクト〉)。他国を力で攻める事はすべて義に反するという思想は戦国の世に産まれて一体どこから出てくるのか不思議です。

そしてきょうも教祖パワー全開。宇佐美(緒形拳)が数珠をいつも手から離さないから特にそう見えるけど、やっぱり新興宗教の教祖様とその取り巻きって感じです。

【おすすめ】
[大河ドラマ]風林火山 - 「村上討伐」
→エピソード紹介がかなりぐっとくるHiroさんのブログ。

コメント

深読みでしたか…

便器工事士さんおはようございます。

深読みし過ぎちゃいましたね。勘助はニートというには生臭すぎるという感じはしますが、そう言われてみればそうなのかも…w

長尾家は財政的に問題なかったんですかね、確かに大盤振る舞いですよねぇ。

すみません

いえいえ、自分は単に野に埋もれる有望ニートの勘助が
紆余曲折しながら再就職し、そこで手柄をたてる
みたいな・・。ただそれだけです。

景虎くんはよくわかりせんね・・・。
つかめませんね。兄を倒し、没落した足利将軍家の
再興を目指す。たいへんですねぇ。
酒池肉林の管領様の面倒をみるのも。
  • [2007/09/27 22:24]
  • URL |
  • 便器工事士
  • [ 編集 ]

格差。

便器工事士さんおはようございます。

>>格差社会の現在と風林火山が重なっているようで

確かに「国力」のことを考えると「勝ち組」「負け組」というように分ける事もでき、そうなると越後の景虎くんは格差社会に敢然と挑む!という立ち位置になるんですね。おもしろい視点をありがとうございます。

葛笠村トリオ

Hiroさんおはようございます。

ブログにTbがうまくかかりません(言及リンクも試したのですが…)。

さて、葛笠の皆さん。平蔵のかわりに太吉の息子の茂吉が加わって楽しい感じになっていますね。でも、川中島のことを考えるとなんだか寂しいです。誰かは生き残って誰かは確実に死ぬんだろうな、と今から想像してしまうので。

鬼美濃さま、もう少し出番ほしいですよね。勘助の事は結局好きなのか嫌いなのかも知りたいしw

焦点を当てるところが余計なのかも

はなちん♪さんおはようございます。

平蔵とヒサの展開にイライラしてしまうのは、ふたりの生き方もさることながら甲斐、諏訪、駿河、駿河に越後もあるのにこいつらもかよ、みたいなところがあるのかもしれません。

摩利支天のお守りが最後誰のところで止まるのか、というのが鍵なんでしょうけれど、できたら平蔵のところでは止まってほしくないかも(汗)。

>>このまま大奥で世継ぎ争いに参戦しても負けなさそうです

ですよねぇ…。この前ゴフッとか咳き込んでましたが、メイクのせいもあってかあまり病気の感じもしなかったし、とことん損してますね、諏訪の姫は。

宇宙人で教祖と考えれば

なおみさんおはようございます。

そうですねw 宇宙人で教祖だったら、あの時代にああいう突拍子もない思想が出てきてもおかしくないというかwww

琵琶の音楽は私好きですが、敢えてああいう気持ち悪い、というか独特な音楽にしているんだと思います。あのへんにも宇宙人の差し金を感じるのは私だけですか?

風林火山のテーマは?

長尾は密教系かな?
テーマは「欲」かな?
平蔵のテーマは「愛」ぽいね。
色々な思い込み、誤解がはっきり描かれていいですね。
格差社会の現在と風林火山が重なっているようで
毎回目が離せませんね。
  • [2007/09/27 00:20]
  • URL |
  • 便器工事士
  • [ 編集 ]

こんばんは

ブログの方にコメントありがとうございました
リツと葛笠村トリオの場面はいい感じの雰囲気で楽しく見ていました
でもリツさんも父親に似て大胆なことで・・・そういや最近鬼美濃が出ませんね

あと、馬場さんの危険なまでのテンションの高さは一体なんだったんでしょう?




あっ、出遅れちゃった(笑)

私ヒサ死ぬと思ってたんですよねぇ。そんで平蔵川中島で勘助と出逢って合い討ち!!みたいな。でも、このぶんだと平蔵もヒサも死なずに最後は勘助の気持ちにも共感できるようになって、勘助のことを伝える語り部に・・・チャンチャンなんで終わりもあるんでしょうかねぇ。

>小坂観音院にお住まいの鼻がチャームポイントの人にはムリだと思うし(爆
まさにそのとうり!!いつも上手いこといいますよねぇ。悲劇の姫なんだけど、悲劇のヒロインって感じなです。最後もよわよわしく病死しなさそうです。
このまま大奥で世継ぎ争いに参戦しても負けなさそうです(笑)
神々しく凛としてしんもまっすぐな美しい姫、の設定のハズですがムムムっ??? ガクトの方が神々しく凛としてしんもまっすぐで美しいです。(私も洗脳されたかしら??)

諸角ジィさん、あんな喧嘩のあとじゃ死に場所求めてしまいますね。

ホント 村上もヒサも平蔵もまた生きちゃったです


新興宗教か!

rukoさん、こんばんは。
>そしてきょうも教祖パワー全開。宇佐美(緒形拳)が数珠をいつも手から離さないから特にそう見えるけど、やっぱり新興宗教の教祖様とその取り巻きって感じです。

・・・なるほどね・・・ナントカ星から「飛来した」宇宙人が「新興宗教」を興したんですね。で、宇佐美はじめ一同を「洗脳」しちゃったんだ!で、「フグ」は敵対する「別の星」の「魚型宇宙人」なんですね!・・・ってことは「風林火山」は「スターウォーズ」!?
ところであの越後の宇宙人が登場するときの琵琶のBGMがワタシ「オカルトチック」で結構怖いんですけど(><。。)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rukolog2.blog60.fc2.com/tb.php/2015-a2c82a57

「風林火山」第38回。

勘助、二度目のロマンス発覚! そして……村上討伐って、実際討伐にもなってなかったんじゃあ……。(汗) ここにきて、やけに熱い馬場氏の動きにもドキドキだ!(笑)
  • [2007/09/28]
  • URL |
  • リリコ雑記 |

風林火山 第38話

とうとう2度も破れた村上義清を討ちます。
  • [2007/09/26]
  • URL |
  • 一期一会の彩りを求めて・・・ |

風林火山.38/村上討伐!

みなさんこんばんは。先週からは「小山田クラブ」をリニューアルして「風林火山クラブ」をスタートさせて頂きました。当初は「隔週運営」を考えていましたが、考えてみたら本放送もあと10回くらいですか?・・・というわけで「出来るときにはやる」という方向で今週も「開
  • [2007/09/24]
  • URL |
  • ブルー・カフェ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。