スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桂姉ちゃんの悲恋 都の風〈第3週〉 

ほかに情報が少ないせいだと思うのですが「都の風」と「加納みゆき」で検索して来訪される方が増えてきたので、なんとなくあらすじを追いつつレビューしていこうと思います。次週あたりからいよいよ村上弘明も出るしねw

朝のテレビ小説アンコール「都の風」はBS-2で月曜~土曜7:45から放送中。

京都の不思議 (ランダムハウス講談社文庫)京都の不思議 (ランダムハウス講談社文庫)
黒田 正子

ランダムハウス講談社 2006-10-02
売り上げランキング : 185180
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


FC2ブログでの人気ドラマレビューをチェック!

とりあえず悠(加納みゆき)と智太郎さん(柳葉敏郎)のぎこちないデートの様子があまりにベタで観てるこっちが恥ずかしくなっちゃったのですが、今週は京都の豪商たちのお正月の過ごし方や、丸餅をくすねて山岡(升毅)に食べさせてほのかな恋心を温めていた桂(黒木瞳)の悲しい顛末など、けっこう見ごたえがありました。

「家訓」、それも「不義密通すまじこと」に合わないという理由で悠の婿候補だった山岡が放逐されることになり、桂姉ちゃんが絶叫して廊下を走るスローモーションの映像は当時観たときもけっこう衝撃だったんですけど今観ても「いやや~」が出た瞬間はビックリどす(爆)。

細かい設定というのは忘れているもので、智太郎さんと雅子さんのお父さんが検事であったこととか、元日から智太郎さんと悠が湯豆腐食べてた(当時、そんなことできるお店あったんやろか)とか、やっぱり悪いことたきつけるのは葵姉ちゃん(松原千明)やねんな、とかありました。

それにしても黒木瞳、かわいいけど18歳は無理ありすぎでっしゃろ、とツッコミを入れつつ、ついに悠は「自分も不義密通してました。好きなヒトいます」と爆弾発言。次週、勘当されちゃうんだったよな、確か。
若過ぎた柳葉敏郎&升毅 都の風〈第2週〉

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rukolog2.blog60.fc2.com/tb.php/2059-a060716b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。