スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デスパレートな妻たち〈3-6〉 

Sweetheart, I Have to Confess(邦題:甘いワナ)

ピザ屋のことですっかりのぼせてしまったと思っていたトムが最後に正気を取り戻したのでほっとしましたが次回はまたエライ展開が待っているみたいで、なんか惰性で観ているところもありながらついつい毎回観てしまいます。

デスパレートな妻たち3」はBS-2で水曜23:00から放送中。

Desperate Housewives: Complete Third Season (6pc)Desperate Housewives: Complete Third Season (6pc)

2007-09-04
売り上げランキング : 2941

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


FC2ブログでの人気ドラマレビューをチェック!

いちばん好きだったのはリネット(フェリシティ・ハフマン)がやけになってみんなを誘ってポーチで飲むところ。さりげなくどぼどぼカクテルをこぼしながら喋ったりしてるリネット、流石の貫禄w

そのあとスーザン(テリ・ハッチャー)が勢いよくイアンのパーティーに乗り込んだはいいがオエオエだったのもね…。

それにしてもモニーク(キャサリン・ヨークだったのか!)に新展開がありビックリ。オーソン(カイル・マクラクラン)が前妻を殺したと主張していたキャロリン。わざわざそのことを一旦謝罪に来たのは、改めてブリーに警告するため。

粘着だけど悪い人ではなさそうだよね。でも問題は夫のハーヴェイ?で、浮気をしていた相手がぷっつり連絡をくれなくなった、ということをつい酔った勢いでオーソンに喋ってしまい、写真まで見せてしまい、それがモニーク。

早速公衆電話から警察にタレ込みをするのを忘れないオーソンです。どこまでこいつに都合よくできてるんだろう。

でも、マイク(ジェームズ・デントン)もあの感じだとモニークと何かあったようだし、スーザンとさんざんflirtしていたしヤングさんちを巡る事件もあったのに、一体いつそんなことしてるヒマがあったわけ(爆?

マイクといえばうっすら無精ひげのちょい悪w だったのがつるつるでキモかったのがだんだんうっすらヒゲになってきましたねぇ。記憶が戻ってくれるといいんだけど。

ギャビー(エヴァ・ロンゴリア)とカルロスの離婚はもうなんかウザくてフォローしきれませんw

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rukolog2.blog60.fc2.com/tb.php/2099-c70766bb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。