スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千人針 都の風〈第8週〉 

奈良に本籍がある智太郎(柳葉敏郎)がついに徴兵猶予の取消をして入隊するために関西へのぼってきました。そこから悠(加納みゆき)と再会そして出征と慌ただしい1週間となりました。

朝の連続テレビ小説アンコール「都の風」はNHK-BS2で毎週月~土曜7:45から放送中。

千人針は語る千人針は語る
森 南海子

海竜社 2005-06
売り上げランキング : 528021

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

→悠が必死になって千人(-何人かの寅年の女性)から刺してもらった千人針。最近の映画「硫黄島からの手紙」でもいざ戦闘、となったときに日本兵たちがお守りのように千人針を身体に巻き付ける場面がありました。無惨に死んでいってしまいましたが……。

身につけているとシラミなどがわいてしまい、むしろ大変だったという体験談を昔、読んだこともありましたが、どのみち、いまどきの若い人にはなんのこっちゃな話ですよね。

FC2ブログでの人気ドラマレビューをチェック!

今週のキーワードとしては

・相変わらず「秋子」の存在がよくわからない。朝から仏頂面の連続で視聴者は不快だったんでは(汗)。

・すっかり涙もろくなってしまったお父ちゃん(西山嘉孝)。そんなんやったら最初から葵ねえちゃん(松原千明)に店つがしたったらよかったのに、ねぇ……。

・そこでようやく葵が悠の居所を知っていることを告白する桂(黒木瞳)。いやー「中京の女」って陰険やね、と思われなければいいのですが(汗)。

・大阪と奈良って今でこそ割と近いですが戦争中にあんなに雄一郎さん(村上弘明)が行ったり来たりできたものなんでしょうか?それからずっとジャケット姿だったけど国民服とか着なくてよかったのかな…。

・雄一郎さんvs.智太郎さん。リアルタイムで見ていた幼きころは智太郎さん派だったんですけど、こうやって大人視線で見るとやや雄一郎さん優勢かも。やはり2年半も音信不通でほったらかしは、あかんわなぁ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rukolog2.blog60.fc2.com/tb.php/2115-5e19e71a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。