スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塩の山 朱蒙〈17~19〉 

辺境のコサン国へ塩を求めて旅立ったヨンタバル、というよりソソノ(ハン・ヘジン)を行首(ヘンス)とするヨンタバルの商団ですが、途中で盗賊団に襲われピンチに陥ります。

朱蒙(チュモン)はフジテレビ系の各チャンネルで放送中。地上波での放送は現在中断。BS FUJIでは水曜20:00から。CS/ケーブルのフジテレビ721では日曜正午ごろが最新版放送の場合が多いが、放送はイレギュラーなので録画に注意が必要。意外と間違いないのが月曜13:50からの最終放送。

朱蒙(チュモン)(下)朱蒙(チュモン)(下)
朴 赫文 舘野 あきら 蔡 星慧

晩聲社 2007-09-15
売り上げランキング : 20075

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


FC2ブログでの人気ドラマレビューをチェック!

とはいうものの有り得ないほどのシンプルさで一団は危機を乗り越えコサン国へ。さらに、コサンはなぜ貧しいかというと国を守る巫女が河伯族(=ユファ〈オ・ヨンス〉に義理立てして塩山をクローズしてしまっていたからで、河伯族の血を引くチュモン(ソン・イルグク)が登場すればノープロブレム!

ということで扶余(プヨ)は塩を得ることに成功してしまいます(ここまで17話)。

そうなると当然おもしろくないのがアニキふたり。ヒョントと一戦交える覚悟だった父・クムワ(チョン・グァンリョル)の裏でヒョントの太守と裏取り引きをしていたテソ(キム・スンス)はこっそりヒョントへ。一方ではソソノにちゃっかり求婚。

いつも文句ばかりのヘタレ王子ヨンポはトチに八つ当たりをしていますが、どうやらプヨンちゃんとプヨンを愛するチュモンの部下をつかってまたまた何か低レベルなことを考えている様子。

塩ゲットに成功したチュモンは次なるハードルとしてクムワの特使を命ぜられてヒョントに向かい、そこでテソと鉢合わせしてしまいます。テソの裏取り引きを暴くことができるかな?

この間、後宮でもちょっと意外な方向に話が展開。

・ヨミウルは侍女として宮仕えを始め、なんとクムワを男性として愛していた過去あり。
・そのヨミウルと相容れない立場のべつの巫女に王妃(キョン・ミリ)がアプローチ。テソが王になったら(ほー、ヨンポは切り捨てですかw)あなたを宮廷の巫女にするわ、と耳打ちします。
・ヨミウルはユファを訪れそんな過去を自分語り。

う-ん、こっちはこっちで目が離せなくなってきたね。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rukolog2.blog60.fc2.com/tb.php/2121-d24a9b6f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。