スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔女の退場 デスパレートな妻たち〈3-8~15〉 

08 Children and Art(邦題:知られざる正体)
09 Beautiful Girls(邦題:危険な男)
10 The Miracle Song(邦題:クリスマスの奇跡)
11 No Fits, No Fights, No Feuds(邦題:裏切りの連鎖)
12 Not While I'm Around(邦題:守ってあげたい)
13 Come Play Wiz Me (邦題:決断の時)
14 I Remember That (邦題:よみがえった記憶)
15 The Little Things You Do Together(邦題:生と死の境目)

しばらく見ていなかったのでまとめて観ましたがいやーもうエライ展開になっていてくたびれました。


デスパレートな妻たち3」はBS-2で水曜23:00から放送中。

Desperate Housewives: Complete Third Season (6pc)Desperate Housewives: Complete Third Season (6pc)

2007-09-04
売り上げランキング : 14766

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


FC2ブログでの人気ドラマレビューをチェック!

なんといっても人が死んだり倒れたりし過ぎてやはり後味がよくない~。ここにきてようやくオーソン(カイル・マクラクラン)の「冤罪」は晴れた格好だけど、マイク(ジェームス・デントン)を轢き逃げしたのは証拠隠滅のためだし。

しかしここまで物事を気分悪くさせたのは魔女1号、オーソンの母グロリアと元妻というか失踪していた妻、魔女2号のアルマのふたりといっても過言ではなく……。プロットは変わったのかもしれないけれど、あの意味深な第1回はいったいなんだったんだ?

それと、久しぶりにでてきたザックのキモさも特筆すべきものがないですか?スーザン(テリ・ハッチャー)が頼んだからギャビー(エヴァ・ロンゴリア)が橋渡しをしてしまったけどこれが結果としてマイナスに出ていてギャビーがかわいそうな気がしちゃうのは私だけ?

相変わらずだなぁ、って思えるのはやっぱりスカーヴォさんち。リネット(フェリシティ・ハフマン)、広告業界でのキャリアを諦めてピッツェリアのマネージャーになる腹をくくったようだけれど、ちょっとドキドキです。

この中のエピソードで気になったのはやはり「小児性愛者」(=pedophile)疑惑に関するエピソード。リネットが軽い気持ちで噂だけでも広めてもらおうとマクラスキーさんに喋ったことが近隣住民の一大住民運動に発展し、疑惑の人物のお姉さんは持病を悪化させて死んでしまいます。

でもその後が不気味だった。「これまでは我慢してきたこともあるけれど、これからはね…ふっ」ってあの笑いはリネットの母としての直感が間違っていなかったことを示しているのと同時に、「彼」はどこかに流れていって新しい標的を探したり行動を起こしたりするかもしれないことを暗示していて、取り合おうとしない警察の対応とともに、心底怖かった。

コメント

ギャビーへのお花!

かもさま、三度目のこんばんは。

確かにカルロスがシチュエーションごとに違う花をギャビーにプレゼントするっていうのをつぎつぎ喋ってゆくあのシーンはついつい微笑ましくて笑ってしまいましたねぇ……。

>>この回あたりがマーシア・クロスの出産だったんですね

しまった、とにかくだらだら流し見していたのでブリーのクローズアップショットだけ(バストショット以上)とか倒れるところとかもっとちゃんと観ておけばよかったですyo~。

ザックはとにかく髪型がキモくてどうしたらいいんでしょうと思いながら観てました。お金があればギャビーと結婚できると思い込んでるあたり、どうなんでしょ、ヤングさんちはどういう教育を事件前までしていたんでしょうか。やっぱり急にお金持ちになるとそれまでの価値観が180°変わってしまうものなんでしょうかね…。

そして

rukoさん こんにちは

実は私が変わらず視聴を続けられたのはこのドラマだけだったりします(そんな私が「崖っぷち」)。
実は私、最近のアンドリューに萌えもえです(笑)。多分ブリーの過干渉な性格が他所に向いて素直にママを好きと言えるのねー、大人になったねー、レックス見てるー?(そしたら声で出演があって嬉しかったー)と思って視聴してます。

ジュリーからギャビーって貴方のタイプに一貫性がないんですけど??とザックには言ってやりたい。内実の伴ってないお子ちゃまに金を持たすとろくなことないってことですね。草葉の陰でママも泣いてるよ・・・。
アートは「妹を間接的に殺したリネットが憎い」ので怨念こもった演技をして立ち去った、と思うことにしています。でも人が「向こう岸」に渡っちゃうのってホントにこういう家族だったり世間体だったりそういう何かのタガが自らの意思にそむいて急に外れた瞬間なのかもしら、とも。
アートと別の意味で恐かったのはアルマの下着姿とあのハッスルでした(爆)。

最新回で笑っちゃったのはトムに「どんだけロマンティックだよ」と突っ込んでたカルロス。やぁだ、あなただってギャビーにあげるお花、十二分にロマンティックだったわよー(笑)。
多分この回あたりがマーシア・クロスの出産だったんですね。先週はベッドにいるだけだったし、今週はご本人は出演されてなかったし。ブリーが出るとお腹を伺ってしまってましたがもうそれも終わりかな。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rukolog2.blog60.fc2.com/tb.php/2169-f973ae41

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。