スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不安症…… 都の風〈第16週〉 

智太郎さん(柳葉敏郎)と残酷なお別れを用意した直後にこういうシチュエーションは反則だわっ!とテレビに向かって毒を吐いたのは私だけですか、そうですか(笑)。

朝の連続テレビ小説アンコール「都の風」はNHK-BS2で毎週月~土曜7:45から放送中。

ベートーヴェン:交響曲第6番「田園」ベートーヴェン:交響曲第6番「田園」
コロンビア交響楽団 ワルター(ブルーノ) ベートーヴェン

ソニーレコード 1999-01-21
売り上げランキング : 4126
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

→またも夢やぶれて(っつーか何が夢なんだかよくわからないが)奈良へやってきた葵(松原千明)が癒されたのはベートーヴェンの交響曲第6番「田園」でした。

FC2ブログでの人気ドラマレビューをチェック!

私は何となく長女キャラということで葵に親近感を持ってこのドラマを観てきたので、今週は雄一郎さん(村上弘明)同様「生き方探し」って難しいなぁとしみじみ思いました。時代も悪かったと思います。

それにしても自分のアパートに勝手に女つきで入り込まれてすごすごと撤収ってドラマが始まった当時のいけずな葵ねえちゃんからは想像もできひんわ~。

ただなんだかんだ言って音楽が好きやねん、というのは一本芯が通っているようだし、これからまたどう変身するのか楽しみかもしれません。

それはそうと看護師のスキルは悠(加納みゆき)の問診には充分以上に生きていたような気がするんだけど、もうあの仕事には戻りたくないのかな…。

というわけで今週の悠さんは智太郎さんがいなくなるとほぼ同時にご懐妊が判明、もうハッピーハッピーですよ。雅子さんからお手紙が届いて智太郎がすぐに姿を消してしまった、というところでちょっと不安にはなるものの……。

今週の山場は妊娠7カ月を過ぎて腹痛を起こし、流産の危険があるということになったのだが雄一郎が帰宅するとけろっと治る。葵ねえちゃんのみたては「妊娠不安症」!

自己流で考古学を勉強しても限界があると悟って吉野屋に戻ってきた雄一郎が悶々とするなか出産が近づく!

ってな感じでした。葵ねえちゃんは

「あんたの幸せはあんたが自分の手で掴んだもんや」

って悠に言っていて、決して間違いじゃないんだけれどこういうヒロインの生き方というのが何を示唆するのかっていうのが私にはよくわからないんでだんだん混乱してきてます。

コメントをつけてくださるかもさんの「悠=チャングム説」というのにもうなずいてしまうしね。

宮廷女官チャングムの誓い DVD-BOX I
宮廷女官チャングムの誓い DVD-BOX Iイ・ヨンエ チ・ジニ ホン・リナ

バップ 2005-04-21
売り上げランキング : 2559

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
宮廷女官チャングムの誓い DVD-BOX II 宮廷女官 チャングムの誓い DVD-BOX III 宮廷女官 チャングムの誓い DVD-BOX IV 宮廷女官 チャングムの誓い DVD-BOX V 宮廷女官 チャングムの誓い DVD-BOX VI


ちなみに私は現行朝ドラの「ちりとてちん」も観ていますが、始まった頃は期待していたヒロインの貫地谷しほりの演技がどんどん調子に乗って過剰になっているので今脱落寸前です。

で、何をいいたいかというと今期の「ちりとてちん」はヒロインがネガティブ思考の持ち主で、悠の対極にあるということです。が、そうはいうものの落語家としてデビューはする、早々と(ほぼ?)初恋の人である草々(青木崇高)と結婚もする、といういわゆる「朝ドラヒロインフラグ」を順調にこなしているのがイヤ(爆)。

ヒロインとしての対極にある悠はどんなことにも「信念を持って」突き進んでいくわけですがこれって一歩間違えれば「価値観の押しつけ」であり、繊細な雄一郎さんはそれを受け止め続けていくのかどうか、まぁヌルく見守るしかないんでしょうね。

コメント

ついに復職ですね(ネタバレ)

かもさん、こんばんは。いつもながら遅レスすみません。

うん~確かに薫ちゃんお母ちゃん孝行な子やね。っていうか妊娠がわかっていて智太郎と会うのとそうじゃないのではまたショック度合いも違いますからね、流石の脚本だと思ってしまいました。

智太郎さんと雄一郎さんのどっちに悠が似合うか、というのはリアルタイム放送時に熱く同級生たちと語った記憶がありますw たぶん、学生でしたから自分が好きなほう(智太郎or雄一郎)に肩入れしていたわけで…。私は智太郎派でした。

でもかもさんのご指摘通りで、悠のようなパワフルな人であれば雄一郎さんよりも智太郎さんのほうが「支え役」としては向いてますよね、たぶん。

いえいえ

rukoさん こんにちは

いえいえ。
「智太郎さんを忘れようとした瞬間、その穴を埋める事件ですか、いい幕引きやなぁ」と毒づいたのは私です(笑)。
智太郎さんの前で悪阻にならなかっただけ、薫は生まれる前から母思いってことでしょうか。

うーん。
私は悠には智太郎さんの方がお似合いだなぁと思うのですが。悠が再三「あなたはお好きなことしてください」って言ってますが、雄一郎さんは悠よりも地に足着いて生きてる方で、悠に守られてって生き方はできないんじゃないかなぁ。それより智太郎さんの方が「お前が子供や親父の面倒もみてくれるからボクは好きなことできるよ、ありがとう」と象牙の塔の住人になっていられる気が・・・。

「ちりとてちん」、私も見てますよー。
清美のように朝ドラのヒロインがpessimistでもいいのが、悠から20年経って日本人も変わったってことかしらん、とか思ってました。

ところで2人が結婚したことはお初さんには知らせてないんですかね?「まぁまぁまぁ。ウチのお陰やねん、あんたウチに足向けて眠れんで~、ぼん~」と雄一郎さんの肩を叩くお初さんを見たかったなぁ。雄一郎さんが生き方をみつけて完全復活したらゼヒ再登場を望みます。





コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rukolog2.blog60.fc2.com/tb.php/2172-48e63350

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。