スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岐路 デスパレートな妻たち〈3-21〉 

Into the Woods(邦題:迷い道)

う~ん、なんだかとってもリネット(フェリシティ・ハフマン)が気の毒に感じてしまったエピソード。いつも全力疾走で、結局はいつもトムの意見に従う形でここまできてるわけで、ストレス発散の窓口を探したくなる気持ち、なんだかわかってしまったから。

デスパレートな妻たち3」はNHK-BSで水曜23:00から。

Desperate Housewives: Behind Closed DoorsDesperate Housewives: Behind Closed Doors

Hyperion Books (Adult Trd Pap) 2005-09-28
売り上げランキング : 8436
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


FC2ブログでの人気ドラマレビューをチェック!

トムも妻を信じられないんだろうね……。自分の身体にまだ自由が利かないから。リックがリネットに気があるのは許せないという気持ちは分からなくもないけど、なんだか最悪の結末になってしまった気がします。お風呂の水を流しながら泣いていたリネット、かわいそう。

ギャビー(エヴァ・ロンゴリア)が結婚したヴィクターさん、オーソン(カイル・マクラクラン)ほどじゃないけどちょっと怖い人みたいですね。人を使って駐車違反取締官をボコにするだなんて、ギャビー、結婚しちゃってだいじょうぶだろうか(汗)。

スーザン(テリ・ハッチャー)はもうあまりにも予想通りの展開だったのでパスw こういうめでたい人が意外とハッピーになるっていうのがどうも納得いかない私はひねくれ者。

意外な展開を見せてるバカルロスとイーディ(ニコレット・シェリダン)。子はかすがい?

コメント

ブリーがお掃除すると

かもさん、こんばんは。

>>ウィステリア通りをキレイにお掃除してほしい。

ブリーがお掃除すると虫1匹いなくなりそうでちょっと怖いんですけど(メタミドホスとか使ってそうで)。

リネットは仰る通りのような気がします。姉さん女房でいつも結局はトムを論破してしまうところに引け目も感じていて(感じる必要ないのに)、言ってみれば古風な女性なんですよね。

スーザンは、やりたいようにやっていただくとして、イーディーもいつも以上に遣り手で私は失笑しつつもちょっと微笑ましかったんですが…。

リネットの過去?

rukoさん こんばんは

私もリネットとトムって実は相性悪いんじゃ?と先週訝しく観ていたので、今週の展開は観ていて切なくなってしまいました。
確か母親に虐待されていたというし、リネットにとって「家庭」を守り続けるってものすごく(とりあえず、スーザンよりもずっと)意味があるものなのかも、と思ってしまいました。何かのトラウマで絶対壊すことができず、だからあんなにいつも全力疾走なのかなぁと。
しかし恋するオーラ出しまくりの時とオレンジのTシャツ着てた時と別人のように緩急ついていて、フェリシティ・ハフマンってうまいよなーと感心してしまいます。

スーザンはねぇ・・・。イーディがイライラするのも無理ないよね・・・・。あんなおキラクなのにイーディが欲しいもの(カルロス以外)全部持っていくんだもの。
あぁもう宣言どおり、あとは勝手に幸せにずっとお暮らしくださいって感じ。どうせ波乱万丈女だからできっこないけど。

アンチスーザンな分、今までイーディには好意的だった私ですが、カルロスgetの為には我が子さえも利用するのを見てたらやっぱり嫌気がさしてしまいました。

早くブリー帰ってこないかなぁ。
ウィステリア通りをキレイにお掃除してほしい。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rukolog2.blog60.fc2.com/tb.php/2210-a749b448

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。