スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンスターペアレント デスパレートな妻たち〈3-23 最終回〉 

Getting Married Today(邦題:二人の花嫁)

え、イーディ?とそれだけで衝撃的なシーズン3のエンディングでしたw っつかああいうことするタマじゃないっつの、というわけでまさか、と思っておきますよ?

デスパレートな妻たち3」はNHK-BS2でのファーストランを終了しました。

デスパレートな妻たち シーズン3 COMPLETE BOXデスパレートな妻たち シーズン3 COMPLETE BOX
テリー・ハッチャー. マーシア・クロス.フェリシティ・ハフマン.エヴァ・ロンゴリア. ニコレット・シェリダン

ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント 2008-05-02
売り上げランキング : 639
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


FC2ブログでの人気ドラマレビューをチェック!

今回はモンスターペアレントが3人登場。一人はすでに故人ですがイーディの母親。次いでリネットのリンパ腫を知ってしまった母親、そしてちょっと気になる存在だったヴィクターの父親。どいつもこいつも、まったく………という感じです。

特にリネット(フェリシティ・ハフマン)の母親はようやくご本尊を拝観できる、って感じですが、予想以上のツワモノでした。「がんと親と両方は戦えない」って、だから帰ってって頼んでるのに(泣)。トムがリックのことを持ち出してまったく相手にしないって言うのがもう許せない!

スーザン(テリ・ハッチャー)はこのドラマが始まって以来初めてまともな選択をしたような気がしました。あの少女趣味な結婚式場はどうかと思ったけどね。ジュリー、偉いよ。あ、そうか、ジュリーにとってはスーザンもある意味モンスターペアレントなのか。

で、究極のモンスター、ホッジ家(笑)。中の人=マーシア・クロスの妊娠があったから猫騙し喰らっちゃったけど結局はブリーは妊娠しているフリで、ダニエルの子が産まれたら里子に出すんじゃなくてホッジさんちで育てる訳だ。

親って、親って………。といろいろ考えた45分間でした。

コメント

カーリーが

かもさん、どもども

カーリーがスタイリッシュとはまったく思わないけどあれでCM橋田壽賀子じゃダレもDVDレンタルしてくれないと思うのであれはあれでイイと思います(梅宮アンナのバージョンはまだ観ていないが)。

あまりにもベタな橋田ワールド、アメリカ側のパブリシティがイヤがったりしてね。

妄想して待つシーズン4

選対本部長!
あまりにもツボでした。
ビクターが共和党なら二つ返事で引き受けてくれそう!
で、選挙直前に本部長の身辺に未解決ひき逃げ犯が2人もいることがリークされて、ギャビーがバスケットごと本部長の顔にマフィン投げつけるんデスよね(妄想)。

渡鬼説、rukoさんに採用頂けそうで嬉しいデス。カーリーのCM見ると、私なら橋田センセ使うなあと見てます。

橋田センセのドラマは「橋田壽賀子劇場」とかなんとか冠がつくって前に聞いた気がするので、アメリカの脚本家と違って著作権認められるんでしょうかね?
一部の大御所(ジェームズ三木とか内舘牧子とか?)には配慮されてるのか、ふと気になり始めました。渡鬼テーマソング指揮の羽田健太郎さんとかもね…。

リネットの災難

かもさん、どもども……コメントおそくなってすいませんでした。

いやートムちんのアホアホぶりにはかなりイライラさせられたシーズンでしたね。ってかノーラのことがあるのにどの面さげてリネットにリックのことをとやかく言えるんだと思いながら観てました。

ブリーはヴィクターの選対本部長でもやったらいいとおもいますよ。完璧に仕切って知事にでもなんでもなっちゃいそう。お得意の焼き菓子爆弾も炸裂してね。ま、その前にダニエルの子どもが生まれないことにはどうしようもないですが(汗)。

デス妻=渡鬼説にはちょっと感動です。私はドラマはほとんど観たことないんで、次のシーズンが始まったら「たらららららら ら~らら~」っていうあのオープニングの音楽がきっと聞こえる気がしますwwww

モンスターしかいない…

rukoさん こんにちは

このシーズンはノーラから始まってリネットにとって大殺界でしたね。
椅子の上で膝を抱えてクスンクスンしたリネットが気の毒すぎる…。あれだけ彼女がこだわってる母親を大したフォローもせず呼ぶ程おバカさんとは。
上手く回ってるときはリラックス効果のある「愛すべきバカ」だけど、歯車狂うとタチ悪い典型だな、と又々トムを見損なってます。

久々のブリーポイントはジュリーにメールするシーン。ブリーが代筆してもすぐばれると思うんですケド。

スーザンとマイク…。ハイスクールの人気者同士が盛り上がって結婚しちゃったみたいに見えます…。

ビクターは次はブリーを押さえるべし。票田背負った花嫁に離婚は罪だと諭してくれるだろうし、口コミ奥様票田を抱えてますから。
ところでザックの邪魔は入らなかったのかしら?ザック(のおじいちゃん)の財界への影響力とビクターの政界力を競わせてみたい。
ギャビーはセレブ(?)な生活に目がないけど「愛される」事に餓えてるからなぁ。これも母の影響ですよね…。
というよりレックス、カルロス、トム、イアン含めて皆様大した親御さんお持ちかも?例外はマイクとヤング夫妻くらい?

私もイーディは「そんなタマでない」に一票。ていうかそんなキャラ違うし。

次シーズン始まったらリネットの幸せを見届けたくて見てしまい、又完走しちゃうと思います…。私的にはこのドラマって米版「渡鬼」なんですよ…(橋田センセのは第2シーズンだけうっかりはまってあと挫折。山岡久乃が好きでした…)。ダラダラ見られるのが魅力というか。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rukolog2.blog60.fc2.com/tb.php/2225-b1294bd5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。