スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

那覇・琉球料理乃山本彩香 

週末を利用して沖縄に遊びに行っていました。最近八重山づいていたので那覇は久しぶりでとても新鮮でした。そんななか、食べ物にうるさいお友だちが旅程が決まってすぐに予約してくれた超人気店「琉球料理乃山本彩香」に行ってきました。食べログでの皆さんの評価はこちらから。

アグーの箸置きこの箸置きはアグー(戦争でいったん絶滅したとされる沖縄の伝統的な豚)。お店はカウンター4席と個室が2つ(定員4~6人くらい?)で、予約するのが至難の業というのもわかります。場所は那覇の中心街でいうと少し南より、辻に近い久米というところにあります。


豆腐ようまず最初に豆腐よう。黒文字でちょっとずつ戴きます。ここの豆腐ようはマイルドで鼻につんときたりしません。豆腐ようってだいたいみんなトライして嫌いになっちゃう人が多いのでこれを食べてほしい~。東京・京橋の明治屋などで買えるそうです。


みぬだる続いて出てきたのが「みぬだる」。豚肉の上に黒ごまのペーストを載せたものです。ここから時計回りにたーんむ(田芋。里芋に近い沖縄の芋)を揚げて甘くいりつけたもの(大学芋っぽい)、カステラカマボコ。みぬだるは大好きです。


ゆし豆腐ゆし豆腐は上にアーサと山芋がかかっていました。その上には梅肉のトッピング。不思議で、優しい味です。


アカマチの刺身とシロイカの豆腐よう和えお刺身はアカマチで沖縄の野菜長命草をはさんであります。ごまダレで食べるのがこりこりした食感にすごく合っていました。左上はシロイカの豆腐よう和え。お酒のあてには絶品です!




お酒はというと、座ったらテーブルの真ん中に瓶のふたのところまで泡盛「春雨」の15年ものが入っていました。お会計のとき目分量でどれくらい消費されたかが確認されて上乗せされます。でも超リーズナブルだった…。

スーチカースーチカー(豚肉の塩漬け)をあぶったもの。レモンを絞っていただきます。


どぅるわかしー「どぅるわかしー」はたーんむにかまぼこ、豚肉などを入れてお出汁で練った沖縄独特の食べ物。苦手な人も多いし、作る側も貧しい時代を思い出すから嫌だという方もいるそう。でもこのどぅるわかしーは食材がまざった(ちゃんぷるーですね)いろんな味と出汁の味が美味であっという間にお腹に。


このあたりまでゆるゆると食べ続けていると満腹中枢も刺激されてきますが、このへんが感覚的には折り返し地点!

ミミガー左側がミミガー(豚の耳の和え物)。黄色とオレンジのニンジンが目に鮮やかです。右側はかまぼこにネギをゆでたものを巻いて酢みそをかけたもの。ほっとする味。


ラフテーここのお店のラフテーはみそで味をつけています。以前、某新聞の家庭欄に載っていたので私もピーナツバターを使ってつくったことがありますが、とても濃厚なんだけど脂がしつこくない不思議なラフテーです。


ソーミンタシヤーこってりしたラフテーの後にはトッピングにぴりっと辛い島らっきょうをたっぷり載せた「ソーミンタシヤー」が出ました。「そーみんちゃんぷるぅ」といういい方をする方が多いようにも思いますが、お店の方の説明では、「炒める」という調理法には3つあり「ちゃんぷるぅ」は基本的には豆腐が入っているのだそうです。それと「タシヤー」さらに「イリチー」と分かれているそうで、奥が深い…。


もちろん、じーまみーどうふ(写真を忘れました)も出ました。甘いたれではなくだしとしょうがでいただくので、ラフテーの味がぱっと消えてなくなる感じ。

ごはんラストスパート。右側はお味噌汁ですが「イナムドゥチ」というそうです。イノシシを昔は使っていたそうですが今は豚肉を使っていて、白みそ仕立てなのでほんのり甘く、パワフルなスープ。これと一緒にお赤飯風に炊いたご飯をいただきます。つけあわせのダイコンのお漬け物は牛乳と酢で漬けてあるのだそう。


ひー、く、苦しい…。

タピオカデザートはタピオカの黒糖シロップ。かなり強く生姜が効いていました。何か薬効があるのか、手足が膨張するような感じでした。


のんびりゆったり、2時間半近くかけてこれだけいただきますがホントに満腹になりました。このお店は基本的にこのコースしか提供していません。

沖縄料理って最近居酒屋系でも増えているし、こんなもんでしょ、と思っている人たちに一度行ってほしいような、でも予約が取れないから行ってほしくないような、そんなお店です。

オーナーの山本さんはこの日はお留守でしたが近々「サライ」に登場したり、NHKのお料理のテキストブックにも登場される予定があるそうなので、沖縄と沖縄の食に興味のある方は要チェックです。

コメント

スーチカー好きです

びんさんこんにちは。

スーチカーお好きですか。私もあぶってほどよく脂が落ちたスーチカ好きです。

鹿男に行き着く前に

ここで立ち止まってしまいました^^

スーチカー、おいしいですよね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rukolog2.blog60.fc2.com/tb.php/2227-d6ca82d9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。