スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛 パンドラ〈8〉 

終わりました…。でも「愛」という副題の割には死屍累々って感じで、何となく後味の悪い終わり方になったのは否めません。愛美(谷村美月)はもうテッパンで仕方ないとしても………あとは、悪いやつほどよく眠るって感じも出ていて、リアリティはあったと思います。

それと、これ完全に的場(柳葉敏郎)のドラマになってたよね。それを井上由美子が意図したのかどうかはわからないけど。鈴木(三上博史)も太刀川(山本耕史)も全くかすんでたと思う。



FC2ブログでの人気ドラマレビューをチェック!

しかしまさか鈴木があんな形でおとしまえをつけるとは思っていませんでした。それもあんなおまけつきで。

沼部(相島一之)や朋田(平田満)あたりは想像できちゃったですけどね。でも文句を言わせてもらえばボニッパル薬害の森村(田窪一世=殺された人)による恐喝?事件についてあんなにさらっと最終回でFBで流さなくてもいいのに、というのがひとつ、森村が調べられるんだったら警視庁捜査一課だってさくっとバックグラウンド捜査はできちゃうでしょ、大臣と異母弟だっていうところまで(爆)。

警察の話でいえば「公安が」ということばが頻繁に出てきたんだけど警視庁の中にも公安あるし、結局は本庁(警察庁の)って話でしょ、そのへんのところを何かやっぱりスッキリさせてほしかったな。なんでも「公安が」といえば警視庁はぐぅの音も出ない、みたいなんじゃつまらない。

エピローグの鈴木と的場の会話は秀逸だったと思います。自分の体内にパンドラが生きているからいつかあなたを治療する、という鈴木に対しあなたの薬は飲まないと主張する的場。自らがんを患い、流浪の果てにようやく愛する家族ができてなかなか言えることばではないと思います。それでも鈴木の慢心を最後まで抑えるため、そう、緑川先生(山本圭)が言っていたような台詞だなぁとしみじみ。

というわけで主人公はギバちゃんだったってことで、このドラマ。なんか飯田(小西真奈美)が中途半端だったな。パンドラへの関わりも中途半端なら事件からの降り方も中途半端だったし、結局大学病院にはいられなくなったみたいだけど、よくそれで済んだなと思います。

コメント

ナレーター≠狂言まわし?

かもさんこんにちは。

完走お疲れさまでした。まとめて観たらよけいどっと疲れが出ちゃったんじゃないかと拝察いたします。

>>1回目で登場人物が皆腹にイチモツありそうに見えたのに、皆コツブじゃーん

ですね。私の中ではやっぱり國村さんがしっくりこなかった(どうみても大学教授のニンではないと思う)のが敗因です。それと途中で緑川先生を殺してしまったのも白と黒みたいなのがなくなってみんな小悪党って感じだったのがナゾだし。

ちなみに太刀川のリーク先が週刊誌っていうのはギョーカイを知ってる私としてはそれほど違和感はありませんでした。巷間思われているほど新聞は「圧力」はかからない媒体だと思っていますがそのかわり自主規制と横並び意識が強く、特ダネを書くときにいろいろ関門があります。太刀川がもうこれは週刊誌にやっちゃうしかない、と思わせる出来事が描かれてれば納得のしようもあったんですけどね。

立ち位置が最も散漫だったのが太刀川じゃなかったかと私は思ってます。ナレーターもして、重要な役割を果たした小夜子と関係があったのにも関わらず、やったことはネタを週刊誌に売ったことだけ、みたいじゃ……。

小夜子がかすんだというべきか余貴美子が勿体なかったというか、両方でしたね。K山さつきさんとかK池百合子さんとか、描きがいのある女性政治家は何人かいると思いますが、確かに唐突な感じはあったかなと。

三上博史は……………。次回作に期待ですかね(汗)。

愛って副題

rukoさんこんにちは
週末はドラマ漬で、見終わりました…。

昔テレビ版リングが最終回に急に登場人物が「愛」を口にして終わっていったのを思い出しました。あれもギバちゃんだった。

1回目で登場人物が皆腹にイチモツありそうに見えたのに、皆コツブじゃーんって思うのが尻すぼみに感じる所以でしょうか。
鈴木が権力を手にしてもっともっと狂気に走っても良かったかなあ…と。
あと太刀川のリーク先が週刊誌っていうのもなんだかなあ…と。

8回しかないのに立ち位置を複数にしたので散漫になった感じ。

小夜子は余貴美子が出てきた瞬間かすみましたねー、絡むシーンもないのに。井上さんが「あの方」を描くのが楽しくなっちゃったんでしょうか?後半悪のりしすぎに思いましたが。

しかし、三上博史…。なんだか残念、だなあ…。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rukolog2.blog60.fc2.com/tb.php/2311-1f67037e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。