スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強制捜査 監査法人〈4〉 

うーん、なんだろう。怒濤の展開で動きもたくさんあったし、「これから」を予感させることの仕込みもあったのにあんまり「おもしろい」と思えないエピソードでした。全体的に説明的すぎたからかもしれません。

土曜ドラマ「監査法人」はNHK-総合で土曜21:00から。

公認会計士vs特捜検察公認会計士vs特捜検察
細野 祐二

日経BP社 2007-11-15
売り上げランキング : 2343
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

→むしろ来週の内容のような気もしますが、まぁいいかな…。

FC2ブログでの人気ドラマレビューをチェック!

「迷惑かけてすまない 後始末頼む」のメモを残していなくなってしまった吉野(勝村政信)。ここまできてなお、東都銀行の決算書を書き直させるよう指示を出す篠原(橋爪功)。

ジャパン監査法人が東都銀行の決算を承認しなかったことがマスコミに漏れて週刊誌に書かれることに。若杉(塚本高史)と茜(松下奈緒)は情報をリークしたと名指しされて厳しく問いただされます。

一方で小野寺は財政監督庁を通じて外資系の監査法人とコンタクトを取り、何かを進めていこうとしている様子です。冒頭、2001年に倒産したアメリカの大企業と紹介されていたのはエンロンですよね。なんか懐かしいかも。

さて、なんだか消化不良だったのはあれだけイケイケだった茜が須賀(岩松了)の自殺と吉野の失踪によって急にトーンダウンしてしまったこと。例えば第1回の建設会社の監査のときも死人は出てしまった訳ですがこんなに凹んでいなかったと思うんですよね。

若杉が言うように東都銀行と北陸地方の中堅ゼネコンでは規模が違うのでダメージの大きさも異なる、そういうことなのかもしれませんが、そこへもってきて、自分は女子大生で会計士に合格してしまったから楽しいことは何もやって来ていない、だから当分はそういうことをやろうかと思う、という別れのシーンに鼻白まずにはいられません。

冒頭小野寺が言っていたように監査の仕事が人間の運命を左右することもあるということを認識せずに単に数字と向き合ってきた、そういうことを描きたかったのでしょうか、謎です。

そしていよいよ東都銀行への金融査察を経て、ジャパン監査法人に東京地検特捜部のガサ入れ(強制捜査)のメスが入ることになりました。意外だったのは特捜部の主任検事が堀部圭亮だったこと。あんまり好きな役者さん(というより芸人さんですよね、もともとは?)ではないのですが意外なほど役に合っていて、好印象でした。

その検事相手に篠原が滔々と持論を喋るんですけど、これがまたなんかヘンなんですよ。例えば若杉をなぜ「見初めたか」と聞かれて若い頃の自分に似ていたからかもしれない、と言います。そこまではいいんですよ。でも

「粉飾の事実を認めさせ、経理担当者や社長を呼び出して目の前で土下座させたものです。快感でした。自分の父親と年があまり変わらない男の人たちが先生、先生、って私の前で泣きながらひれ伏すんです。被告に判決を言い渡す裁判長の気分とでもいえばいいんでしょうか」。


たぶん若杉はそんな気持ちで監査に臨んでたんじゃないと思いたいけど、会計士さんの心境ってこんな安っぽいものなんでしょうか、とここもまたなんか引いちゃいました。

結局、小野寺は合法的にジャパン監査法人を乗っ取ったような形になり理事長におさまって新法人「エスペランサ(スペイン語で希望の意味)監査法人」をたちあげます。確かに何話か前に篠原が言っていたように「過程」を踏んでますね。これから小野寺がどう「舵取り」をしていこうというのか、これもまた見ものだとは、思います。

残り2話はいよいよ阿部サダヲちゃん大活躍、というか巻き込まれていくんでしょうね。彼演じる井上の起業に振り回されていくのでしょうが、彼が言っていた自分たちの世代についての説明は

ロストジェネレーション―さまよう2000万人ロストジェネレーション―さまよう2000万人
朝日新聞「ロストジェネレーション」取材班

朝日新聞社 2007-07-06
売り上げランキング : 46334
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ロストジェネレーションの逆襲 (朝日新書 77) (朝日新書 77)ロストジェネレーションの逆襲 (朝日新書 77) (朝日新書 77)
朝日新聞ロスジェネ取材班

朝日新聞社 2007-10-12
売り上げランキング : 59851

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


あたりに詳しいと思います。

でもあの「プレシャス・ドーナッツ」。原価かかってそうですよね~。私はまだクリスピークリームドーナツ未経験者ですがドーナッツプラントのデカイやつと同じくらい大きさがあってあんなにアイシングがしてあったら………。売れるのかしら、などとよけいなことを考えてしまいました。

あと、例に寄ってNHK、公式の更新が早かったのは認めるけど登場人物の説明でネタバレしすぎです!!!!!!!

コメント

打たれ弱かったということ?

Lady-eさんこんばんは。

結局はそういうことを言いたかったのかな。でも監査の世界には戻ってくるみたいだし…。

小野寺の舵取りもそうやすやすとうまくはいかなさそうなのはもう見えてる感じですよね。

こんにちは

rukoさん こんにちは
ホントだ!
でも、茜に関しては誰が見ても変って
思いますよねぇ
今回初死人ならともかく
ジャパンとしてはそいう実績があったわけだし
ここで あそこまで凹むなら
飛鳥屋の調査はなんだったんだ?って感じで
ギャップありすぎました・・・


小野寺の舵取り・・・
これも沈むんじゃないのかなぁ?

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rukolog2.blog60.fc2.com/tb.php/2344-ee6bcc6f

監査法人 第4回 (NHK 土曜ドラマ) 崩壊の序曲

NHK 土曜ドラマ 監査法人 第4回 崩壊の序曲 大船が泥舟に 東都銀行の監査にNOを出した若杉(塚本高史) 東都銀行 須賀(岩松了)の死 吉野(勝村政信)の失踪 若杉と茜(松下奈緒)の心が揺れます 吉野の書置き 迷惑かけてすまない 後始末頼む ...
  • [2008/07/07]
  • URL |
  • ALBEDO0.39 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。