スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亀裂 ザ・ホワイトハウス〈5-3〉 

Jefferson Lives (7月4日に)

話はふたつ。次の副大統領選びと、生還したゾーイを巡るその後の動き。印象に残ったことばは"nobody's nightmare." 日本語にすると誰とでもうまくやってゆける、的な陳腐なフレーズになっちゃうかもしれないけど、すごく印象的なひとことでした。そういう人が、なかなかいないだけにね。

ザ・ホワイトハウス」の第5シーズンはCS/ケーブル系のSuperdrama!TVで金曜21:00などから国内初放送中。

デスパレートな妻たち シーズン1 DVD Complete Boxデスパレートな妻たち シーズン1 DVD Complete Box
マーク・チェリー

ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント 2006-10-04
売り上げランキング : 3966
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


FC2ブログでの人気ドラマレビューをチェック!

なんで「デス妻」紹介しているかというと、副大統領選びの鍵を握る共和党の下院議長ハフリー役で、レックス役だったスティーヴン・カルプが登場したからなのでしたw えらくなったね(出演の順番は逆ですが)。

バートレット(マーティン・シーン)とスタッフ(主にレオ〈ジョン・スペンサー〉とジョシュ〈ブラッドリー・ウィットフォード〉)はベリーヒル国務長官の推挙でほぼかたまっていましたが根回しの過程で下院で多数を握っている共和党と会談した結果、ハフリーが副大統領候補としていくつかの名前を書いたリストを出してきたからなのでした。

ほどなくしてそのリストはマスコミに漏れます。

一方、ゾーイは気丈にも痛々しくも元気な姿を集まったマスコミの前に見せますが、心の傷はやはり大きく、チャーリー(デュレ・ヒル)がそれに気づきます。

そして怒りが収まらないのはアビー(ストッカード・チャニング)。ゾーイの護衛方法についてのSPとのミーティング時間をわざとずらしてレオが参加できないようにした上で、レオに静かに怒りの言葉を向けました。

この流れでいくと副大統領はコロラド州選出のスーツにブーツなラッセル下院議員でキマリという感じでしょうか。まだわからないかな。でも他の候補者たちの面接でバートレットがうんざりしていたのを見るとやはりここは…という気がします。

ホワイトハウスの一大事はとりあえず収束に向かっているけど、バートレット家の一大事はこれからが正念場です。ぶじ修復できますように。仲良くいちゃいちゃしてるファーストカップルが好きなんで。

カップルと言えばジョシュはエイミーとなんかやらかしてますが、ファンの皆さん心中穏やかじゃないんでしょうね~。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rukolog2.blog60.fc2.com/tb.php/2384-cf5c5018

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。