スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SEX and the CITY 

〈2008年、米制作 おすすめ度 シリーズ観てた人は★★★★+〉

笑って、怒って、ちょっとだけ泣いて、ちょっとエッチ。そしてたぶん女性なら4人のうち誰かに感情移入して観ることができる。その感じはシリーズ時と変わらず、2時間半があっという間でした。中盤から登場するキャリーのアシスタント役のジェニファー・ハドソンがすっげー美味しい役で、アカデミー賞を受賞するとこういうものか、と思ってしまいました。もちろん、主演の4人並みに専属のアシスタントやヘアメイクつきだったのをエンドロールで確認できたし。

キャリー役のサラ・ジェシカ・パーカーはSATCでアイコンにのぼりつめはしたけど、女優としての格は結果論だけどジェニファーのほうが上だもんね。

Sex and the City
Sex and the CityOriginal Soundtrack

New Line 2008-05-27
売り上げランキング : 154

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Sex and the City, Vol. 2: More Music Sex and the City: The Movie Sex And The City:  Music From The HBO Series Irma at Sex and the City SEX AND THE CITY:THE MOVIE


ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディションドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション
ジェイミー・フォックス, ビヨンセ・ノウルズ, エディ・マーフィ, ダニー・グローバー, ビル・コンドン

パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン 2008-06-20
売り上げランキング : 842
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


レビュー即ネタバレになってしまうのでとても書くのが難しいな、と今さら呻吟していますが、ちょっと意外だったのは映画のベースに流れているテーマは「ゆるし」であることです。人間だから過ちは必ずおかしてしまうもの。それを許すことができるかどうかがそれなりに年を重ねた人間だ、って言いたかったような気がします。

そういう意味で、毎日なんだかんだあるけれど、私は毎日幸せ、と言いきれるシャーロット(クリスティン・デイヴィス)がなんだかとってもうらやましかったナー。彼女はやっぱり「許し」のストライクゾーンが広いんだと思う。

さて。

前半のクライマックス「ドタキャン事件」は私はキャリーが悪いと思いました。

Mr.ビッグ(たぶん初めてジョン以外の本名が明かされる)の意向を聞かずに75人が200人とか(あえてわかりにくい書き方でスミマセン)、ヴィヴィアン・ウェストウッドからドレスをプレゼントされたから。「ヴォーグ」にウェディングドレス姿で載っちゃうから。でも、ちょっと舞い上がりすぎちゃったのかな~と。

結局、40歳のオトナの女子(という表現が正しいかわからないけど)として結婚準備する、というよりきゃぴきゃぴの20代がやってもおかしくない過ちをおかしてしまっていることにキャリー本人が気づいてなかったのが最大にイタかった。

ドタキャンで「コード・ブルー」が発令されてからの友人3人の連携プレーが素晴らしかったです。ホント、ミランダ(シンシア・ニクソン)とサマンサ(キム・キャトラル)、そしてシャーロットがそばにいたら何もこわいものはない状態。ミランダがさくさくと不動産の売却問題も片付けてしまったのには驚きました。

まぁビキニラインのことでサマンサと大げんかになった場面は失笑でしたけど。サマンサも「国立公園になるまで生やさなくてもイイ」なんて言わなくていいって(爆)。

身につまされたのは「おひとりさま 自室で過ごす大晦日」。キャリーが思わずミランダのもとに地下鉄を使ってでも駆けつける気持ちはすごくわかっちゃったな~(痛)。

若草の頃(1枚組)若草の頃(1枚組)
ジュディ・ガーランド, マーガレット・オブライエン, メアリー・アスター, ジューン・ロックハート, ビンセント・ミネリ

ワーナー・ホーム・ビデオ 2007-06-08
売り上げランキング : 88663
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

→セントルイス出身のルイーズ(ジェニファー・ハドソン)がキャリーにクリスマスプレゼントとして残していった「若草の頃」。カップヌードルを片手に、ひとり大晦日に観るにはあまりにもノー天気すぎます。スイッチ切りたくなる気持ちもまた分かりすぎて怖かった。

Ups and downsはいろいろあるんだけれど、映画のラストに向けて4人はそれぞれの進む方向をまたセットしていきます。サマンサが50歳っていうのはちょっと衝撃。見えないから。実際のキム・キャトラルは52歳というから驚き。ボトックス(笑)だけじゃないと思う。凄いね、女優オーラ。

というわけで正直いうと映画である必然性はあったかと言われると若干疑問でもあり、シリーズのSP版と考えてDVDまで待つのもいいですが"ビッグ"スクリーンでニューヨークの四季の移り変わりを観ながら楽しむのもまたいいと思います。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rukolog2.blog60.fc2.com/tb.php/2387-5c165ce2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。