スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次郎長三国志 

〈2008年 日本制作 126分 おすすめ度★★〉

し、しんどかった~。

観に行った理由が、クレジットもされていない、カメオ出演の歌舞伎役者の尾上松緑(おのえ・しょうろく)さんに会いたかった~というそれだけでしたんでね…。で、結論としては時代劇専門チャンネルで観とけばそれでオK、という作品だったのが惜しい。っていうかですね、どうしてこれだけの面子そろえて退屈するようなコトになっちゃうんだ?と疑問が残る一品となりました。

映画「次郎長三国志」オリジナルサウンドトラック映画「次郎長三国志」オリジナルサウンドトラック
サントラ

ランティス 2008-09-26
売り上げランキング : 5146

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


次郎長三国志(上) (角川文庫 む 11-1)次郎長三国志(上) (角川文庫 む 11-1)
村上 元三

角川グループパブリッシング 2008-07-25
売り上げランキング : 15493

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


キネマ旬報 2008年 10/1号 [雑誌]キネマ旬報 2008年 10/1号 [雑誌]

キネマ旬報社 2008-09-20
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


次郎長三国志次郎長三国志
マキノ雅弘 村上元三 山内鉄也

東映ビデオ 2008-06-21
売り上げランキング : 19017

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


松緑さんを観賞できたのは前半、次郎長(中井貴一)が花会?を開くときでした。近江の某という名前で竹脇無我サンと並んで座ってました。竹脇無我さんを観るのも久しぶりでちょっとびっくりしたりして。

なんで「三国志」なのかとか、森の石松がぬっくん温水洋一でいいのか、とか、もとの映画や原作がわからないのでなんとも言えないんですが………。大政を演じた岸部一徳はさすがの貫禄、小政の北村一輝はエロかっこよかった。

佐藤浩市がえ、コレだけですか?というのにも驚きました。

たぶんこの映画の好き嫌いを決めるのは2つあって、鈴木京香のお蝶を受け入れられるかということと、竹内力の三馬政がOKか、っていうことだと思うのですが私は両方ダメでした。あんなに次郎長にベタベタしたお蝶を演じさせるなら京香姐さんより若い女優さんにやらせないとだめだと思うし、竹内力はもうモロVシネのニオイで、勘弁してほしかった。

ほかの女優陣はマキノ雅彦と朝丘雪路の娘、真由子を除いてなかなかの健闘と感じたことを考えるとなんとも勿体ない。真由子が演じた役はちょっと美味しい役で、こういう役に自分の娘をもってくるカントクの嫌らしさをついつい感じてしまいました。

そして、お蝶が死んでゆく愁嘆場が長い長いなが~~~~~~~~~~~~~~い!長過ぎる!最後の立廻りが付け足しみたいになっちゃったのはかなり残念でした。

コメント

Sayopeeさんこんばんは。

中井さんは、かっこ良かったですよ~ストーリーに破綻があるわけでもないんですが何がいけなかったかよくわかりません。ちなみに、先週の土曜に公開されたばかりでしたが142人の小さなスクリーンで10人ちょっとしか観てませんでした(泣)。公開期間は短そうですね……。

こんばんは。
中井貴一さん目当てに是非見に行きたいのですが、当地ではそもそも上映がありません.....うぅ。
いつになったら見られるのやら。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rukolog2.blog60.fc2.com/tb.php/2398-67836853

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。