スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大ハズレ チーム・バチスタの栄光 

小説は大ベストセラー、映画もそこそこヒットした(んですよね)?の「チーム・バチスタの栄光」がドラマになってやってきました。「小説とは異なる衝撃のラスト!」とうたっていますが初回を観た結果はうーんんんんん。次回以降はパスします。

チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 599) (宝島社文庫 599)
チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 599) (宝島社文庫 599)海堂 尊

宝島社 2007-11-10
売り上げランキング : 23

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 600) (宝島社文庫 (600)) ナイチンゲールの沈黙(下) [宝島社文庫] (宝島社文庫 C か 1-4 「このミス」大賞シリーズ) ナイチンゲールの沈黙(上) [宝島社文庫] (宝島社文庫 C か 1-3 「このミス」大賞シリーズ) 犯人に告ぐ 下 (2) (双葉文庫 し 29-2) 犯人に告ぐ 上 (1) (双葉文庫 し 29-1)


FC2ブログでの人気ドラマレビューをチェック!

何よりも田口(伊藤淳史)の造形が薄っぺらいのにがっかりしました。とってつけたような田口の家族とのシーンも不要だと思うし、あんなに泣いてておまえは研修医か、みたいな…プロフェッショナリズムが感じられないというか。

原作と違う風に、オリジナルにやっていこう、という意図が大きく外れた気がします。

それと、白鳥(仲村トオル)も無理してオフビートなキャラクターにしようとしている感じが伺えて、これはちょっとミスキャスト。どちらかというと仲村トオルはチームのメンバーの誰かとして加わって怪しい感を漂わせてほしかったところ。

関連すると、チームがしょぼい!もっとチームのキャストをいわくありげな人物でそろえてこないと途中で犯人が誰だか分かってしまう気がします。いわくありげな代表が宮川大輔ってところでなんか終わってる気が。

しょぼいついでに言うと桐生を演じてる伊原剛志も、最初はいいんじゃないかと思って期待したんだけど合ってないんだなぁ…。ゴッドハンドをもっているという華がないというか。

というわけでいろいろ考えていたことがことごとく裏切られ、ほかに観るテレビ番組もいっぱいあるのでこれは涙をのんで脱落します。最終回だけ観ようかな。

コメント

これくらい全部ダメだと

Lady-eさんおはようございますます

なんかスパッとあきらめられていいですね。やっぱり原作は田口あってのあの展開だからコドモ(テレビ)にしたり女性(映画)にしたりしちゃちょっといけないようなきたします。

そっかー映画のほうがよくできてましたか。今度WOWOWにおりてきたら観ます。

あはははは

rukoさん こんばんわー

田口君と白鳥だけじゃなくて
オールミスキャスじゃない?(^^;
全然なんだかなぁーって感じで
原作がかわいそうな初回でしたよマジ・・・

映画も私は見たけど・・・
映画見たときはねぇ 田口は
結子ちゃんじゃないだろ
って思って見てたけど・・・

ドラマみてから思い返すと
映画は良く出来てた気分になれました(^^;

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rukolog2.blog60.fc2.com/tb.php/2438-694b3979

チーム・バチスタの栄光 第1回

火曜日 9時 フジTV チーム・バチスタの栄光 第1回 いやぁ~なんだかなぁ~ なんか違うだろぉ?・・・・ えっと、私の場合チーム・バチスタの栄光は 本も読んでるし映画も見ていて 映画では、田口を竹内結子がやっていたのと 桐生恭一が伊原剛志がなんとも
  • [2008/10/17]
  • URL |
  • ALBEDO0.39 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。