スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンツフェルト実験室 七瀬ふたたび〈4〉 

対決

未知能力を研究している漁(すなどり)藤子(水野美紀)も自分自身の未知能力に目覚めてきたとみられる今回は、ヘンリー(郭智博)も念動力が暴走します。西尾(今井朋彦)は中ボスでいいんだよね?

七瀬ふたたび」はNHK総合で木曜20:00から放送中。

七瀬ふたたび (新潮文庫)七瀬ふたたび (新潮文庫)
筒井 康隆

新潮社 1978-12
売り上げランキング : 587
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


FC2ブログでの人気ドラマレビューをチェック!

恒介(塩谷瞬)が探す残る5人の能力者はこんな感じ。子連れになっていたさやかの「能力に折り合いをつける」ということばが印象的でした。

スドウタケシ(脇知弘)=サイコキネシス。ただし能力は消えた。
タケダユウジ(長谷川智己)=予知能力。前回登場、予知能力でお金儲け中。
コヤマサヤカ=テレパス。ただし夫と子どもは知らない。能力と折り合いをつけている
ゴミユリコ=?(武田が知っている)
ナルセマサアキ=?(同上)

ヘンリーが念動力をマジックに"活用"している場面、「超能力なんです」と無邪気に主張するとマスター(北村総一朗)も、観客もどん引きになるのが印象的でした。いま、現実社会では超能力ブームではないのであんまりリアルではありませんが、この本が書かれた時代を考えるとスプーン曲げとかがキていた時代であったわけで、今だったらどんな反応になるのか、気になります。

七瀬(蓮佛美沙子)は自分や恒介、朗が近くにいたからヘンリーが能力に目覚めたのではないかと心をいためます。そういう事態とシンクロするように、藤子もまたフラッシュバック?するような新たな能力に目覚めたみたいです。次回を待て。

藤子のもと、「ガンツフェルト実験室」(赤いライトで視覚情報を無効にし、音声情報も雑音の入ったイヤホンで殺す装置を設けた実験室)で藤子が見たものを確認した七瀬は非常に「よい」実験結果を残しますが、

「研究は能力をなくす方向にやってほしい」

と懇願しました。

さて、瑠璃(柳原可奈子)が西尾に操られて窮地に陥り、それを助けに行こうとした七瀬は逆に西尾に迫られ窮地に陥ります。そこへ駆けつけたヘンリーが思いがけない力を発揮。かねてから西尾の身辺を探っていた高村(市川亀治郎)またまた登場となります。

西尾が自分で飛び降りたと主張したことから事件は一件落着となりましたが……うーん、西尾に貸しをつくった格好になってしまったので、あまりよくない展開だなー。これからまたどんな牙を剥いてくるのか、ちょい恐ろしい。武田とはつながっているのだろうか。

あと今後は七瀬を軸に恒介とヘンリーで三角関係か?うーん………。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rukolog2.blog60.fc2.com/tb.php/2458-a6fa2524

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。