スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

胸騒ぎ ありふれた奇跡〈1〉 

じっくり、ゆっくり観たいかも、というドラマ登場です。前クールの「風のガーデン」のような色づけが現段階では難しいですが、紡ぎ出されていく台詞の丁寧さに、ちょっと脱帽。あまりセンセーショナルにならずに淡々と進んでいってほしいな…。

ありふれた奇跡」はフジテレビ系で木曜22:00から。

雪と氷の旋律雪と氷の旋律
エンヤ

Warner Music Japan =music= 2008-11-12
売り上げランキング : 36
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


FC2ブログでの人気ドラマレビューをチェック!

2度観る余裕はちょっとないので次回からは書きながら観ようかなと思っています。今回いちばん心に残った台詞は翔太(加瀬亮)が加奈(仲間由紀恵)を探したとき

「早く別れすぎた気がして」

というのがすごいよかったんですよね……。

そして、冒頭に起こった事件で現場である駅に駆けつけた警察官の権藤(塩見三省)がまたいいとこをがばっと持っていきました。駅長に言って興奮する藤本(陣内孝則)にお茶を飲ませるところから始まり、「3人」が再度会うセッティングをする場所まで実にスマートなおまわりさんです。こんな人がもっとたくさん現場にいたら犯罪も少ないかも?なんて思ってみたりして。

さて、加奈と翔太が出会うことになるのはとある駅で、藤本が飛び込み自殺をしようとしていると感じてふたりがかりで藤本を止めるところから始まります。翔太はともかく、特に、もう階段も降りようとしていた加奈がなぜ藤本が死のうとしていると直感的に思った、あるいは胸騒ぎを感じたのか。

その答えは藤本本人からラストにもたらされます。

「あなたたちも、過去に死のうとしたことがあるんじゃないですか?」


これから、どんな秘密が開いていくのか気になります。

加奈に関しては、携帯にかかってきていた男性からの電話、そして赤ちゃんの話を母親(戸田恵子)にされて突然キレてしまったことあたりにありそうです。

翔太は会社をクビになって、と言っていました。実家の左官業を継ぐべく祖父(井川比佐志)に弟子入りした状態。「コンクリ左官」にあきたらず、「漆喰」の世界に惹かれているようです。事件の起こった日も、その駅の近所でやられていた「黒漆喰」を見に行ったな、とおじいちゃんに突っ込まれていました。

アイルランドに留学?していた過去といい、謎めいています。

警察からの電話があったとき痴漢の話が出てきて思わず

それでもボクはやってない スペシャル・エディション(2枚組) [DVD]それでもボクはやってない スペシャル・エディション(2枚組) [DVD]
加瀬亮;瀬戸朝香;山本耕史;もたいまさこ;役所広司, 周防正行

東宝 2007-08-10
売り上げランキング : 21647
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


思い出しちゃいましたw

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rukolog2.blog60.fc2.com/tb.php/2527-833ad78d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。